なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ももも

男性

自分のページにお越しいただきありがとうございます。

平均点 83.073点
最終レビュー日 2019年1月18日
2,463 954 1 27,112
レビュー 店舗 スキ いいね

「チャーシューメン(950円)」@ぜんやの写真10月15日(月)11時過ぎに訪問。開店時待ち約25人。

この日は三芳に出張があったので、同行者と共に昼はラーメンゴリ押し。
電車の集合を1本早めたことが功を奏し、駐車場もラス一滑り込みセーフ。
2順目の比較的いいポジションで回転を迎えることが出来ました。
定刻よりも数分早目に開店となりました。ありがたいですね。
少し外待ちしたのち、店員さん方声がかかり入店となります。
左手の券売機で食券を購入し、カウンター席へ。
オペレーションはご主人が1人で切り盛りされていました。
テボでなく平ざるでの麺上げがいいですね。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12412867217-14286750686.html

動物系は豚が中心と思われる清湯系のタイプ。
魚介や乾物系も使われているでしょうか、心地よいうまみが伝わってきます。
塩の塩梅も良く、最初はアツアツでやけど注意ですが、程よく温度が下がると
よりうまみを感じやすくなり、グビグビ行ける感じですね。
スープの総量も多いところも魅力の一つだと思います。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12412867217-14286750690.html

中太麺は加水率中くらいの微ウエーブタイプ。
茹で加減固めで、しこっとした感じでスープをまとって美味しいですね。
なかなか特徴のある麺で、印象に残る感じですね。
麺量は160g前後。

具材はチャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻み葱。

チャーシューは豚バラタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12412867217-14286750691.html

豚のももタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12412867217-14286750695.html

一口サイズの大きさのものが、3~4枚くらいずつのってました。
安定の煮豚タイプもいいですね。

メンマは平たいタイプで、幾分柔らかめの食感。

このスープには刻み葱があいますね。

少なめですが、ほうれん草も添えてくれてます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12412867217-14286750699.html

最後に卓上のホワイトペッパー微粉タイプをひとかけして楽しみます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12412867217-14286750701.html


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12412867217-14286750707.html


しっかりとうまみが伝わってくる美味しい塩ラーメンでした。
人気なのも頷ける感じです。
塩一本で、トッピングもチャーシュー増しか、メンマ増しと構成もシンプル。
味玉の取り扱いもなく、こだわりのあるお店ですね。
同行者も満足のようでした。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「鴨出汁 黒(780円)+特製200円」@麺屋 葵の写真3月29日(木)11時50分頃訪問。先客7人くらい。

この日は五霞へ出張の為、メンバーと共に県西方面へ。
都内から電車で移動される方もいたので、幸手駅集合となりました。
と言うことで、周辺のお店でお昼を頂くことに。
調べると、こちら鴨のおいしそうなキーワードに引かれて、
メンバーに対してはゴリ押しで、決定しました。
ちょうど12時になる少し前にお店に到着したので、
前客の方に一部カウンター席を移動して頂きましたが、
すんなりと入店できました。

券売機はなく口頭注文の、後会計制です。
基本は鴨系で、汁そば、汁なし、つけ麺とあるようです。
自分は基本と思われる、汁そばの黒を頂くことに
店主様と奥様でしょうか、お二人で切り盛りされてました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12366396584-14165520531.html

動物系は鴨の清湯タイプ。
しっかりと鴨感が伝わってきて、そのうまみがまたいいですね。
カエシはちょっと特徴的で、確か魚醤系のものが使われていたような。
多少好みはあるかも知れませんが、より深みを増す感じで、
個人的には結構好きな味わいでした。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12366396584-14165520532.html

中細麺は加水率やや低めのストレート系。
ライ麦の全粒粉が使われており、その風味がいいですね。
食感等、どちらかと言うと、日本そばにも近い感じですね。
麺量は140g前後。

具材は、チャーシュー、味玉、メンマ、三つ葉、刻み葱、糸唐辛子、柚子おろし。

チャーシューは鴨の低温系タイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12366396584-14165520537.html


鶏の低温系タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12366396584-14165520540.html

共にいい仕上がりで、とてもおいしいですね。
この日は29日の肉の日でしたので、もっと増せばよかったです。

味玉はしっかり気味のゼリー状タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12366396584-14165520543.html

その他の具材も、スープの邪魔をすることもなく、いいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12366396584-14165520548.html

特に柚子おろしは、後半投入すると、さっぱり味に変化。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12366396584-14165520552.html


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12366396584-14165520556.html


O塚先輩、どうもご馳走様でした。
鴨の良さをしっかりと活かされた、おいしい一杯ですね。
今回は黒を頂きましたが、白醤油の白も気になります。
先輩の食べたつけ麺も美味しかったとのことで、満足いただけました。
更には汁なしのデフォがワンコインの500円で頂けるようですので、
そのあたりも、是非狙ってみたいですね。


ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「ミニらーめん(650円)+お持ち帰り豚ハーフ1000円」@麺屋 桐龍の写真10月29日(土・肉の日)16時20分頃訪問。先客6人。後客6人。

この日は定期通院ですが、血液検査がなかったので早い時間に終了。
まだラーメン屋さんに行くには早すぎるし、時間をつぶすことに。
仮称リゾート沖縄フォーでまったりと遊ばせていただきました。
気が付けば15時と中途半端な時間に。

そう言えば、今日は肉の日ではありませんか。
通し営業の肉が堪能出来そうなお店を思い浮かべます。
びびっときたので、高速飛ばして、こちらへお邪魔することにしました。
約1年半ぶりの訪問です。

お店に到着すると、普段は中休みの時間帯ですので、空いていました。
ラッキーと喜びながら、券売機で食券を購入します。
入口の角の席にどうぞ、と案内されましたので、食券を高台に。
お持ち帰り豚はトッピングをお願いします。と告げて配膳を待ちました。
程なくして、提供前のコールタイム。
ニンニクのみコールして、待望のご対麺となりました。


まずは標高のチェックから。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12214400780-13784860086.html

野菜はノーコールでしたし、ミニですので穏やかな感じですね。


では早速スープから。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12214400780-13784860394.html

動物系は豚が中心のタイプ。
乳化よりのエマルジョンな感じがいいですね。
カネシの加減も良く、一口すすると、思わず、あー。と声が出てしまいます。
更にニンニクをまぜれば、もう最強な感じですね。
実に美味しいスープです。


続いて麺を。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12214400780-13784860510.html

極太麺は加水率中くらいの平打ち系の微ウエーブ。
茹で加減丁度よく、程よくスープを吸っていい感じに変化。
ミニですとサクサク食べれるのでいいですね。
麺量は200g。

天地返しの様子。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12214400780-13784860674.html

具材はチャーシュー、もやし、キャベツ、ニンニク。

チャーシューはお持ち帰り豚のハーフをトッピングしていただきました。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12214400780-13784860832.html

食感絶妙で、気持ち濃いめの味付け加減。
まさに神豚ですね。
ちなみに、提供時の上空からの写真です。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12214400780-13784860207.html

野菜もいい茹で加減で、肉増しした分躊躇しましたが、
少し増してもらえば良かったです。

ニンニクも結構多めで、効き目も強いタイプですね。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12214400780-13784860963.html

時折、喉に直撃して、若干噎せたりしちゃいました。

最後はまんべんなくまぜまぜして、麵やスープを味わいます。


美味しくいただき完食です。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12214400780-13784861178.html


一年半ぶりにいただきましたが、やはり美味しいですね。
ミニですと、しっかりと味わいながらいただくことが出来ますね。
でも、食べ終えた時、もう少し食べたい気持ちが湧いてきたり・・・
神豚もすばらしく、いい肉の日を飾ることが出来ました。
次回は汁なしも頂いてみたいです。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 2件

「中華ソバ醤油 キング盛り(1400円)+トッピング400円」@中華ソバ 鳴門の写真1月30日(土)18時15分頃訪問。先客2人。後客1人。

この日はデカ盛りメニューを目指して埼玉県へ。
数日前に、仮称ゆみさんからの情報で、挑戦者求むの情報を。
聞けば、麺5玉にスープ約800ccでの提供とのこと。
近くのコインパーキングにボロ車を止めてお店へ。
券売機はなく、口頭注文の後会計制です。
明るく丁寧な御挨拶で、店主さんが出迎えてくださいました。

メニューを確認し、お決まりですか?と声がかかります。
あの、チャレンジメニューの様な一杯を・・・とお願いすると、
キング盛りですね。とすぐに通じました。
大丈夫ですか?と尋ねられたので、何とか食べれるか、ギリギリでしょうか。
と返答し、トッピング等の追加をお願いして、作っていただくことにしました。
愛情たっぷり、キング盛りです。とご主人の手により届けられました。
丁度その頃、常連さんがご来店。
今からキング盛りにチャレンジですよ。と店主様から伝わり、応援いただきました。


早速スープから。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12129204546-13568274611.html

動物系はライトな印象で下支えをしてくれている感じです。
そして煮干などが使われたいわゆる中華ソバといった感じですね。
塩分濃度は丁度よく、大量のスープでも非常に飲みやすい仕上がりです。
醤油と塩とあるようですが、今回は醤油で作っていただきました。
今回は愛情たっぷり約1リットルとのことです。


続いて麺を。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12129204546-13568274609.html

中太麺は加水率やや高めの少しウエーブのある麺。
タピオカを練り込んだ麺の様ですね。
やや固めの茹で加減で、プリもちな食感。
ただし、麺量が多いので、後半はちょっと柔らかめに。
麺量は5玉で700gとのこと。

具材は、チャーシュー、味玉、なると、メンマ、刻み葱、板海苔。
今回はチャーシュー、味玉、板海苔を増していただきました。

チャーシューは豚のロースでしょうか。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12129204546-13568274612.html


むっちりとした食感で食べ応えがありますね。

味玉は白身まで柔らかくトロトロな仕上がり。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12129204546-13568274610.html

メンマはややコリコリでこちらも多めにサービス頂いたようです。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12129204546-13568276208.html

板海苔は海苔巻麺でいただきました。

麺量が結構多いのですが、ある程度スープも吸ってくれる感じですね。
特に時間制限はないので、ある程度味わいつつ食べ進みます。
途中で常連さんが丼を覗き、もう少しですね。と後押し。


約20分ほどで完飲完食です。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12129204546-13568276209.html


その後のチャレンジ結果を拝見しますと、成功者のが多いようですね。
失敗された方も、あと少しスープが。とかの状況の様です。
比較対象メニューは、
都内ラーメンショップ堀切店さんのジャンボラーメン
(麺4玉+スープ1.5L 制限時間20分)
http://ramendb.supleks.jp/s/3389.html


栃木ラーメン貴族さんのジャンボラーメン
(太麺4玉ないし細麺5玉 制限時間30分)
http://ramendb.supleks.jp/s/6671.html

これらの一杯を完食出来る方でしたら、いけるのではないでしょうか。
訪問時は一つだったすり鉢も、現在は3個あるようです。
2~3人で一緒にトライしてみるのもいいかもしれませんね。
ただ、一度に麺が茹でられないかも知れませんが(汗)。
帰り際も丁寧にご挨拶いただきました。
また煮干を効かせた限定も時々登場するようですので、機会があればいただいてみたいです。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「津軽らーめん(720円)」@麺匠 喜楽々の写真6月14日(日)15時頃訪問。先客6人、後客3人。

この日は鶴おかさんで美味しくいただき、お次の店へ向かいました。
昼の部ギリギリに滑り込めるかと思ったのですが・・・残念宗男。
気を取り直して再検索すると、こちらのお店は通し営業と判明。
突撃することにしました。
近くのコイパに車を止めてお店へ。
入口の券売機で食券を購入します。
つけ麺が推しのようですが、煮干の文字を発見。
悩んだ挙句、煮干をいただくことにしました。
カウンター席へ案内され食券を渡します。
あっさりとこってりが出来るようで、こってりでお願いしました。
手際よいオペレーションが進み、ご対麺となりました。


早速スープから。

http://s.ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12046700138-13356662619.html

動物系は鶏系が中心でしょうか。
そして煮干が程よく主張してくるスープです。
イメージから酸味もあるのかと思ったのですが、気にならないレベルですね。
背脂も加わることにより、うまくバランスよく仕上がっている感じでした。


続いて麺を。

http://s.ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12046700138-13356662620.html

中細麺は加水率やや低めのストレート系。
やや固めの茹で加減で、いい噛み心地ですね。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、メンマ、刻み葱。

チャーシューは豚タイプ。

http://s.ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12046700138-13356662618.html

なかなかいい感じに仕上げられていますね。

メンマはこだわった感じの味つけ。
葱もあいますね。


美味しくいただき完食です。

http://s.ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12046700138-13356662616.html

初動では結構ニボを感じたような気もしましたが、後半はちょっと落ち着く感じ。
でも食べ進むにつれて、はまっていくような味わいでした。
ガッツリニボまでは行きませんが、偶にはこの系もいいですね。
また機会があれば、おじゃましたいと思います。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「特製鶏ソバ+替え玉(980+150=1130円)」@NOODLE STOCK 鶴おかの写真6月14日(日)13時頃訪問。先客9割くらいの混雑ぶり。後客5人。

この日は埼玉遠征。
ちょっと出発が出遅れてしまいました。
予定より遅れてしまいましたが、一軒目は鶴おかさんへ。
近くのコイパに車を止めて、お店へ向かいます。
タイミングが良く、待たずして、食券購入し、カウンター席へ。
厨房では店主さんと店長さんでしょうか。男性お二人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12045948527-13354773803.html

動物系は鶏の白湯タイプ。
濃度はまずまずで、飲み口のいい仕上がりですね。
軽くトロリとした感じで、上品な印象です。
丁寧に炊かれている感じですね。


続いて麺を。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12045948527-13354773805.html

中細麺は加水率中くらいのストレート系。
茹で加減やや固めの仕上がり。
モチパツッとした特徴的な麺ですね。
麺量は140g前後。

具材はチャーシュー、味玉、レタス系の生野菜、刻み葱類。

チャーシューは豚のタイプ。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12045948527-13354773802.html

ピンク色できれいな仕上がりですね。

味玉はややしっかり気味のゼリータイプ。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12045948527-13354774041.html

そして、サニーレタス?が沢山入っています。
紫のキャベツもきれいです。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12045948527-13354773806.html

このあたりが特徴的ですね。


美味しくいただいた後は、タイミングよく出てきた替え玉です。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12045948527-13354774042.html

ホタテ油のいい香りがしますね。

早速まぜまぜして。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12045948527-13354774045.html

そのままでも美味しいですし、スープに浸してもいいですね。
途中で、卓上アイテムを使ってみます。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12045948527-13354774044.html

ピリ辛で変化を楽しみました。


美味しくいただき完食です。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12045948527-13354774043.html


多くの野菜が乗ることで、爽やかな印象を与えてくれますね。
女性に受けそうな感じだなぁと思いました。
最近ではかき氷も登場しているようですね。
連食でなければいただきたかったです。
精力的に限定も提供してくださっているようですし、またお邪魔したいと思います。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(750円)+ゆで卵」@ラーメンの店 どでんの写真3月15日(日)17時半頃訪問。シャッターズ一番乗り。開店後満席待ち発生。

この日は晴さんで美味しいつけ麺をいただき、前回衝撃を受けたどでんさんへ。
大分早く着きすぎたので、近くのスーパーでお買い物。
30分くらい前にお店の前へ。
開店時には結構並びますね。前回はタイミングが良かったみたいです。
さて、定刻となり、暖簾がかけられてオープンです。
もう一度食べたい気持ちが強かったのですが、未食のラーメンを頂くことに。
今回は生卵でなく、ゆで卵をつけてみました。
コールは野菜、ニンニク少な目でお願いしました。

ファーストロットでのご対麺です。


早速スープから。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12010824857-13267915912.html

動物系は豚が中心のタイプ。
濃度もなかなか出ている感じですね。
表層には背脂の溶けた透明系の層があります。
ただ、野菜が多く乗ることもあるせいか、つけ麺程の衝撃力はない感じ。
それでも強いうまみとアブラに特徴のある味わいですね。


続いて麺を。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12010824857-13267915913.html

太麺は加水率中くらいの平打ち気味の縮れ麺。
茹で加減ちょうど良く、噛み応えがいいですね。
スープを吸って、更に平打ち縮れが持ち上げます。
麺量は350g。

具材はチャーシュー、もやし、キャベツ、ニンニク、背脂、ゆで卵。

チャーシューは豚バラタイプ。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12010824857-13267915910.html

味濃い目で、適度な噛み応えがいいですね。

やさいも結構な標高です。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12010824857-13267917437.html

クタ気味で、スープ系で茹でられている?
味がついているのが良いですね。

ゆで卵は固ゆでタイプ。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12010824857-13267915911.html

スープは重いので、固ゆででホクホクがいいですね。


美味しく頂き完食です。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12010824857-13267917438.html

ん~ラーメンもおいしいですね。
でも、やはり、釜揚げが突き抜けていました。
おそらく、夏場は釜揚げはないでしょうし、もう一度釜揚げを食べに行きたいです。

※先日のメモリアルは沢山の祝コメありがとうございました。
この場を借りて、御礼申し上げます。
そしてどでんさんへ連投となりすみません。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 2件

「つけ麺中盛・釜揚げ(850円)+生卵」@ラーメンの店 どでんの写真3月8日(日)12時20分頃訪問。先客7人くらい。後客多数。

この日は桐龍さんで美味しくいただき、お次はどでんさんへ。
今回、初訪問です。
自分が尊敬する方が絶賛していたので、超絶ハードルを上げての訪問です。
古い車のナビにつき、お店の駐車場が分からなかったのでちょっと迷子に。
結局コイン駐車場に止めて、しばし歩いての訪問でした。

並び覚悟でしたが、タイミングも良かったようで、すぐに入店となりました。
券売機で食券を購入し、一番奥のカウンター席へ。
食券を渡す際に、釜揚げでと伝え、トッピング券は生卵をお願いしました。
そしてニンニク、アブラ増しをコール。
程なくしてご対麺となりました。


まずは麺を一本。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12010266878-13266419343.html

釜揚げタイプですので、温かい汁の中に入っています。
太麺は加水率中くらいの平打ち気味でうねりを伴うタイプ。
やや固茹でに感じましたが、俗に言うあつもり系なので、食べ進む間の計算もあるでしょう。
特徴のある麺で、これもいいですね。
麺量は中にしたので、300g。


続いてつけ汁につけて。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12010266878-13266419340.html

動物系は濃厚な豚タイプ。
力強い感じで、多めのアブラが特徴的
背脂が溶けた液体透明系と固形の両方が存在し、うま味とその甘みが堪りませんね、
ハードルを上げていたにも関わらず、衝撃が走りました。
麺も温かいので、冷めにくい。
兎に角、好みにジャストオンリーユーですね。

麺リフトアップの様子。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12010266878-13266419344.html


具材は、チャーシュー、もやし、キャベツ、ニンニク、背脂、追加の生卵。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12010266878-13266419620.html

チャーシューは煮豚タイプ。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12010266878-13266419342.html

ちょっと噛みごたえを残してくれている感じです。
お土産豚もあるみたいですね。

野菜は別皿で。
ボイルタイプですが下味がついている感じ。
茹で加減はクタ気味で、これがまた良い。

ニンニクも別皿で来るので、好みの分を入れることが出来ます。

そして、アブラは元々入っているのですが、増すと別皿できますね。
ん~このアブラが中毒性ありますね。
加えると更にジャンク度がアップします。


美味しくいただき、完食です。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12010266878-13266419621.html

本当久々に衝撃の走る味わいでした。
人それぞれ好みがあると思いますので、あうあわないはあると思います。
二郎系のつけは本当経験浅いですが、個人的断トツナンバーワンですね。
思い出すだけで、滅茶苦茶テンションあがる感じです。

あまりにも衝撃的でしたので、ちょっと順番を変えて、
満点メモリアルとさせていただきました。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (19) | このお店へのレビュー: 2件

「小ラーメン+豚増し(680+150=830円)」@麺屋 桐龍の写真3月8日(日)10時過ぎに訪問。シャッターズ一番乗り。開店時20人以上。

この日は埼玉遠征。
ずっと行ってみたかった桐龍さんへ初訪問です。
何時頃から並べばいいのかわからず、車を止めたもののお店は見えない位置でした。
ので、早々にお店の前へ。
結果開店まで30分を切るくらいから並びが伸び始め、15分や10分前にどんどん接続されていました。
オープンとなり店内へ。明るく元気なあいさつで出迎えてくださいました。
左手にある券売機で食券を購入します。
セルフのお冷を持って、一番奥のカウンター席へ。
食券を渡して、配膳を待ちました。
店内は広くて、結構席数も多いですね。
待っていると麺固めの方に続いてコールタイム到来。
野菜マシとニンニク少な目をコールして、待望のご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12007784379-13259847957.html

動物系は豚がメインのタイプ。
しっかりと豚を感じるやや乳化気味のスープです。
キレのあるカネシと共にしっかりとうまみも強めですね。
突出した感じと言うよりも、うまく表現出来ませんが、
高次元かつ、皆から好かれそうな味わいですね。


続いて麺を
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12007784379-13259847959.html

太麺は加水率中くらいの平打ち気味のうねりを伴うタイプ
固めコールをされている方も多いですね。
自分は柔らかめが好きなので、固さはノーコールで。
丁度いい茹で加減で、風味、食感もいいですね。
これは将来的に麺マシもお願いしたいところ。
デフォルトだと麺量は300g前後。

具材はチャーシュー、もやし、キャベツ、ニンニク、背脂。

チャーシューは2種類で、豚バラタイプと
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12007784379-13259847962.html

腕タイプ。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12007784379-13259848288.html

増したので、枚数も充実。
程良い大きさで、食べやすいですね。
個人的には遭難しそうなサイズもウエルカムですが。

野菜は増したのでなかなかの標高。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12007784379-13259847961.html

茹でたての熱々がいいですね。
茹で加減もちょうどいい感じでした。


美味しくいただき、スープを少し残してフィニッシュ。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12007784379-13259848287.html


評判通り美味しい一杯でした。
どうやら顔を覚えていただければ、麺マシも出来るようですし
いつか、茶色い器でもいただきたいものですね。
汁なしも等も気になりますので、また近いうちにお邪魔したいと思います。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 2件

「特製つけめん(980円)」@つけめん さなだの写真11月8日(土)13時10分頃訪問。先客外待ち2人へ接続。後客多数。

この日はつくばの総本山で極上の煮干をいただき、都内方面へ向かう途中に気になる新店へ。
ナビで検索すると、ちょうど三郷で降りて、そう遠くない感じでしたので、向かいました。
休日で混雑も覚悟していましたが、タイミング良く、外待ち2人。
数分で店内へ入り、券売機はない様で、指定されたカウンター席へ。
メニューを見て、特製をオーダーしました。
オペレーションの関係で、先の二人よりも先にご対麺となりました。
※店員さんは、先のお二人にはその旨断っているようでした。

まずは麺を一本。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-11955306793-13136203514.html

太麺は加水率やや高めのストレート系。
整列されており、きれいに輝いておりますね。
もちもちの麺はしっかりと〆られており、喉越しが良いですね。
麺量は250gとの事。


続いてつけ汁につけて。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-11955306793-13136203517.html

動物系は豚と鶏のスープ。
中々濃厚ですね。
そして、煮干などの魚介系も合わせたいわゆる豚魚タイプ。
粘性は軽くトロリな感じで、塩分濃度は程良い感じ。
若干甘みが気になりましたが、なかなか美味しいですね。

麺リフトアップの様子。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-11955306793-13136203518.html

具材はチャーシュー、鶏ほぐし、味玉、メンマ、刻み葱、板海苔。

チャーシューは豚の煮豚タイプ。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-11955306793-13136203515.html

適度な噛み応えが良いですねぇ。
味は気持ち濃いめで、ご飯にも合いそうな一品です。
そして鶏のほぐし肉は、程良くしっとりとしていて、つけ汁に混ざると美味しさアップに貢献しますね。
味玉は小ぶりですが、しっかり気味のゼリー状で好印象。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-11955306793-13136204048.html

メンマは歯ごたえを楽しめるタイプ。
板海苔は海苔巻き麺で。


美味しくいただいた後は、スープ割を。
厨房に対して背中を向けるカウンター席でしたので、様子をうかがっていると店員さんから声をかけていただきました。
カツオと柚子が選べるので、柚子を選択します。
その場でスープを注いで、柚子を卸しで擦ってくれています。
いい香りがこちらまで伝わってきます。
このあたりは自身今までにない経験で、嬉しいですね。

ブーメラン方式で戻ってきたスープは、濃度も程良く、柚子の香りを楽しみながら啜ります。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-11955306793-13136204050.html

気がつけば連食でしたが完飲。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-11955306793-13136204051.html

六厘舎さんで終業された経験もお持ちとの事で、やはりレベルの高いつけ麺ですね。
最近試験的に麺を変更されて好印象だったそうで、変更されるそうですね。
※レポ上げする頃には、変更されていると思います。
逆に今までの麺は食べれなくなってしまうことから、最後に食べれてラッキーでした。

また機会があれば再訪したいと思います。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件