なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ももも

男性

自分のページにお越しいただきありがとうございます。

平均点 83.092点
最終レビュー日 2019年10月18日
2,707 1,062 1 29,584
レビュー 店舗 スキ いいね

「限定 真空ラーメン赤(850円)+チャーシュー2枚」@喜元門 ひたち野牛久店の写真9月24日(火)19時半過ぎに訪問。先客8人。後客3人。

この日は牛久方面に行ってみることに。
ツイッターを確認するのを忘れてしまいましたが、まずは喜元門さんへ。
もしやっていなければ、対面の珍来さんへ行こうと考えていました。
しかし、珍来さんは定休日の様で、営業していませんでした。
裏道から回り込んで喜元門さんの共同駐車場に入ると営業中でほっと。

入店すると少し券売機を確認します。
スープ切れ等で×印のボタンも多めでしたが、限定メニューをいただくことに。
折角ですので、チャーシューも増すことにしました。
カウンター席で女性店員さんへ食券を渡します。
チャーシューの種類をコールし、配膳を待ちました。
厨房では店長さんでしょうか、オペレーションされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531255865-14603442994.html

動物系は豚や鶏が中心の濃厚系のタイプ。
魚介系も合わせた豚魚系に分類されるでしょうか。
程よく粘性があり、どろっとした感じは相変わらずですね。
何口かデフォルトスープを楽しんだ後は、ミンチの部分を沈めて見ます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531255865-14603429263.html

程よい辛さとうまみが融合して、うま辛に変化して美味しいですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531255865-14603429266.html

中細麺は加水率中くらいのストレート系。
茹で加減程よく、この辺りは他のラーメンと同じ麺でしょうか。
この麺も美味しいですが、中太麺あたりでも合いそうですね。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、辛ミンチ、メンマ、刻み玉葱、板海苔。

チャーシューは豚のバラタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531255865-14603429270.html

豚の直火タイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531255865-14603429275.html

炭火タイプを選択しました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531255865-14603429278.html

バラは軽く炙りが入っており、大きさや食感もばっちりですね。
直火と炭火もしっかりとした大きさのもので、満足度が高いですね。

そして辛ミンチ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531255865-14603429283.html

これが程よい辛さと、絶妙な甘み加減がいいですね。
そして、結構量も多く載せてくれてるのがうれしいですね。
出来ればライスを追加して、ミンチとスープをかけても最高だと思います。

そしてこのドロ系のスープには玉葱があいますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531255865-14603429299.html

メンマはちょっと柔らかめの食感でした。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531255865-14603429293.html


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531255865-14603429303.html


調べずに訪問してしまいましたが、営業していてよかったです。
ドロ系は好きですし、この程よいうま辛加減が堪りませんね。
チャーシューのクオリティーも高く、ボリューム感も満足な感じでした。
別の方が食べていたエビの一杯は、非常にいい香りを充満させていました。
次回、狙ってみたいと思います。

今年食べたチャーシュー835枚/241杯
今年食べた唐揚げ 115個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 7件
このレビューは移転前のものです。

「特製濃厚つけ麺中盛(1210円)」@東池袋大勝軒 ROZEOの写真9月14日(土)15時頃訪問。先客7割位の混雑ぶり。

この日はあと1ヶ月くらいで移転のため閉店してしまうロゼオさんへ。
通し営業の利点を活かして、混雑時間帯をずらしての訪問です。
移転後はメニュー構成も変更があるそうですね。
駐車場にも少し空きがあり、すんなりとピットインです。

入店すると左手の券売機で食券を購入します。
汁そばと迷いましたが、つけ麺のイメージがあるので、つけを。
一度訪問した時はカレーつけを頂いたので、今回は濃厚にしました。
折角ですので中盛を選択し、サイドメニューも確認します。

餃子も悩みましたが、唐揚げはなさそうなので、つめ麺オンリーで。
男性店員さんに案内され、カウンター席へ。
厨房とホールあわせて、おそらく5人くらいで切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


まずは麺を一本。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527145680-14592358970.html

太麺は加水率高めの平打ち系ストレート。
きれいに整列してくれていますね。
富田さんを彷彿とするブラウンがかった色合いの麺が風味も良く
絶妙な食感が堪りませんね。
麺量は中盛で320gです。


では早速つけ汁につけて。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527145680-14592358973.html

動物系は豚が中心の濃厚系のタイプ。
魚介は鰹や煮干などがあわせられているでしょうか。
富田さんのつけ麺に結構近い仕上がりと言った感じでしょうか。
つけ汁は麺にも良く絡み持ち上げてくれますね。
濃い目の味付けで、やや甘みもしっかり気味に効いていますね。

麺リフトアップの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527145680-14592358980.html

具材はチャーシュー、味玉、ワンタン、なると、メンマ、刻み葱、板海苔。

チャーシューは豚のバラロールタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527145680-14592358989.html

可也大判で、厚さは程よい感じで、食べ応えがありますね。
やや味付けは控えめなので、後半はつけ汁に潜らせていただきます。

味玉は安定のゼリー状タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527145680-14592359000.html

そして奥の方にはワンタンも入っていました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527145680-14592358996.html

こちらはビックリ海老ワンタンですね。
でも、濃厚系にはちょっとマッチングは微妙な気もします。
クラシック大勝軒系もりそばのが、まだあいそうですね。

メンマは太めのタイプが入っていますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527145680-14592359002.html

なるとはつけ汁に浮かんでいて、葱も散らされていますね
板海苔は海苔巻き麺で頂きました。

麺を食べ終えると、スープ割をお願いします。

ポットが登場し、自分のお好みで投入します。
まずは蓮華で楽しみ、鰹系の和出汁の聞いたスープですね。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527145680-14592359007.html


富田さんのつけ麺に近い濃厚系の豚魚つけ麺でした。
個人的に特製トッピングの海老ワンタンはちょっとあわないような。
出来れば肩ロースのローストタイプでも載せてくれた方が嬉しいかも。
移転され、新天地でのメニュー構成も気になりますが、
思い出したら、久々にとみ田さん本店でつけ麺が食べたくなりました。

今年食べたチャーシュー798枚/229杯
今年食べた唐揚げ 104個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 2件

「限定 頑者WAVE麺300g(870円)+特製200円」@らあめん花月嵐 中高津店の写真8月22日(木)20時40分頃訪問。先客10人くらい。

ここ数日はトラブル対応で安定の残業ライフ。
21時前滑り込みが難しいので、近場で間に合うお店に行ってみることに。
千葉の時には、千葉市や錦糸町のお店には伺ったことがありました。
鳴龍さんリスペクトの担々麺はなかなかの実力だったことを覚えています。
ボロ車を止めて店内へ入ると、券売機がありました。

確認すると、頑者さんリスペクトなメニューが提供されていますね。
8月いっぱいらしいですが、その後にはSUSURU君とのコラボメニューが控えていますね。
カウンター席に座り、女性店員さんへ食券を渡します。
店長さんらしき方と女性店員さんで切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


まずは麺を一本。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511469754-14550336188.html

太麺は加水率高めの平打ち系のうねりのあるタイプ。
つるつるもちもちでのど越しの良い美味しい麺ですね。
この辺りの特徴は頑者さんに寄せてますが、麺自体の形状は別物ですね。
麺量は300gのをチョイスしましたが、もしかしたら茹で後の量でしょうか。
水切りのすのこみたいのが敷かれていますので、見た目は多く見えますね。
体感的な麺量としては220g位でしょうか。


では早速つけ汁につけて。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511469754-14550336192.html

動物系は豚と鶏が使われているでしょうか。
合わせる魚介は煮干しや鰹などでいわゆる豚魚タイプですね。
濃厚ですが粘性は控えめで、細かいストレーナーを使用されているようで
ざらつき等は気にならないレベルですね。
そして元祖?の魚粉のせもしっかりとリスペクトされていますね。
やや甘味があるあたりも特徴でしょうか。

麺リフトアップの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511469754-14550336197.html

具材はチャーシュー、味玉、メンマ、なると、刻み葱、板海苔。

チャーシューは豚のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511469754-14550336203.html

短冊切りにされており、つけ汁の中に入っています。

味玉はデフォルトではつかず、特製(200円)で半玉つく様です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511469754-14550336207.html

※特製は半玉とチャーシューが少し増量の様です。

なるとは沈んでしまったので、リフトアップして撮影。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511469754-14550336210.html

メンマもつけ汁に一緒に入っていますね。
海苔は海苔巻麺でいただきました。
スープ割は確認出来なかったので、ダイレクトに数口楽しみます。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511469754-14550336217.html


頑者さんの特徴を捉え、花月嵐さんらしくリスペクトされた美味しいつけ麺でした。
この平打ち麺ももちもちで美味しいですね。
少し価格はアップしますが、大盛400gの方が量的にはよかったかもです。
SUSURU君とのコラボメニューも気になりますので、チャンスがあれば。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511469754-14550339555.html


今年食べたチャーシュー733枚/20杯
今年食べた唐揚げ 95個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューつけ麺(1050円)+中盛30円」@大勝軒てつの写真7月27日(土)14時頃訪問。先客中待ち2人へ接続。後客多数。

この日は少し前に訪問を試みて道を間違え伺えなかったてつさんへ再訪です。
今回はナビをセットして、お昼の混雑時間帯を避けるように少し時間を調整。
予定通りの時間帯に到着すると、駐車場も数台の空きがあり、ピットイン。
少しだけ中待ちしましたがすぐに対面式の大テーブルへ案内されました。

食券を渡す際に、2種類のチャーシューを選ぶように言われましたので、
バラ2枚、グリル3枚でお願いしました。
厨房内は良く確認出来ませんでしたが、2~3人で切り盛りされていた感じです。
ホールも男女合わせて3人で回されていました。
可也大箱のお店ですので、オペレーションは大変でしょうね。
少し待ってご対麺となりました。


まずは麺を一本。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12499591306-14517446784.html

中太麺は加水率高めの平打ち系ストレート。
しっかりと晒されており、きれいに整列してくれていますね。
大勝軒さんらしい麺で、艶々していて、食感もいいですね。
中盛で300gくらいでしょうか。


では早速つけ汁につけて。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12499591306-14517446788.html

動物系は豚や鶏などが使われているでしょうか。
先日頂いたゆうさんの濃厚つけにも似たテイストで、濃い目ですね。
程よい酸味と柚子片の風味が時々押し寄せてきていいですね。

麺リフトアップの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12499591306-14517446791.html

具材はチャーシュー、メンマ、なると、刻み葱、板海苔。

チャーシューはつけ汁内に豚のバラタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12499591306-14517446798.html

麺の上にグリルタイプが。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12499591306-14517446796.html

バラは分厚くボリューミーで、アツアツで、トロトロですね。
グリルタイプは心地良い香りと共に味わい深い仕上がりですね。

メンマは平たいタイプで、つけ汁の中にあり、心地良い噛み応えが。
なるとや刻み葱も大勝軒さんらしいですね。
スープ割りはポットで提供されます。
自分で調節できるのがいいですね。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12499591306-14517446804.html


大箱で非常に賑わっている中、安定の美味しいつけ麺を頂きました。
実はこの日、TKMなる限定が出ていたのですが、勘違いしており、
TKGの新しいVerかと思い込んでいました。
麺に卵の載った一杯、食べておけば良かったとちょっと後悔。
でも、つけ麺が美味しかったので、結果オーライです。

今年食べたチャーシュー659枚/187杯
今年食べた唐揚げ 78個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

「限定 濃厚つけ麺(800円)+チャーシュー+中盛」@麺屋ゆうの写真7月24日(水)20時半頃訪問。先客4人。後客4人。

この日は昨日の二郎系モードが満たされなかったので、ゆうさんへ。
鬼門の水曜日、確かふじ麺が復活していたと思い、向かってみました。
到着すると珍しく空いている感じで、とりあえず入店します。
券売機を確認すると、・・・ボタンが見つけられず、目に付いたのが限定。
厨房のほうからも数量限定いかがですか?と声がかかります。
と言うことで、限定を頂くことにしました。
店長さんと女性店員さんの3人で切り盛りされているようでした。
程なくしてご対麺となりました。


まずは麺を一本。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12498777918-14515108290.html

中太麺は加水率高めの平打ち気味のストレート。
きれいに整列されており、盛り付けもきれいですね。
ツルモチの麺は大勝軒らしい特徴が出ていますね。
安定の美味しい麺です。
中盛で麺量は300gくらいでしょうか。


では早速つけ汁につけて。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12498777918-14515108295.html

動物系は豚が中心のタイプ。
魚介をあわせたところはデフォルトのつけ汁とも共通っぽいですが、
いつもよりも素材の味わいがより強く感じられますね。
程よく酸味も利かせてくれています。
粘性の部分はあまり高くない感じで、比較的さらりとしています。

麺リフトアップの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12498777918-14515108303.html

具材はチャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻み葱、板海苔。

チャーシューは豚のタイプ。

シマシマに炙りの入ったタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12498777918-14515108314.html

普通に加温してくれているタイプの2種類が。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12498777918-14515108306.html

トロトロな仕上がりで、どちらもいい仕上がりでした。

メンマは極太のタイプがのせられています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12498777918-14515108318.html

ほうれん草は緑が映えますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12498777918-14515108326.html


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12498777918-14515108332.html


デフォルトのつけ麺を少し濃厚にした感じの一杯でした。
具材も充実しており、チャーシューの仕上がりも良かったです。
積極的に限定を提供してくれていて、ありがたいですね。
暑くなってきたので、冷やしの限定もお願いしたいところです。

今年食べたチャーシュー649枚/184杯
今年食べた唐揚げ 78個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 33件

「とんこつ醤油(820円)」@つけめん・らーめん活龍の写真7月23日(火)20時過ぎに訪問。先客2人。後客4人。

この日は二郎系モードに突入したので、活龍本店さんへ。
たまたまタイミングが良かったこともあり、駐車場もスムーズに入れました。
入店すると券売機はなくメニューを見て口頭注文、後会計制も変わらずです。
余談ですが、ファンタジスタKさんには、暫くお会いできないです。
で、メニューを見ると???、あれ?

そうでした。本店さんには豚そばはなかったのですね。作戦失敗です。
気を取り直し、暫くいただいてなかった濃厚汁そばをいただくことにしました。
麺は大盛り同料金ですので、大盛りにしてもらいました。
店員さんは4人くらいで切り盛りされているようでした。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12498504447-14514265617.html

動物系は豚が中心の濃厚系のタイプ。
煮干など魚介をあわせた豚魚系ですが、可也濃密ですね。
粘性も可也あって、蓮華も沈まない感じです。いわゆるドロ系ですね。
調べてみると、本店でこの濃厚を頂くのは初めてでしたが、
予想以上の感じで、テンションが上がりますね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12498504447-14514265621.html

極太麺は加水率高めの平打ち系の縮れタイプ。
茹で加減気持ち固めで、噛み応えのある強めの麺ですね。
濃厚でドロ系のスープにも負けない感じでいいですね。
麺量は大盛で220g前後。

具材はチャーシュー、メンマ、小松菜、刻み葱、板海苔。

チャーシューは豚のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12498504447-14514265571.html

バラで柔らかい仕上がりですね。

メンマは極太のタイプが。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12498504447-14514265578.html

小松菜はシャキッと歯応えがいいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12498504447-14514265585.html

濃厚系にはやはり刻み葱ですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12498504447-14514265592.html


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12498504447-14514265596.html


濃厚な豚魚のドロドロ系の一杯でした。
つけ麺の汁そばVerの様ですが、それよりも濃厚に感じました。
因みにこの後、みつきさんへ行こうと思ったのですが、限定は翌日から。
思った以上の濃厚さで、お腹も満たされたので、連食はなしとしました。

今年食べたチャーシュー643枚/183杯
今年食べた唐揚げ 78個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 15件

「特製つけそば(1150円)+大盛100円」@土浦麺処 龍乃舞の写真7月19日(金)20時前に訪問。先客3人。後客2人。

この日は仕事を終えて龍の舞さんへ行ってみることに。
金曜日の夜は心なしか車の交通量も多いように感じますね。
安全運転を心がけ、無事にお店の前のコイパに到着です。
ちょっと小雨も降っていたので、10歩でお店につくベストポジションキープです。
入店すると右手の券売機で食券を購入します。

久々に原点に返って、つけ麺をいただくことにしました。
折角ですので特製の大盛りにしました。
食券を渡すとカウンター席の奥から詰めて座るように声がかかります。
また、つけ麺は時間がかかる旨のお声かけも丁寧でいいですね。
店主様お一人での切り盛りでしたが、途中から助手の男性?が登場しました。
少し待ってご対麺となりました。


まずは麺を一本。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12496883222-14510026757.html

極太麺は加水率高めの平打ち系ストレート。
龍介さんのつけ麺の麺と同じ仕様ですが、しっかりとボイルされている感じ。
気持ち柔らかいと感じる人もいるかも知れませんが、個人的にはジャストな感じ。
きれいに整列されて盛り付けてくれていますね。
風味がよく、絶妙な食感の美味しい麺です。
麺量は大盛りで400g。


では早速つけ汁につけて。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12496883222-14510026759.html

動物系は豚が中心の濃厚寄りのタイプ。
そこへ魚介を合わせたタイプは程よい粘性もあり持ち上げもいいですね。
冷めてしまった場合は、途中で温め直しも対応して頂けるようです。
また、大盛りの場合は、つけ汁の追加も可能なようです。
今回はそのまま頂きましたが、ちょうどいい感じにつけ汁が消費されました。

麺リフトアップの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12496883222-14510026766.html

具材はチャーシュー、味玉、メンマ、刻み葱、板海苔。

チャーシューは豚のバラタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12496883222-14510026770.html

豚の肩ロースタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12496883222-14510026772.html

バラは安定の仕上がりで、肩ロースは大判なところがいいですね。

味玉は色白系ですが、しっかりとゼリー状のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12496883222-14510026778.html

味付けも控えめですので、卵の味わいを楽しめる感じです。
穂先メンマに板海苔も龍介さん譲りな感じですね
最後は少しだけ残ったつけ汁にスープ割を投入します。
他店のスープ割と違って、しっかりと出汁が効いているところがポイントです。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12496883222-14510026780.html


ここ2日程、蒸し暑い日が続きましたので、美味しいつけ麺で生き返りました。
この日は限定は出ていませんでしたが、時々は限定もいただいてみたいです。
この後はもう一軒行きたい気持ちもありましたが、やせ我慢しておきました。

今年食べたチャーシュー636枚/181杯
今年食べた唐揚げ 78個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 6件

「和節つけ麺(810円)+唐揚げ486円」@つけ麺ゆきむら 吉衛門の写真7月18日(木)20時30分頃訪問。先客2人。後客3人。

この日は仕事を終えて、微妙な時間帯でしたので21時までのお店は回避。
凄く蒸し暑い日でしたので、つけ麺が食べたくなり、吉衛門さんへ。
駐車場は共同で広々ですが、お店の近くへボロ車を止めます。
入店すると券売機はなくメニューを見て口頭注文、後会計制となります。
喫煙か禁煙席を聞かれ、禁煙をお願いするとテーブル席へ案内されました。

厨房には男性1名がオペレーション、女性一人がホールを担当されていました。
基本のおすすめメニューと思われる和節つけ麺をオーダーします。
大盛までは同料金ですので、大盛で、あつもりひやもりはひやもりで。
程なくしてご対麺となりました。


まずは麺を一本。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12496872118-14510003261.html

太麺は加水率高めのストレート系。
しっかりと晒されており、艶々でもとっとした感じの麺ですね。
安心感のあるつけ麺にあう仕様の麺で、丼の底には水切りが。
よって、見た目のボリューム感より、実際は若干少なめです。
茹で後表記が450gでしたので、茹で前は300gくらいでしょうか。


では早速つけ汁につけて。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12496872118-14510003268.html

動物系は豚や鶏が使われているでしょうか。
そこへ節などをあわせたいわゆる豚魚系のタイプになりますね。
背脂も少し浮いていて、何由来でしょう?ちょっとピリ辛に感じます。
粘性もある感じですので、しっかりと麺に絡んでくれますね。

麺リフトアップの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12496872118-14510003277.html

具材はチャーシュー、味玉、なると、メンマ、刻み葱。

チャーシューやなるとは短冊切りにされています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12496872118-14510003288.html

味玉も半分ですが、基本具材はつけ汁に投入されています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12496872118-14510003293.html

チャーシューは豚バラか肩ロースあたり。
なるとは結構多めに入っていました。
メンマは平たいタイプが。

そして一緒に注文した唐揚げ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12496872118-14510003299.html

気持ち小ぶりですが、5個乗っていますね。
しっかり気味に揚げられており、食感はちょっと固め。
もう少しさくっとジューシーな方が好みです。
輪切りのレモンが添えられていたり、マヨがある辺りは好印象です。

そしてポットで提供されたスープ割を投入します。


飲みやすくなったスープを堪能し完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12496872118-14510003305.html


ピリ辛なところが特徴的な豚魚系のつけ麺でした。
夏季限定で、ゆきむら亭さんと同じ冷たいつけ麺も提供されていました。
唐揚げは出来ればデフォよりも、中華ソース掛けがいいですね。

今年食べたチャーシュー633枚/180杯
今年食べた唐揚げ 78個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 4件

「特煮干そば(950円)」@煮干そば とみ田の写真7月5日(金)10時35分頃訪問。先客4人後客3人。

この日は久喜市方面へ出かけてみることに。
一軒目は開店時間が少し早いこちらとみ田さんへ。
松戸のお店とは関係はないようですが、名前から期待感が高まります。
ナビで予定より若干遅れてお店の前までたどり着きました。
お店前の駐車場が良く分からなかったので裏手に回ることに。
分かりやすく「とみ田」さんの目印があり、無事にボロ車をピットインです。 

丁度後客の方も来られたので、店舗横の通路も分かり無事正面へ。
開店直後で、順番に食券を購入し、入店していくところでした。
基本の煮干そばの特製Verのボタンをプッシュ。
麺量も並200g、中250g、大300gと料金ごとにボタンが。
連食予定でしたので、並にしました。
女性店員さんへ食券を渡し、テーブル席側へ案内されました。
店主様と奥様でしょか。お二人での切り盛りでした。
少し時間がかかってご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12491904686-14496339747.html

動物系は豚あたりが使われているでしょうか。
濃厚よりのボディーに煮干をいい感じに効かせてくれていますね。
しかし、この煮干がエグミなどを抑えてくれている感じです。
荒濾しなのか、ブレンダー等で粉砕された煮干が入っている感じで、若干ゴソゴソします。
また、割と塩分も高めに感じない仕様で、甘みもそれなりに感じます。
この甘みは動物系由来?野菜系?気になりますが、よく分からず。
この手の仕上げ方の煮干は、結構経験がなかったかもです。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12491904686-14496339754.html

やや太めの中細麺は加水率中くらいのストレート系。
茹で加減ほど良く、パツパツ過ぎず、もちもち過ぎず、いい感じの食感。
なかなか面白いいい仕上がりの自家製麺ですね。
麺量は前述のとおり、並で200g。

具材はチャーシュー、味玉、メンマ、刻み玉葱、板海苔。

チャーシューは豚のバラタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12491904686-14496339759.html

鶏の低温系のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12491904686-14496345498.html

メインのバラタイプは柔らかくいい仕上がりですね。
そして鶏は小ぶりですが、1枚入っていました。

味玉はややしっかり気味のゼリー状タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12491904686-14496339762.html

味付け控えめで、半分に切ってくれているところもいいですね。

メンマは極太系のものが。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12491904686-14496339768.html

煮干にはざく切りの玉葱があいますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12491904686-14496339779.html


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12491904686-14496339784.html


濃厚系の煮干ですが、塩分抑えた甘さも特徴的な一杯でした。
その甘さの素が気になりますが、煮干の負の部分が苦手な方でも、
比較的抵抗なくいただけるのではないでしょうか。
にぼなーらつけ麺も気になりますし、機会があればまた再訪したいです。
余談ですが、今回でカウンターも600の大台にのりました。

今年食べたチャーシュー600枚/169杯
今年食べた唐揚げ 68個

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚魚介ラーメン(780円)」@GANJA RAMENの写真7月3日(水)16時15分頃訪問。フードコートは混雑なし。

この日は急遽営業に同行し、お客様のところへ外出することに。
会社の社用車はワンボックスで運転はしやすいのですが、ナビが・・・
ちょうろくでなく、圏央道など全然載っていない古いVerでして。
帰り道、このルートでいいのか心配だったので、菖蒲PAに寄る事に。
すると頑者さんのお店があるではないですか。

道順を確認する目的でしたが、さくっと一杯頂いちゃいましょう。
券売機で食券を購入します。
提供口に食券を渡すとベルが渡され、とりあえず席を確保。
然程待たずしてベルが鳴り受取に行きます。
共通スペースに箸や蓮華があるので、ゲットして確保した席へ。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12490231943-14491779194.html

動物系は豚が中心の濃厚系のタイプ。
魚介をあわせた所謂豚魚系の一杯ですね。
多めの魚粉も乗せられており、表層の油も多めな感じですね。
フードコートでこれがいただけるのはありがたいですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12490231943-14491779202.html

中細麺は加水率やや低めのストレートタイプ。
茹で加減やや固めで、少しコリッとした噛み応えがいいですね。
このあたりも抜かりない感じです。
麺量は140g前後。

具材はチャーシュー、メンマ、刻み葱。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12490231943-14491779207.html

大きさはまずまずですが、予想以上の厚みがあるタイプ。
食べ応えのある豚さんで、いいですね。

メンマは平たいタイプが少量に刻み葱を散らされた感じです。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12490231943-14491779210.html


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12490231943-14491779218.html


フードコートでさくっといただけるのがいいですね。
突き抜けた感じはありませんが、安定安心の濃厚豚魚タイプですね。
比企郡への出張でしたので、出来れば四つ葉さんへ行きたかったです。
でも、会社に戻らなければならなかったので、願いは叶わずも、
こちらで一杯いただけたので、とりあえずOK牧場です。

今年食べたチャーシュー584枚/165杯
今年食べた唐揚げ 68個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件