なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2018年4月25日の今日の一杯

東京都世田谷区三軒茶屋

4/18オープン。三軒茶屋のブラジル料理店「ブラジリアン食堂 BANCHO」が手掛けるラーメン専門店。三軒茶屋らしいカジュアルでおしゃれな雰囲気の店内。入口横には製麺機が鎮座。店内カウンター席のみ厨房は広め。シュラスコを焼く機会が目につく。いくつもの鉄串に刺されたチャーシューが自動回転し常時表面が炙られている。

ラーメンは「特濃混合魚介ラーメン」と「特濃煮干ラーメン」、「特濃混合魚介・辛ラーメン」の3種類。それぞれのラーメンに変えそば(いわゆる、和え玉)と味付けたまごが付属したビギナーコースというものがある。

今回は「特濃混合魚介ラーメン」のビギナーコース「特濃混合魚介ラーメンコース」(1100円)をいただいた。コースには生たまごかライムがサービスでつくようだが、この日は、最初に生たまごが登場。つづけて「特濃混合魚介ラーメン」、「変えそば」が登場。ラーメンがそろった後、スタッフの方がシュラスコ状に串に刺さった表面が炙られたチャーシューをもってきて包丁で切ってくれる。

切ったチャーシューは箸で受け取るスタイル。元々入っているチャーシューに加えて4,5枚、切り分けてくれるのでラーメンはチャーシューメン状態に。

スープは説明書きによると豚・鶏・牛・魚介・香味野菜・果物を用いた濃厚スープ。魚介出汁は鯖、カツオ、ソウダ、ウルメ、昆布を使用しているそう。とろみのあるかなり濃厚なスープで魚介由来と思われる程よい酸味や苦みと旨味が合わさり旨い。ラーメンの麺は二郎などでおなじみオーション(強力粉)や日清製粉の傾奇者を使用しているそうで、歯ごたえあるかための強いちぢれ麺。

シュラスコチャーシュー?はブラジル料理店で元々シュラスコの食べ放題を提供しているだけにお手の物。シュラスコチャーシューはアツアツ、豚トロのように脂身に歯ごたえあるチャーシューでうまい。

「変えそば」は「和え玉」というよりもはや「和え麺」というような麺量。「特濃混合魚介ラーメン」で使用している麺とは異なるタピオカ、全粒粉入りの麺。不揃い平打ちでこちらも歯ごたえ強い。

変えそばまでいただいた感想でいうと、片方の麺は柔らかくするなどもう少し麺や味付けの傾向が違うとよいかもしれない。ボリューム多くすこし顎がつかれたけど(笑)、なかなか楽しいコースであった。

お店データ

麺garege 肉ヲ見ル

東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 豊栄ビル1F(三軒茶屋)