なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ももも

男性

自分のページにお越しいただきありがとうございます。

平均点 83.092点
最終レビュー日 2019年10月18日
2,707 1,062 1 29,585
レビュー 店舗 スキ いいね

「チャーシューメン中盛(960円)+キャベツ80円」@杉田家 千葉店の写真10月14日(月・祝)6時半過ぎに訪問。先客14人位。後客多数。

この日は急に家系が食べたくなり、早朝から杉田家さんへ。
高速道路も渋滞はありませんが、それなりに交通量がありますね。
順調に進み、7時頃の第一ピーク時間帯の前に滑り込みました。
お店の駐車場も空いていて、ピットインです。

因みに現在は第二駐車場もあるみたいですね。
写真は撮り逃しましたが、お店から見てガソリンスタンドの裏手の方に
4台分確保されているようです。赤いコーンのところが目印みたいです。
入店すると2台ある券売機でプラチケを購入します。
コールは今回は麺固めでお願いしました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12535779961-14614856384.html

動物系は豚が中心の家系のタイプ。
久々の杉田家テイストなスープが沁みる感じです。
時間帯的な影響か、若干ライトで若い感じにも思えましたが、
朝なので、ガツンとくる感じを少し抑えたくらいがありがたいですね。
ついつい蓮華が進んでしまいます。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12535779961-14614856387.html

中太麺は加水率中くらいの平打ち気味のストレート系。
茹で加減固めで、コールどおりの仕上がりですね。
ここのところ柔らかめコールが多かったので、固めも久々。
麺が以前より細めに感じたのは、茹で加減の違いでしょうか。
中盛だと、麺量は220gくらいでしょうか。

具材はチャーシュー、青菜、きゃべつ、刻み葱、板海苔。

チャーシューは豚のももタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12535779961-14614856392.html

燻製タイプで安定の仕上がりですね。
4枚ですが、1枚は可也厚手のものが。

青菜を増そうかと思ったのですが、券売機で押し間違えたようで、
キャベツがのってきました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12535779961-14614856396.html

ザくっと固めの茹で加減で、このトッピングもいいものですね。

デフォルトの青菜も程よい量でいいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12535779961-14614856401.html

海苔はしっかりとしたタイプが3枚のっています。

こちらは海苔巻麺で頂きました。

後半は卓上の生姜の酢漬けを乗せて見ます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12535779961-14614856404.html

さっぱりとしてこれもいいですね。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12535779961-14614856410.html


朝から杉田家さんを堪能しました。
この時間帯でも賑わっていて、帰る頃には店内待ちができていました。
時々無性に食べたくなる家系ラーメン。
一度、神奈川の本店にも行ってみたいものです。

今年食べたチャーシュー878枚/254杯
今年食べた唐揚げ 125個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 19件

「汁なし(850円)+豚増し200円」@茨城豚そば 特龍本店の写真10月2日(水)19時過ぎに訪問。先客7人くらい。

この日は家系モードで土浦方面のお店に向かおうと出発しました。
すると特龍さんの駐車場に空きを発見。外待ちもないようです。
しめしめとばかりに回り込んで、裏手から今回は斜めに止める方にピットイン。
入店すると数席空きがあり、すんなりと着席のラッキータイミングでした。
つけも気になりますが、リリースされたばかりの汁なしをいただくことに。
折角ですので、豚増しして、他は比較的デフォルトでまずは行きましょう。

食券を渡すと、野菜とアブラを聞かれたので、ちょい増しコール。
ニンニクは少な目でお願いしました。
カリカリ等の無料トッピングは、提供時に聞かれるシステムの様です。
浅野さんはいらっしゃらず、男性2人での切り盛りでした。
提供時のコールはカリカリで。(フライドオニオンチップです)
待望のご対麺となりました。

まずは標高のチェックから。
ヤサイちょいましで、丼は大きめですので、標高は控えめです。
混ぜやすくていいですね。

具材はチャーシュー、アブラ、もやし、キャベツ、ニンニク。

チャーシューは豚のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532918368-14607684293.html

柔らかく炊かれており、アブラも多めでとろける感じです。

アブラも結構固形の部分が乗っており、プルンプルンを楽しめます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532918368-14607684295.html

そして安定のクタ野菜が堪りませんね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532918368-14607684306.html

ニンニクは少な目コールでもそれなりに入っています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532918368-14607684301.html

無料トッピングのカリカリ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532918368-14607684302.html

では早速まぜまぜしていただきます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532918368-14607684312.html

太麺は加水率中くらいの平打ち系のうねりを伴うタイプ。
茹で加減よく、この特龍用の自家製麺も実に美味しいですね。
麺量は300gの様ですが、するすると入ってしまう印象です。

タレはややしょっぱめの醤油ベースに、アブラも結構多めに入ります。
この辺りがうまみや程よい甘みにもつながっていますね。
しっかりと麺にまとって、実に中毒性がありますね。

後半はブラックペッパーを。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532918368-14607684314.html

重めのアブラに清涼感がアップして食が進みますね。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532918368-14607684319.html


非常に中毒性の高い、ジャンキーなマルジ系ベースの汁なしでした。
今回は無料トッピングはカリカリのみでしたが、他にもありますし、
有料トッピングでのカスタマイズも楽しみですね。
アブラはちょいましでも結構ヘビーに感じたので、次回は少な目コールで。
あと、つけも是非頂きたいと思います。

今年食べたチャーシュー843枚/245杯
今年食べた唐揚げ 125個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 2件

「肉の日限定 肉マシラーメン(800円)」@中華そば 伸 Chinese-style noodle NOBUの写真9月29日(日)14時頃訪問。先客8人くらい。後客5人。

この日は毎月恒例の29日の肉の日。
一度伺ったお店以外でどこかないかと検索するも、中々浮かばず・・・
そんな時、ふとツイッターを見ると、チャーシュー増し無料の大盤振る舞いを発見。
よしここだ。と決めて営業時間を確認します。
RDBでは日曜通し営業ですが、ツイッターでは14時半LO。
ナビタイムの到着時間はその前後でしたが、常磐道下り+北関東道なので、
予想時刻よりは早めにつくと判断し、ボロ車で出発しました。

無事に到着すると、お店の前にも今日のイベントの件が書かれていて一安心。
入店すると券売機はなくメニューを見て口頭注文、後会計制となります。
空いているカウンター席に座ると、女性店員さんが「何g」と聞いてきました。
肉がませるようですし、初訪問ですので、麺は200g申告にしました。
チャーシューは何枚でも増せるけど、何枚?でも残したら罰金ね。とのこと。
いろいろ考えましたが、空気を読んで、6枚でお願いしました。

厨房は店主さんがお一人で切り盛りされており、ホールはそのお母様でしょうか。
何とも言い難いやり取りが、場を少し緊張させたり、逆に和ませたり。
後から来た常連さんには、お母様から遠慮せずに10枚か?なんてやり取りも聞こえてきます。
丁寧なオペレーションで少しお時間かかりましたが、待望のご対麺となりました。


まずは標高のチェックから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531984283-14605254496.html

ヤサイはノーコルですが、結構ずしっと入っていました。
そしてそれを囲うように肉が立てかけられていますね。


少しいただいた後に、スープを。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531984283-14605254498.html

動物系は豚の非乳化系のタイプ。
イベント用に多めに肉も炊かれたでしょうか。いい感じの豚感ですね。
カエシもいい感じの濃さで、蓮華が進みますね。
化学調味料も使いすぎず、程よく効かせてくれている感じです。
豚感強めで、バランスの良いスープですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531984283-14605254506.html

極太麺は加水率やや高めのストレート系。
茹で加減普通ですが、しっかりグルテンが形成されており噛み応えがあります。
断面もスクエアに近い感じで、二郎の様な平打ち系の麺とは異なります。
店内に製麺機もあるので、おそらく自家製麺だと思います。
ワシワシと食べる感じがいいですね。
麺量は200g。(300gや、追加料金で麺マシ400g以上も可でした)

天地返しの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531984283-14605254510.html

具材はチャーシュー、もやし、キャベツ。

チャーシューは豚のバラタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531984283-14605254516.html

豚の腕タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531984283-14605254524.html

バラは安定の美味しさで、腕もいい食感に仕上げられていますね。
味付けも程よく、この系に多いしょっぱい感じもなく良好でした。
ん~このレベルの豚さんであれば、遠慮せず10枚にすればよかったです。

ヤサイはシャキッとした感じの茹で加減で、程よくキャベツも入っています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531984283-14605254528.html

出来れば卓上にラーメンダレがあるとなお嬉しいかも。
今回はスープを回しかけるようにしていただきました。
早めの天地返しも効果がありそうですね。

アブラは頂上付近にかけてくれています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531984283-14605254535.html


噛み応えのある太麺と、ボリューミーな豚さんで、中々苦しくなってきます。
でも、麺量を控えめにしたので、難なく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531984283-14605254538.html


アットホームな感じで、常連さんも多く、地元の皆様から愛されている感じのお店でした。
もう少し調べてみると、29日は同様なイベントが行われているようですね。
片道100km以上あり遠いですが、素晴らしい肉の日のイベント、楽しませて頂きました。
繰り返しになりますが、この豚さんが食べ放題なんで、太っ腹ですね。
また、栃木方面に行く際は、お邪魔したいと思います。

追伸
採算度外視&大盤振る舞いなサービスです。
くれぐれも食べられる量を注文し、絶対に残さないようにしましょう。


今年食べたチャーシュー839枚/243杯
今年食べた唐揚げ 120個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「豚ラーメン中盛(1000円)」@Smart Pigの写真9月15日(日)10時半頃訪問。開店時15人くらい。

この日は少し前にプレオープンしたスマートピッグさんへ。
正式オープンはいつになるのでしょうかね。
正式開店日がわかると、RDBもオープン日順で検索しやすくなります。
駐車場の確保もあったので、30分前を目標にボロ車を転がします。
圏央道も順調に進み、概ね時間以内に到着しました。
お店側から数えて3列目の、入口から5台分が契約された専用駐車場の様です。
この時点では先に2台の方がいらっしゃる感じでした。

定刻となりオープンとなりました。
右手の券売機で食券を購入し、入口側の席から詰めて座ります。
店主様お一人でのワンオペでした。
ロットは先輩方のレビュー通り、4杯ずつの提供となりますね。

提供時のコールはニンニク少な目、アブラでお願いしました。
※ニンニクとアブラ(背脂)はコールしないと入らないようです。
程なくしてご対麺となりました。


まずは標高のチェックから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527150319-14592369484.html

ヤサイノーコールだと、安心の小山ですね。
軽くトングで一掴みと言った感じです。


では早速スープから頂きます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527150319-14592369487.html

動物系は豚のタイプ。
微乳化な感じでしょうか、表層近くはいい感じのエマルジョンが。
飲み口の良いスープはカエシもびしっと効いており丁度いい塩梅です。
野菜ましやマシマシされた場合は、卓上のタレで調整されていもいいでしょうね。
個人的にはヤサイデフォルトでちょうどいい濃さでした。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527150319-14592369490.html

太麺は加水率やや低めの平打ち系のうねりを伴うタイプ。
茹で加減固めで、多加水とは違った噛み応えが心地よいですね。
正確にはわかりませんが、体感だと結構ゆで時間は短めに感じました。
麺量は中盛で300gだったと思います。

天地返しの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527150319-14592369492.html

具材はチャーシュー、もやし、キャベツ、ニンニク。

チャーシューは豚の腕タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527150319-14592369495.html

二郎系にしては標準的なサイズですが、程よい食感も残してくれているので
このくらいの厚みの方が食べやすいですね。
豚にしたので、3枚+端ブタも載せてくれていました。

頂上付近には、味付きのアブラがかけられています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527150319-14592369497.html

ニンニクはコールどおり少量載せてくれています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527150319-14592369503.html

ヤサイはちょうどいい茹で加減で、シャキクタの中間的な感じ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527150319-14592369507.html

先輩方は柔らかめと表現されていましたが、自分が感じたのはそうでもないかと。
この辺りはご意見などを参考に調整されているのかもですね。

隣の方が先に食べ終えてしまったので、ちょっとスピードアップ。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527150319-14592369512.html


開店おめでとうございます。
自分は直接は存じておりませんが、栃木の名店でも腕を振るわせていた方の様ですね。
看板も店名だけだとわかりにくいですが、ラーメンと書かれているのもポイントですね。
きれいな店内で、丁寧な接客で、古河市の名店となっていくでしょうね。
汁なしもリリースされたようですし、是非また伺いたいと思います

※余談ですが、チャーシューカウンターが800を超えました。


今年食べたチャーシュー802枚/230杯
今年食べた唐揚げ 104個

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「豚そば(750円)+豚増し+野菜増し+生卵」@茨城豚そば 特龍本店の写真9月11日(水)19時頃訪問。先客7人。後客多数。

この日は前日に続き特龍さんを目指して突撃します。
3回ほど駐車場満車+外待ち多数で涙を呑んできましたが、ついに。
外待ちなしで駐車場にも空きがあるではないですか。
でも、タイミング悪く入れなかったので、一旦通り過ぎて裏から回るも
うまく入れられず、またもや一旦通り過ぎることに。

大きく回り込んで再度お店の前に行くと、横断歩道の信号が変わったところで
すかさずバックでピットイン。
外待ちもなく、ちょうど1席空いていたので、そのまま店内へ。
満席の場合は一旦店内で食券を購入して、外の待ち椅子で待つ感じですね。
今回は食券を購入し、そのままカウンター席へジャストイン。
浅野さんと男性店員さんの2人で切り盛りされていました。
ニンニクの有無は先に聞かれたので、少な目でお願いしました。
程なくしてご対麺となりました。


まずは標高のチェックから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12525374608-14587614771.html

こちらではクタ野菜ですので、増しても驚くような標高にはならないですね。
安心な感じですが、ものと野菜の量は結構あると思います。
固ゆでとクタ茹ででは、かなり物量感が変わるでしょうね。


では早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12525374608-14587614777.html

動物系は豚のタイプ。
非乳化と微乳化の間くらいで、表層のエマルジョンがいい感じです。
結構カエシも効いていますが、アブラのうまみがしっかりと効いていて
美味しく仕上がっていますね。
まさにマルジテイストな一杯です。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12525374608-14587614783.html

太麺は加水率やや低めの平打ち系のタイプ。
茹で加減程よく、この辺りの麺の仕上がりもマルジに近いですね。
食べ終えた後に少しお話を聞きましたが、湿度の高い日などは
加水の調整などもなかなか苦労されるようですね。
麺量は今回普通ですので、確か300gですね。

天地返しの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12525374608-14587614789.html

具材はチャーシュー、卵、もやし、キャベツ、ニンニク。

チャーシューは豚のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12525374608-14587614794.html

トロトロのトロ豚がたくさんのっていました。
豚さんだけでも、結構お腹いっぱいになりますね。

固ゆでの半卵もマルジらしいです。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12525374608-14587614798.html

ノーコールでもアブラも多めにのってきますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12525374608-14587614806.html

そしてクタ野菜は程よく味がしみていていいですね。
ニンニクは少な目コールも、普通に多めに乗っていました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12525374608-14587614804.html

でもこれをスープに融合させるとやはりブーストアップ2kくらいに。

生卵は大きめのお椀とボールにのって登場。
お椀の方に割っていただきます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12525374608-14587614814.html

麺をくぐらせたり、
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12525374608-14587614817.html

ブラックペッパーも相性いいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12525374608-14587614825.html


ボリュームに苦戦しつつも、美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12525374608-14587614831.html


遅くなりましたが特龍本店さん、オープンおめでとうございます。
マルジテイストな一杯を堪能させていただきました。
早くもつけ麺も登場しておりますし、そちらも是非いただきたいです。
今年も龍介さんはつくばラーフェスに参加され、千茶屋さんとタッグを組むようですね。

今年食べたチャーシュー789枚/225杯
今年食べた唐揚げ 104個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 2件

「普通盛(850円)+うすら100円」@麺屋 鳳の写真9月8日(日)12時40分頃訪問。先客8割くらいの混雑ぶり。後客多数。

この日は鴨ロースを堪能した後、少し西へ向かって鳳さんへ。
一度伺ったことがあったのですが、休業と重なりいただけずでした。
今回はとりあえずボロ車でお店の前まで行って、営業中を確かめました。
その間にチェックしたコイパは周辺はほぼ満車で600m位離れたところへ。
大した距離ではありませんが、歩いていくと汗がひょごりますね。

到着すると入店し右手の券売機で食券を購入します。
おっと、豚増しは×印ですね。残念宗男。
大、普通、小とあるので、普通の食券とあわせてうずらも行くことに。
空いている席に座り、女性店員さんへ食券を渡しました。
店主さんと女性店員さんの2人で切り盛りされていました。
提供前のコールはアブラのみをお願いしました。
そして待望のご対麺となりました。


まずは標高のチェックから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12524644746-14585738942.html

野菜はノーコールですので、安心な感じの標高ですね。


では早速スープから頂きます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12524644746-14585738945.html

動物系は豚の乳化よりのタイプ
カエシもやや強めに効いていて、美味しいスープですね。
濃厚な感じで、肉のうまみも出ていて、飲み口もいいですね。
増したアブラがまたいい仕事をしてくれますね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12524644746-14585738947.html

太麺は加水率中くらいの平打ち系のタイプ。
茹で加減やや固めで、理想的な仕上がりですね。
二郎系らしい麺で、心地よい噛み心地もいいですね。
麺量は普通盛で240gとナイスな量ですね。

天地返しの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12524644746-14585738950.html

具材はチャーシュー、うずら、もやし、キャベツ。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12524644746-14585738954.html

可也の厚みのあるタイプですが、ホロホロに炊かれていますね。
2枚入っているところもうれしいですね。
この豚さんであれば、是非とも次回は増したいですね。

うずらはお椀で提供いただきました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12524644746-14585738955.html

直前に茹で麺機で加温してくれるのもうれしいですね。

野菜はもやしが中心でキャベツも加わるタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12524644746-14585738960.html

結構固ゆでな感じで、早めに天地返ししてスープをなじませた方がいいですね。

最後までアツアツのままで食べ進みます。
この頃、1ロット前に提供された少し隣の女子の方は、野菜別丼での提供。
おそらく大を選択されたのでしょうか。心配無用で他の方と差もなく食べ終えていました。


自分もその清々しさを感じつつ、美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12524644746-14585738963.html


乳化系で豚も最高な美味しい二郎系の一杯でした。
夜の部限定のつけ麺も非常に気になっており、またお邪魔したいです。
最近、二郎系はとくに量が食べられなくなりました。
でも中毒性は変わらないので、いただいている頻度は変わらずといった感じです。

今年食べたチャーシュー781枚/223杯
今年食べた唐揚げ 104個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「特製豚つけ(1000円)+大盛+唐揚げ」@中華そば 蓮の華の写真9月2日(月)20時ちょっと前に訪問。先客6人くらい。後客5人。

この日はタイミングの合わなかった本店へ向かうも、結構な外待ちの列が。
そのまま通り過ぎてしまい、結局蓮の華さんへ訪問することに。
本店さんは、またタイミングを計らってリベンジしたいと思います。
入店すると券売機で食券を購入します。
背脂煮干しと悩んだ挙句、豚つけをいただくことにしました。
また、奇跡的?に唐揚げも生きていたので、ぽちっとします。
女性店員さんへ渡すと、2人掛けのテーブル席へ案内されました。
厨房の方では、店主さんと女性店員さんがオペをされているように思われます。
程なくしてご対麺となりました。


まずは麺を一本。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522347669-14579946050.html

太麺は加水率高めの平打ち系ストレート。
しっかりと晒されており、綺麗に整列してくれていますね。
風味の良い麺で、濃厚煮干しにも会いそうですし、豚つけにもいいですね。
大盛りにしたので、確か400gだったと思います。


では早速つけ汁につけて。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522347669-14579946061.html

動物系は豚が中心の濃厚系のタイプ。
乳化されている感じで、カエシも結構濃いめに効かせてくれてますね。
細かめの背脂もまとめて添えてくれている感じです。
初動も美味しいですが、不思議と食べ進めてからの方がぐっと良く感じられ、
特に後半は卓上のブラックペッパーを試すと、より好みに変化しました。

麺リフトアップの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522347669-14579946069.html

具材はチャーシュー、味玉、メンマ、キャベツ、ニンニク。

チャーシューは豚のバラロールタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522347669-14579946074.html

可也大判で、厚みもあり、食べ応えがありますね。
ボリュームだけでなく、肉質も良く、いいですね。

味玉はややレア気味のゼリー状タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522347669-14579946080.html

トロトロが好きな方にはいいですね。

野菜はつけ汁の中に入っていて、キャベツ100%でした。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522347669-14579946087.html

ただ、生のキャベツをつけ汁に投入後、レンジアップする感じでしょうか。
ざくざく食感が楽しい感じですが、クタ好きにはちょっと固めに感じました

前述のとおり、背脂は後から添えてくれている感じです。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522347669-14579946092.html

少な目コールのニンニクは、荒微塵な感じで、効き目がありますね。

そして唐揚げ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522347669-14579946100.html

3個で280円とリーズナブルですが、大きさは標準サイズ。
外はからっと、中はジューシーでいいですね。
フライヤーを立ち上げてもらうことを考えれば、ワンプッシュでなく、
食券3枚くらい買うべきでした。

最後は卓上のお酢を入れてテイスティング。
これもまたいいですね。


スープ割は自粛して、数口ダイレクトに味わい完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522347669-14579945998.html


麺が美味しい、後半にピークを迎える感じの豚つけ麺でした。
大判のチャーシューの肉質も良く、満足に頂きました。
こちらのレアチャーにありつけていないので、出来れば次回は昼の部に訪問し
煮干しの一杯をいただきたいと思います。

今年食べたチャーシュー749枚/217杯
今年食べた唐揚げ 104個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 3件

「ラーメン(750円)+麺増し100円+生卵50円」@俺の生きる道の写真8月23日(金)21時前に訪問。先客中待ち3人へ接続後客多数。

この日は残業を終えて定期訪問の俺道さんへ。
今回は駐車場も空いていて、ラッキーでしたが、中々の混雑ぶりです。
食券を購入すると店員さんから車で来られたか確認が入ります。
結構違法駐車で迷惑をかけてしまう方もいらっしゃるようで、
前回訪問時もそうでしたが、店員さんが、可也配慮されていました。
食券確認時に、ヤサイ、アブラ、ニンニクをコールします。
店主さんと男性店員さんの3人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


まずは標高のチェックから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511754368-14551191971.html

中々のいい盛具合ですね。


では早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511754368-14551191976.html

動物系は豚の微乳化タイプ。
前回よりも表層の透明系のアブラが多い感じですね。
嫌な臭みなどは感じず、うまみだけがギュッと凝縮されている感じです。
しっかりとしたスープですが、飲み口が良く、蓮華が止まりません。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511754368-14551191981.html

太麺は加水率低めの平打ち系のタイプ。
茹で加減も程よく、麺も風味も良く、実に美味しい麺ですね。
麺量は麺マシで今回は400gでお願いしました。
その数量よりも体感的には多く感じますね。


天地返しの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511754368-14551191987.html

具材はチャーシュー、もやし、キャベツ、ニンニク。

チャーシューは豚の腕タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511754368-14551191995.html

食感も良くいい仕上がりですね。

アブラは頂上付近にかけられています。

そしてたまらないクタ系のヤサイ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511754368-14551191999.html

今回はニンニクも増したので大量です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511754368-14551192002.html

別皿のアブラもいつもより多めに感じます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511754368-14551192008.html

麺の上にどばっとかけて、一気にジャンキー度アップ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511754368-14551192017.html

食べ進むと、生卵もスタンバイさせ、麺を潜らせます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511754368-14551192022.html

そして卓上の一味をかけたり
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511754368-14551192028.html

ブラックペッパーが一番いい変化をもたらしてくれますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511754368-14551192035.html


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511754368-14551192044.html


今回のスープもいい感じに仕上がっていましたね。
豚が売り切れはちょっと残念でしたがまた次回の楽しみに。
因みに限定の冷やしは×印が。早い時間でないと食べれないかもです。
カウンター席を廃止して、テーブルを入れ替え席の配置も変わりました。
ジョッキウーロン廃止は寂しいですが、店内に黒烏龍の自販機が設置ですね。

今年食べたチャーシュー734枚/209杯
今年食べた唐揚げ 95個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 14件

「角ふじブタブタそば(1430円)」@つくば麺屋こうじの写真8月20日(火)20時頃訪問。先客10人くらい。後客多数。

この日は少し前にリニューアルした麺屋こうじのつくば店さんへ。
そろそろ落ち着いた頃かと思い、伺ってみました。
基本的には常勝軒さんの看板を変えた感じで、内装などはほとんど同じですね。
入口のサッシがすごく重いので、せめて戸車を交換してほしいですね。
入店すると店内入ってすぐ左側券売機が変わらず置いてあります。
少し前に解禁されたふじ麺をいただくことに。
因みに自分の前の方も、ふじ麺のボタンを押されている様でした。

店員さんへ食券を渡すと、スープを聞かれましたので魚介の方をチョイス。
それ以外は聞かれませんでした。
また、更に後から来られた方が、野菜増しできますか?と尋ねられており、
その際には、野菜の食券(200円)を購入するように促されていました。
オペレーションは店長さんでしょうか、外国人の方も加わり国際的なスタッフメンバーです。
程なくしてご対麺となりました。


まずは標高のチェックから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511316766-14549946612.html

野菜は前述のとおりで、デフォルトですが、まずまずの標高ですね。


少し食べてからスープをいただいてみます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511316766-14549946621.html

動物系は豚が中心のタイプ。
魚介が加わったスープは、程よく塩分濃度も高めで、なかなかおいしい仕上がり。
どこかのお店でいただいたふじ麺かつおとかにも似たテイストですね。
背脂も適量入っていて、うまみも強めの仕上がりですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511316766-14549946628.html

極太麺は加水率低めの強縮れ麺。
これぞ角ふじの麺といった特徴的な麺は個人的にすごく好みです。
この何とも言い難い食感が好きで、程よいスープの吸いもいいですね。
デフォルトの場合、他のラーメンと同じ150gではなく、200g位あったでしょうか?

一応、天地返しの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511316766-14549946634.html

具材はチャーシュー、もやし、キャベツ、刻み玉葱。

チャーシューは煮豚タイプ
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511316766-14549946641.html

大判で、厚みもあり、ビジュアル的にはそそられたのですが・・・
8~9割脂身なかんじで、流石に8枚は厳しいですね。
折角のブタブタの高額食券を購入したので、残念な部分です。

野菜は茹で加減よく、比較的キャベツも入っている感じで好印象です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511316766-14549946651.html

頂上には刻み玉葱がのっていますが、卓上にも漬けにんにくは見つからず。
これが載せられないと、ブーストが上がりませんね、


豚さんの脂身に後半苦戦しつつも完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12511316766-14549946657.html


スープ、麺、野菜はよかったのですが、増した豚さんが残念な感じでした。
常勝軒さんの頃は何度か肉の日でも伺ったのですがね。
次の機会は、つけ麺あたりで、肉は増さずに様子を見たいと思います。

今年食べたチャーシュー731枚/207杯
今年食べた唐揚げ 95個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「特製ラーメン(850円)」@環七ラーメン てらっちょの写真8月13日(火)13時50分頃訪問。先客5人くらい、後客多数。

この日は我孫子の新店に向かうもお盆のせいかお休みのようです。
と言うことで、そのすぐ近くの未訪店のてらっちょさんへ。
駐車場はお店の横を入ったところにありますね。
入口のところに券売機があり、食券を購入します。
チャーシュー系のボタンは×印でしたので、表題メニューにしました。

店内へ入るとカウンター席へ案内されます。
可也年季の入った感じで、床もアブラがのっており、滑りやすいですね。
店主さんらしき方と、女性店員さんの2人で切り盛りされていました。
食券を渡す際にお好みを聞かれたので、麺固めで他は普通で。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12508158179-14540892068.html

動物系は豚のタイプ。
スープはデフォルトでも結構な背脂が乗せられていますね。
そしてカエシは底の方に沈んでいるので、上層部はアブラ中心の味わい。
良く混ぜていただくと、結構醤油が強めの感じのスープと分かります。
こじょっぱい感じと背脂のコクで食べさせる感じですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12508158179-14540892079.html

中太麺は加水率中くらいの平打ち系ストレート。
茹で加減固めで、独特の食感で、なかなか美味しい麺ですね。
適度にスープを吸って更にいい感じに変化しますね。
麺量は140g前後。

具材はチャーシュー、味玉、メンマ、刻み葱。

チャーシューはバラのタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12508158179-14540892090.html

トロトロの仕上がりがいいですね。

味玉はいい感じのゼリー状タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12508158179-14540892099.html

メンマは平たいタイプですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12508158179-14540892108.html

コテコテ系には葱が合いますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12508158179-14540892118.html

そして1玉まで無料の替え玉を麺固めでお願いします。
女性店員さんが仕上げて、提供してくれました。
こちらは細麺になりますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12508158179-14540892124.html

早速スープにドボンして。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12508158179-14540892131.html

コリコリの細麺も美味しいですね。
こちらの麺量は110gくらいでしょうか。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12508158179-14540892138.html


替え玉つきのこじょっぱい背脂多めの一杯でした。
店内はエアコンの効きがわるく、結構暑かったです。
この時間帯もどんどんお客様が来店され、人気なのが伺えました。
次回機会があれば、唐揚げもいただきたいと思います。

今年食べたチャーシュー715枚/201杯
今年食べた唐揚げ 95個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件