なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ももも

男性

自分のページにお越しいただきありがとうございます。

平均点 83.075点
最終レビュー日 2019年3月21日
2,519 979 1 27,750
レビュー 店舗 スキ いいね

「台湾塩ラーメン(910円)」@ゆきちゃんラーメンの写真4月21日(火)19時過ぎに訪問。先客6人。後客2人

この日は名古屋遠征。
昼になるとやさん、味仙さん、好来さんでいただき、夜は紫陽花さんで店内連食。
遠征の最後を飾るはこちら居酒屋さんチックなお店へ。
券売機はなく、女性店員さんが一人で切り盛りされていました。
テーブル席と小上がり席があります。
そして、おでんが美味しそうに仕上がっていますね。
ラーメンを口頭注文し、その間におでんも頂くことに。
大根と卵をチョイス。味が染みていて美味しいですね。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12027511786-13309152737.html

食べていると待望のご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12027511786-13309143990.html

動物系は鶏ガラ中心のすっきりとしたタイプ。
非常ににんにくもきいており、辛さは辛いですが、やや控えめレベルですね。
デフォルトは醤油、そしてこちらでは味噌にこの塩もあるのですね。
時折、唐辛子の部分を一緒に飲むと、喉に当たってむせたりしちゃいました。
熱々で並々と注がれているあたりも、特徴のひとつですね。


続いて麺を。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12027511786-13309143991.html

中太麺は加水率中くらいのストレート系。
茹で加減は普通な感じで、ややもっちり系の麺ですね。
適度にスープも吸う感じで、いいですね。
麺量は140g前後。

具材は鶏団子、挽肉、刻み葱、韮、にんにく。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12027511786-13309143994.html

肉質が違うのか、挽肉は色の違う2種類が入っていました。、
意図した鶏団子なのか、ざくざくの炒め挽肉なのかは不明です。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12027511786-13309143992.html

ニンニクもほぼ丸ごとに近い状態のものが数個。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12027511786-13309144161.html

多めの韮は少しくたっと火の入った状態です。
葱もあいますね。

美味しく食べ進み、スープを味わいます。
辛うま系って、後引きますよね。
蓮華で挽肉をすくいつつ、辛い唐辛子をよけつつ・・・

スープを少し残してフィニッシュ。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12027511786-13309144162.html


兎に角お店の雰囲気がいいですね。
切り盛りする女将さんの人柄、接客も堪りませんね。
近所なら、一杯引っかけに最高のお店。
そして、飲み〆などにも最高のシチュエーションですね。


行きの高速ではアクシデントもありましたが・・・
名古屋では5店舗の6杯(行きの海老名も入れると6店舗7杯)を堪能し、遠征の麺活はここで終了です。
同行者の皆様には本当感謝申し上げます。
しかし、みんな良く食べるなぁ・・・・
あっ、今回は仮称マイケル鈴木さんからのスルーパスはなかったです。

都内に戻り、解散となったのは25時過ぎ。帰宅は26時を少し回ったくらい。
日帰り名古屋弾丸ツアー本当お疲れ様でした。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油つけ麺(780円)」@らぁ麺 紫陽花の写真4月21日(火) 醤油らぁ麺からの店内連食です。

同行者の濃厚つけ麺やつけ麺を少しテイスティングさせていただきました。
そして、このつけ麺にビビットきたので、店内連食させていただきました。
再度、券売機で食券を購入します。
丁寧且つ手際よく麺を仕上げていきますね。
程なくしてご対麺となりました。


まずは麺を一本。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12027238102-13308431701.html

中太麺は加水率やや高めのストレート系。
小麦の風味のいい麺ですね。
そして、のど越しが抜群にいいですね。
並盛ですと麺量は200gです。
※大盛300gも同料金だったと思います。


続いてつけ汁につけて。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12027238102-13308431703.html

動物系は鶏が中心の清湯タイプ。
基本は汁そばと共通でしょうか。
鶏油の風味とカエシの特徴のある風味がよく伝わってきます。
その風味を最大限活かす温度帯も絶妙ですね。

麺リフトアップの様子。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12027238102-13308431704.html

具材はチャーシュー、メンマ、水菜、カイワレ。

チャーシューは鶏の低温タイプと
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12027238102-13308431705.html

豚の低温系タイプ。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12027238102-13308434206.html

こちらも2種類、ありがたいですね。
つけ汁も前述のとおり、アツアツでないので、さほど熱の影響は受けにくいです。

コリコリのメンマに、カイワレが涼しげでいいですね。


美味しくいただき完食です。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12027238102-13308434207.html


カエシの醤油風味と鶏油を活かした上品で非常にのど越しの良い一杯でした。
これから暑くなる季節、ぴったりではないでしょうか。
聞くところによると、名古屋では、ギンギンアツアツとかが、食文化でも多いらしいですね。
その習慣の地で、斬新でこの繊細なつけ麺が流行るといいですね。
是非、地元の方に多く食べてみて欲しいと思います。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 2件

「醤油らぁ麺(730円)」@らぁ麺 紫陽花の写真4月21日(火)17時50分頃訪問。シャッターズ。開店時7人くらい。

この日は名古屋遠征。
お昼はなるとやさん、味仙さん、好来さんで3杯いただき、ファミレスで小休止。
ドリンクバーを5杯くらい飲んで、夜の部開店に備えました。
そして突撃したのは、まだ開店して間もないこちらへ。
定刻となりオープンとなりました。

入って左手にある券売機で食券を購入します。
とりあえず基本と思われる醤油ラーメンを選択しました。
カウンターに座り食券を渡します。
店主さんと女性店員さんが2人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12026315640-13306250761.html

動物系は鶏のスープ。
多めに鶏油が浮かんでいます。
また合わせるカエシが特徴的で、深みのある味わいですね。
その味が一番伝わりやすい、特徴を損なわない、アツアツでない温度での提供です。
都内だと、三ノ輪のお店にも近いような印象ですね。


続いて麺を。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12026315640-13306250763.html

中太に近い麺は加水率やや高めのストレート系。
全粒粉入りの平打ち麺ですね。
茹で加減普通で、ツルツルとのど越しのいい麺ですね。
麺自体も風味もまずまずで、スープとの相性もいいと思います。
麺量は150g。(確か大盛210gも同料金でした。)

具材はチャーシュー、メンマ、刻み葱、三つ葉。

チャーシューは鶏の低温系タイプと
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12026315640-13306250762.html

豚の低温系タイプ。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12026315640-13306250760.html

ともにいい仕上がりですね。
2種類なところもありがたいですね。

メンマはちょっと色黒系。
刻み葱と、三つ葉が清涼感アップに貢献。


スープを味わいつつ、完飲完食です。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12026315640-13306252450.html

名古屋のご当地ラーメンを巡ってきましたが、まさに今どきのラーメンに遭遇。
きっと名古屋では珍しいタイプではないかと思います。
鶏の特徴を感じる正統派ラーメンが、名古屋でどう受け入れられるか。
今後の展開が楽しみですね。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 2件

「大松Ⅱ(1100円)」@総本家 好来道場の写真4月21日(火)13時20分頃訪問。先客8人くらい。後客2人。

この日は名古屋遠征。
なるとやさん、味仙さんで美味しくいただいた後、名古屋の3軒目はこちらへ。
お昼のみの営業で少しハードル高いですね。
でも、駐車場があるのはありがたいですね。
名古屋ご当地ラーメン好来系初体験です。

店内へ入ると、お寿司屋さんみたいな佇まい。
メニューも松、竹、寿とか、ラーメン店らしからぬ感じ。
チャーシューの充実した一杯を何故だか大盛でオーダー。
先に会計を済ませます。
着席して、少しオペレーションを見させていただきました。
一番特徴的なのが、麺茹でですね。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12025946223-13306262723.html

動物系は鶏が中心のタイプでしょうか。
清湯系だと思いますが、やや白濁した感じです。
魚介も併せられておりますが、一般的なダブルスープとはまたちょっと異なりますね。
何か特徴的な野菜か何かが使われている感じでしょうかね。
後は節が強めなのか、カエシの関係か、少し酸味が特徴的の様です。


続いて麺を。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12025946223-13306262724.html

中太麺は加水率やや高めのストレート系。
断面が四角い感じの麺で、ややむっちりした感じです。
麺もまたちょっと特徴的ですね。
大盛にしたので、麺量も200gちょっとありそうでした。

具材はチャーシュー、メンマ、刻み葱。

チャーシューはバラタイプ。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12025946223-13306262725.html

オーソドックスなタイプですが、柔らかくて美味しいですね。

メンマは材木系タイプ。
こちらも僅かに酸味を感じるタイプ。
ザクザクの刻み葱はやや多めで嬉しいですね。


美味しくいただき、スープを少し残してフィニッシュ。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12025946223-13306262726.html


好来系初体験でした。
スープもなみななみと注がれておりました。
ちょっとだけ酸味が気になりましたが、節が強めの鶏魚介もなかなかいいですね。
昼の部はとりあえずここまでで、ちょっと休憩タイムに入りました。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (19) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾ラーメン(680円)」@中国南北酒菜 味仙 矢場店の写真4月21日(火)12時20分頃訪問。先客8割くらいの混雑ぶり。

名古屋遠征第二弾。
一軒目のなるとやさんでいただいて、歩いてこちらへ移動します。
台湾ラーメン発祥のお店として有名なこちらへ。
可也の大箱な店舗なのですね。
入店すると、丸テーブルに案内され着席します。
ビール瓶みたいな茶色い瓶にてお冷が登場します。
口頭で台湾ラーメンと手羽先を注文します。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12025948110-13305382570.html

ゲホッ。辛くてむせました。
動物系は鶏ガラあたりでしょうか。
辛さが強い中にもしっかりとうまみがありますね。
辛さは唐辛子系中心に、山椒やニンニクもきいている感じです。
また表層のアブラが深みがあり、凄く辛いです。
味わうごとにはまっていくスープです。


続いて麺を。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12025948110-13305382573.html

中細麺は加水率やや低めのストレート系。
ややぱつ系の食感で、スープとの相性もいいですね。
麺量は130g前後。

具材は挽肉、ニラ。

シンプルですが、これがいいですね。

食べ進むと表層のアブラが減っていき、辛さも和らいでいきます。
気が付けば、大汗をかきながら完飲完食です。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12025948110-13305382572.html


元祖な台湾ラーメンを堪能することが出来ました。
これは中毒性がありますね。
辛いのが苦手な人には、辛さ半分のアメリカンもあります。
自分はあまり辛いのは得意ではないですが、これははまっちゃいまそうです。
名古屋に行く機会があったら、必ず食べたいですね。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「なるとやラーメン塩(900円)」@ラーメン専門店 なるとやの写真4月21日(火)11時20分頃訪問。シャッターズ一番乗り。開店時8人くらい。

この日は名古屋遠征。
昼の部一番乗りはこちらのお店から。
定刻となりオープンし、店内へ。
券売機はないようで、メニューを見て口頭注文の後会計制です。
同行者の情報では、塩が良い。との事で、トッピングが豪勢ななるとや塩をお願いしました。
厨房内は男女二人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。

http://s.ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12025515510-13304324846.html

動物系は鶏が中心でしょうか。
そして魚介がやや強めで、中でも節系が強めに感じますね。
清湯系なのですが、済んだタイプとは異なります。
塩ダレはなかなかスープとマッチしている感じですね。
節由来と思われる僅かな酸味がありましたが、気にならないレベル。


続いて麺を。

http://s.ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12025515510-13304324848.html

中細麺は加水率やや低めのストレート系。
やや固めの茹で加減で、ややコリッとした食感。
幾分足は早めの感じでしょうか。
麺量は140g前後。

具材はチャーシュー、卵、メンマ、刻み葱。

チャーシューは豚のタイプ。

http://s.ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12025515510-13304325342.html

柔らかくで味付けもいいですね。

卵は味玉と言うよりは、ゆで卵に近いタイプ。

http://s.ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12025515510-13304325343.html

メンマは普通のタイプが3~4本。
刻み葱は適量といった感じです。

美味しくいただき、スープを少し残してフィニッシュ。

http://s.ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12025515510-13304325341.html

なかなか美味しい塩ラーメンでした。
じんわり系で、魚介や節系が主張するスープですね。
スープ量自体も多めなので、具材も若干沈み加減になってしまいますね。
まずは一軒目を食べ終え、次の目的地に向かうのでした。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾まぜそば(750円)+ど肉」@麺屋 はなび 高畑本店の写真11月16日(土)17時15分くらいに訪問。先客シャッターズ11人へ接続、開店時50人前後。

大阪而今さんにやす田さんでおいしくいただいた後、新大阪から名古屋へ。またまた途中下車。
地下鉄に乗って向かうは、台湾混ぜそばの元祖、はなびさん。
でも、早く着きすぎてしまったので、近くのアミューズメント?施設でしばし時間つぶし。
17時の時点で並びなしを確認し、きりのいいところでお店を出ようとして、再度向かうも・・・
危うく一巡目を逃すところでした。
接続すると徐々に待ち列が伸びていきますね。
開店時には50人近い人数だったと思います。恐るべし人気ぶり。

定刻となりオープン。
店員さんも沢山居ますね。
入口の券売機で食券を購入します。
指定されたカウンター席へ。
一巡目最終滑り込みでしたが、15分ほどでご対麺です。

きれいに盛り付けられていますね。

具材は、チャーシュー、肉味噌、卵黄、韮、刻み葱、にんにく、魚粉、刻み海苔。

肉味噌と卵黄
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-11710386470-12757786632.html


早速混ぜ混ぜしていただきます。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-11710386470-12757786636.html

モチモチした麺に肉味噌が絡みますね。
ベースのアブラや調味料などは、あらかじめ麺と混ぜてくれているようです。
茹で上がると、麺棒でグリグリやっていますね。
これが見たかったのです。
そして、タレと麺は菜箸でグリグリ。
その上に具材をきれいに乗せてくれています。

美味いけどちょっと時折辛さが押し寄せてきます。
2~3回むせましたが、この辛さがまたいいですね。
動物系な感じと調味料系やスパイス系も入っているでしょうか。
確かにこれは常習性がありますね。
また、韮やニンニクがいい仕事をしてくれます。

今回、トッピングでつけた「ど肉」。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-11710386470-12757786635.html

喰らいつく感じ?と勝手に想像していたのですが、柔らかくておいしいです。
肉好きには堪りませんね。

麺は太麺で、普通盛りは200gとの事。
大盛300gにすれば良かったと後悔。

おいしく麺を食べ終えると、丼を渡して追い飯を入れていただきます。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-11710386470-12757786633.html

よく混ぜ混ぜして・・・
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-11710386470-12757787029.html

やっぱりおいしいですね。
蓮華でかき取るようにして完食です。


いやあ、元祖を堪能することが出来ました。
しかし、前述したとおり凄い人気ですね。
名古屋に行く機会はほとんどありませんが、是非とも再訪したいですね。
カレーも気になりますし、普通の汁そばも結構食べている人が居て気になりました。

台湾混ぜそば、常習性ありますね。

帰りの新幹線の中、きっとニンニク臭かったと思います。
申し訳ございませんでした。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「全粒粉つけ麺(790円)」@ごまめ家 安城店の写真5月22日(日)21時30分頃、坦々麺完食後、二杯目です。

最近、全粒粉の言葉に反応してしまいます。此方に伺う前に、呑み放題食べ放題の2時間コースを堪能しており、坦々麺を食べた後ですから、胃のキャパは限りなくゼロ。それでもオーダーしてしまいました。
運ばれてきた表題メニューを見て・・・ちょっとがっかりですね。今までいただいてきた全粒粉の麺は中太以上でしたが、こちらでは細麺でした。気を取り直していただくことに。
つけ汁は魚介中心で、動物系のWスープ。大分塩分濃度は高めでした。しかし、この細麺はやっぱり自分にはあいませんでした。
一気に麺を啜りこんで完食。一緒にスープ割りも配膳されていましたので、加えて少しいただきました。
せめて中太麺だったら印象が違ったと思います。残念。
具材はメンマ、味玉半分、チャーシューはバラ肉ですね。板海苔も添えられており、ビジュアル的にはいいんですが。好みがあるので仕方ないですね。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「四川坦々麺(800円)」@ごまめ家 安城店の写真5月22日(日)21時15分頃訪問。先客5組程度。

この日は翌日のテスト立会いの為、三河安城駅付近に前泊でした。
ホテルの近くにあったこちらへ訪問です。
表題メニューは5分程度で配膳されました。麺はストレート系の細麺。150g程度でしょうか。茹で加減もまずますです。
スープは胡麻の風味がリッチでまずまずの印象。辛さも程ほどですが、顔から汗が出てきますね。お決まりの肉味噌に刻みネギがのっていました。ボイルした青梗菜が1枚。
特筆する点はありませんでしたが、まとまった一般的な坦々麺でした。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件