なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ももも

男性

自分のページにお越しいただきありがとうございます。

平均点 83.073点
最終レビュー日 2019年1月18日
2,463 954 1 27,114
レビュー 店舗 スキ いいね

「限定 鰮煮干アサリ日高昆布(800円)」@喜元門の写真1月4日(金)11時40分頃訪問。先客中待ち3人へ接続。後客多数。

この日はつくば方面で麺活を。
支店の方はちょくちょくお邪魔していましたが、本店は久々です。
お店の駐車場もあるようですが、良くわからないので、近くのコイパへ。
ちょうどお昼時を迎える時間帯、込み合っていましたが、中待ちへ滑り込み。
デフォであれば名古屋コーチンを狙っていましたが、限定が出ているようでしたので
限定を頂くことにしました。

この後は近くのお店に連食予定でしたので、今回は追加トッピングはなしで。
中待ちしていると、先に食券が回収されます。
その際に選べるチャーシューをコールして、そのまま待機しました。
食べ終えたお客様と入れ替わりで、カウンター席へ。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12431645408-14335739288.html

動物系は未使用と思われるアニマルレスのタイプでしょうか。
メインは鰮煮干しが主体で、メニュー名の通り、浅利と昆布が主張してきます。
カエシは塩ダレが合わせられており、初動ではちょっと大人しい感じでしたが、
後半になるにつれて、よりブースとアップする感じがいいですね。
じんわり系ですが、バランスよく一体となった美味しいスープです。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12431645408-14335739289.html

中細麺は加水率やや低めのストレート系。
茹で加減やや固めで、少しパツッとした感じの歯切れ良い麺ですね。
このスープへのマッチングもばっちりですね。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、アサリ、刻み葱、板海苔。

チャーシューは選択した直火のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12431645408-14335739291.html

この腕肉の肉肉しい感じが好きです。

アサリの剥き身もしっかりと入っていました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12431645408-14335739295.html

他は2種類のネギと板海苔とシンプルな感じです。
繊細系のスープですので、この方がりそうな感じですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12431645408-14335739294.html


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12431645408-14335739298.html


魚介系中心の清湯は、やはり喜元門さんのクオリティー素晴らしいですね。
特に、後半にブーストアップする感じが良かったですね。
昆布の良さもうまく引き出されている感じでした。
総店主様へもご馳走様を告げて、お店を後にしました。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 4件

「特製こもんそば塩(950円)」@麺ゃこもんの写真12月30日(日)12時40分頃訪問。先客3人、後客多数。

この日は竜ヶ崎方面に用事があったので、久々にこもんさんへ。
営業情報を確認せずに向かってしまいましたが、とりあえず駐車場へ。
いつもいっぱいなのですが、すんなり駐車出来て、お店に向かいます。
営業中の旗と、暖簾も出ていて一安心です。

券売機を確認し、店名のついた一杯をぽちっと。
ついついいつも左側を押してしまいますが、今回も左側を。
その後、食券を渡す際に、塩に変えてください。とお願いしました。
店主さんと女性店員さんの3人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12430263263-14332201833.html

動物系は鶏が中心の清湯系のタイプ。
塩ダレは穏やかな感じですが、全体的に上品なうまみが演出される感じ。
ガツンとくるタイプではありませんが、その一歩引いたところで
出汁、カエシ、香油がバランスよくまとまっている感じですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12430263263-14332201835.html

中細麺は加水率中くらいのストレート系。
茹で加減やや固めで、風味の良い美味しい麺ですね。
この麺も好きですが、塩の場合、平打ちのピロピロ系も合いそうですね。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、味玉、メンマ、刻み葱、三つ葉、針生姜、バラ海苔。

チャーシューは鶏の低温系のタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12430263263-14332201836.html

豚の低温系のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12430263263-14332201840.html

鶏はしっとり、豚は程よいレア状でいい仕上がりですね。

味玉はトロトロのレア気味のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12430263263-14332201841.html

メンマは細いタイプで、風味の良い仕上がりですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12430263263-14332201845.html

バラ海苔も風味が良く、いいですね。

三つ葉の茎の部分と針生姜がきれいに盛り付けされていますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12430263263-14332201842.html

そしてこの日はネギトロ丼。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12430263263-14332201848.html

ご飯の炊き上げ加減も良く、マグロのタタキがたまりませんね。
わさび醤油で美味しく頂きます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12430263263-14332201850.html


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12430263263-14332201854.html


塩も美味しいですね。
珍しく客足が途絶えた時に入店できましたが、後客が多数来店し、
ほぼ満席となりました。
県南で、この正統派の清湯がいただけるのは嬉しいですね。
こもんそば、昔ながら、煮干し、つけとデフォのどれもが完成度高く
食べ手を選ばず、美味しくいただける名店だと思います。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 8件

「塩チャーシューワンタンメン(1080円)」@支那そば一麺 下広岡店の写真12月20日(木)20時頃訪問。先客3人。

この日は塩ラーメンが食べたくなり、約1年ぶりに一麺さんへ。
余談になりますが、この近くにオープンしたマンプクさんは
閉店してしまったようですね。
ボロ車を止めて店内へ。
券売機はなく口頭注文、後会計制となります。

予定通り塩なのですが、悩んだ挙句に、ワンタンチャーシューで。
店主さんと女性店員さんの2人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12427714816-14325379578.html

動物系は鶏の清湯系のタイプ。
じんわりと上品な感じですが、この加減が好きだったりします。
ぐびぐびと飲みたくなるスープですね。
表層には鶏油が浮かんでいますが、量は控えめな感じで、
アブラに頼らず、スープと共にバランスがとられていますね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12427714816-14325379580.html

中細麺は加水率中くらいのストレート系。
茹で加減やや固めで、幾分足は早そうなタイプ。
今回の茹で加減は絶妙で今までの中でも一番好印象でした。
麺量は160g前後と気持ち多めの設定ですね。

具材はチャーシュー、ワンタン、メンマ、揚げ葱、水菜。

チャーシューは豚のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12427714816-14325379583.html

肩ロースだったと思いますが、柔らかくで絶妙な食感ですね。

そしてワンタン。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12427714816-14325379585.html

ツルモチの大き目の皮に、餡は気持ち控えめですが、
肉のうまみと、生姜のさっぱり感が堪りませんね。

そして揚げ葱がまたいい仕事をしてくれますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12427714816-14325379590.html


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12427714816-14325379593.html


今回のスープのバランスと、麺の茹で加減もバッチリで、最高でした。
ワンタンのクオリティーも相変わらず高く、満足度が高いです。
ワンタンチャーシューの上に、贅沢盛りだったかのメニューも存在し、
気になるので、次回はチャレンジしてみたいと思います。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 3件

「特製鯛油そば(950円)」@真鯛らーめん 麺魚の写真12月15日(土)14時頃訪問。先客外待ち8人くらいへ接続。

この日は久々に錦糸町へ突撃し、ムタヒロさん、満鶏軒さんへ連食。
一旦、コイパへ帰りかけたのですが、折角なので麺魚さんへも寄ることに。
この時間帯になると、外待ちは落ち着き気味ですが、中にもたくさんの方が。
実質食べ終わり間で、約1時間くらいかかったかと思います。
食券購入、中待ちを経て、カウンター席へ。
着席後は程なくしてご対麺となりました。

まずは具材のチェックから。

チャーシュー、鯛のほぐし身、味玉、小松菜、刻み葱、板海苔。

チャーシューは豚の低温系タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12426849859-14323194848.html

スライサー使用の薄切りをどっさりと盛り付けてくれていますね。

味玉はしっかり気味のゼリー状タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12426849859-14323194855.html

やはり、鯛のほぐし身が、汁なしでもいい仕事をしてくれますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12426849859-14323194850.html

小松菜に葱は麺魚さんの定番アイテムですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12426849859-14323194858.html


では、早速まぜまぜしていただきます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12426849859-14323198818.html

中太に近い麺は加水率やや高めの平打ち系のタイプ。
茹で加減程よく、相変らず風味の良い麺ですね。
拘りの麺はボリュームもあって、200gちょっとあるようにも感じました。

鯛のアブラが麺に絡まり、素敵なハーモニーを奏でますね。
3杯目でも、スルスルと行ける感じです。

後半はとっくりで出されたスープをかけてみます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12426849859-14323194861.html

鯛の白湯スープが融合して汁そば風に変化しますね。

茶漬けもあいそうですが、連食につき自粛。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12426849859-14323194863.html


鯛の油そばは念願かなって初の一杯でしたがこれもいいですね。
満足そうに食べ終えて帰る方の笑顔がとても印象的でした。
柚子胡椒やワサビなどの味変アイテムも充実していますし、
幅広い層から支持さる人気のお店は、衰えを知らない感じですね。
満鶏軒と共に外国人の方も戦力となってご活躍されていますね。
次回はAlc有で訪問したいです。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 3件

「特製フォアグラ油そば(1100円)+鴨ロースチャーシュー」@満鶏軒の写真12月15日(土)13時20分頃訪問。先客外待ち8人くらいへ接続。

この日は錦糸町に突撃したので、ムタヒロさんに続いて未訪の満鶏軒さんへ。
最初、並びが良くわかりませんでしたが、案内をみて無地に最後尾へ接続。
風の冷たい寒い日ですね。日陰は結構美しいですね。
途中、店員さんより、食券を購入するように促され、店内へ。
ボーズ頭の方がいたので、橋本さん?と思ったら、別の方でした。
お会い出来ず残念宗男。

しばし外待ちした後に、店内昇格となりました。
入口に近い広めの場所に入れたので、良かったですね。
程なくしてご対面となりました。

まずは具材のチェックから。

フォアグラ、チャーシュー、味玉、小松菜、刻み葱、柚子片。

フォアグラは一口サイズで、表面がこんがりと炙られていますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12426846757-14323188887.html

チャーシューは鴨のロースタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12426846757-14323188883.html

もう一方はもも肉の角切りにされたタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12426846757-14323188886.html

予想以上に物量が多くて、プチ肉祭状態でした。
味付は控えめな感じで、肉本来の味わいを楽しめる感じですね。

味玉は安定のゼリー状タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12426846757-14323188889.html

丁寧に刻まれた玉ねぎと青葱が、汁なし系には会いますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12426846757-14323188893.html


では、早速混ぜ混ぜして頂きます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12426846757-14323188898.html

中細麺は加水率中くらいの平打ち気味のストレート。
茹で加減程よく、風味の良い美味しい麺ですね。
麺魚さんの麺とも異なる感じで、専用の配合なのでしょうね。
ただ、デフォルトですと、麺量は控えめで150g前後でしょうか。

塩ベースで鴨のオイルが絡みつき、絶妙な風味を醸し出しますね。
フォアグラを炙った際のアブラも少し怖えられているでしょうか。
車でなければ、ビールも進みそうなテイストです。

スープもお願いできるようですが、アナウンスがなかったのは残念。
タイミングを失ったので、そのまま頂いてフィニッシュ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12426846757-14323188903.html


美味しい鴨の油そばでした。
フォアグラは一口サイズですが、焼き加減も良く、嬉しい一品ですね。
肉も充実しており、満足な一杯を堪能することが出来ました。
心残りは、橋本社長にお会いできなかったこと。
もう、今はお店には立っていないのでしょうかね。
次回は汁そばを頂きたいと思います。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「雲丹三種盛り鯛らーめん(2500円)」@麺屋 ま石の写真12月6日(木)11時半頃訪問。先客1人。

この日は宝塚のオフィスで会議があったので、朝から電車で都内へGO。
お揃いのカッパを来た女性陣がきれいに整列して並んでおり、何事か?と思ったら、
お目当ての方の出待ちをされていたみたいですね。
雨の中、熱烈なファン方は違いますね。
さて、会議が終わり、職場へ戻る途中、鯛ラーメンが食べれるこちらへ初訪問です。
店構えは和風な感じで、店内も明るく、和食のお店の様な雰囲気ですね。
券売機はなくメニューを見て口頭注文、後会計制となります。
自分は表題メニューを、後輩はサクラエビの一杯を注文しました。
厨房は男性2人で切り盛りされているようでした。

待っている間に、先にお猪口で鯛スープが提供されました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12424437241-14316982454.html

程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12424437241-14316982440.html

動物系は未使用と思われる鯛の清湯系のタイプ。
表層には多めに香油も浮いている感じですね。
あまり撹拌しないで食べてみると、上品な感じで、ちょっとパンチに欠ける感じ。
カエシの加減は程よく、塩分濃度もちょうどいい感じですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12424437241-14316982442.html

中細麺は加水率中くらいの少しウエーブのかかったタイプ。
茹で加減普通な感じで、少し足は速い感じでしょうか。
もう少し固めでもいいように感じました。
麺量は140g前後。

具材はチャーシュー、メンマ、雲丹、三つ葉。

チャーシューは別皿で鶏の低温系タイプが。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12424437241-14316982445.html

しっとりといい仕上がりですね。

メンマは結構育った竹を使っている感じでしょうか。

噛み応えのある、あまり食べたことがなかったタイプです。

そして、今回の目玉の雲丹は、麺上の中央に。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12424437241-14316982447.html

タイプの違うものが乗せられていますね。

後半はこの雲丹をスープに融合させると、より味わい深くなりますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12424437241-14316982451.html

後輩の海老の一杯は、揚げたてのかき揚げを後から麺上にのせてくれます。

パチパチと甲高い音が、何とも美味しそうですね。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12424437241-14316982456.html


贅沢に雲丹ののった鯛スープのラーメンでした。
結構上品な仕上がりでしたので、個人的にはもう少し力強さが欲しいところ。
雲丹も贅沢でいいのですが、麺上にのせていただくよりも、
日本酒のあてに摘んだほうが、よりらしいかも知れませんね。
田舎物が、銀座のプチ高級なラーメンを体験した一日でした。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「海老あんかけラーメン(994円)」@中華・食酒処 さいらい亭 稲敷店の写真11月11日(日)11時11分頃訪問。先客8人。後客多数。

この日は山新さんへ買い物に出かけたので、帰り際にこちらへ。
現在は龍ヶ崎にもあるさいらい亭さんですが、以前は寶龍さんでしたね。
店舗の表と裏に駐車場があるので、車でも安心です。
店内へ入ると券売機はなくメニューを見て口頭注文、後会計制です。
坦々麺と迷った挙句、おすすめの表題メニューをお願いしました。
ホールは男性店員さん、厨房は見えませんが男女店員さんが切り盛り。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12418294824-14301118035.html

動物系は鶏ガラあたりが使われているでしょうか。
シンプルな塩味のスープですが、心地よいうまみが伝わってきます。
海老や野菜を炒めた餡もスープに絡むので、よりうまみが増しますね。
アツアツなところもポイントですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12418294824-14301118042.html

中太に近い麺は加水率高めのストレート系。
茹で加減まずまずで、ツルツルと喉越しの良い麺ですね。
食感も強過ぎず、スープの拾い方もなかなかいい感じですね。
麺量は150g前後。

具材は海老、白菜、人参、筍、青菜、しめじ、刻み葱。

ぷりぷりの海老が多めで、餡かけの具合もバッチりですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12418294824-14301118033.html

ボリュームもあり、お腹にもたまる感じです。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12418294824-14301118037.html

後半は卓上のブラックペッパーで味変を行います。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12418294824-14301118045.html

ぴりっとした刺激がまたいいですね。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12418294824-14301118046.html


このメニューは龍ヶ崎店でも頂きましたが、特にこれから冬になり
寒い季節にはピッタリのいっぱいですね。
塩味であっさりですが、しっかりとうまみもあり、ファンも多そうです。
一番名物は餡かけ焼きそばですが、餡かけラーメンも相変わらずで
美味しく頂きました。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「塩台湾ラーメン+八宝菜定食(950円)」@龍のしょく堂の写真11月10日(土)11時45分頃訪問。先客2人、後客10人以上。

この日は休日でしたが近場の新店へ。
毎日通勤でお店の前を通っていましたが、帰りは中央にポールのある
道路の反対側なので、なかなか寄れずにいました。
前のお店、その前のお店の時も入ったことがなく、お店が変わり・・・
今回始めて訪問しましたが、店内は結構広く比較的大箱ですね。
券売機はなくメニューを見て口頭注文、後会計制です。

中華料理店らしく単品メニューも可也豊富ですが、セットも充実。
麺と一品料理+ライス等のセットの中から、八宝菜定食をチョイス。
ラーメンも5種類から選べるので、塩台湾にしてもらいました。
厨房は男性の方が、ホールは女性の方が対応されていました。
共に外国人の方の切り盛りでした。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12418238851-14300972191.html

動物系は鶏ガラあたりが使われているでしょうか。
香味野菜などと炊かれた感じの、シンプルで優しい感じの仕上がり。
化調の補佐もある感じで、うまみも不足感ない感じです。
辛さも割りと控えめで、唐辛子の輪切りも数切れ入っている感じ。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12418238851-14300972194.html

中細麺は加水率やや高めの少しウエーブのある麺。
茹で加減固めで、汎用性の高い中華麺と言った感じ。
茹で加減は絶妙だったのですが、テボから出してそのままの感じで
ちょっと全体がダマになっていたのはちょっと残念。
中央に固まっていた方が、ミンチ等きれいに盛り付けられるのは分かるのですが。
麺量は140g前後。

具材は台湾ミンチ、もやし、韮とシンプル。

台湾ミンチはふっくらと仕上げられており割と量も多めです。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12418238851-14300972196.html

台湾には韮も必須アイテムですね。

そして、もうひとつのメインの八宝菜。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12418238851-14300972200.html

豚肉、海老、イカ、白菜、玉葱、人参、青梗菜、筍、きのこ類、木耳。

非常に具沢山でボリュームもありますね。
醤油とオイスターソースで仕上げられている感じで、程よいとろみ。
ライスにかけてもいいでしょうね。

千キャベツ中心の生野菜には、ドレッシングがかかっています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12418238851-14300972207.html

そしてご飯もふっくらと炊かれていますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12418238851-14300972213.html

更には春巻きに漬物も。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12418238851-14300972203.html

最後はデザートの杏仁豆腐で〆です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12418238851-14300972215.html


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12418238851-14300972218.html


ボリュームのある定食が1K以下でいただけるのはありがたいですね。
因みに内容によっては、1Kを少し超える定食もありました。
デフォルトの台湾ラーメンはシンプルですが単品で410円もナイス。
ご家族連れや肉体労働系の方々にも重宝されそうなお店ですね。
定食の満足度はなかなか。採点は塩台湾ラーメン単体での印象です。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「雷神タンメン(950円)+唐揚げ+唐揚げ」@茨城タンメン カミナリの写真10月29日(月・肉の日)20時半頃訪問。先客10数人。

この日は肉の日なので、盛大に行きたかったのですが、残業><
近くのお店でしか難しい状況でしたので、カミナリさんへ再訪することに。
開店からしばらくの間、混雑していましたが、若干落ち着いた感じでしょうか。
待ちまではなかったですが、それなりの混雑ぶりでした。

カウンター席に案内され、メニューを見て口頭注文します。
辛い系が食べたかったので、麻婆豆腐ののる一杯を頂くことに。
そしてこちらには唐揚げがあるじゃないですか!!!
と言うことで、控えめに唐揚げ8個をオーダーして配膳を待ちました。
タイミングも良かったせいか、即行でのご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12415868038-14294809236.html

動物系は豚や鶏などが使われているでしょうか。
白濁系で、恐らく濃厚タンメンのスープがベースになっていると思われます。
そして麻婆が乗っているので、混ざっていくと赤く変化し、程よい辛さが。
痺れ系もあり、唐辛子の輪切りも結構入っているので、その風味も強めです。
なかなか後引くスープですね


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12415868038-14294809242.html

中太麺は加水率やや高めの平打ち系ストレート。
茹で加減固めで、ややパスタにも似通ったような感じの麺ですね。
ムチッとした感じで、濃厚系にあう感じの麺です。
麺量は150g前後。

具材は麻婆豆腐、豚肉、もやし、キャベツ、ニンジン、刻み葱等。

麻婆豆腐は前述の通り辛さと軽い痺れと、唐辛子の風味が強い感じ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12415868038-14294809246.html

タンメンの部分はシャキッと軽く火が通っている感じで、いいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12415868038-14294809248.html

そして唐揚げ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12415868038-14294809251.html

1個1個が大きめですので、結構満足度が高いですね。
マヨネーズも小皿にもりもりで嬉しいところ。
大き目とは言え、8個なので、肉の日としては可也控えめですね。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12415868038-14294809253.html


麻婆豆腐ののった美味しいタンメンでした。
外はカリッと、中はホクホクな唐揚げもいいですね。
機会があれば、4個×5くらいオーダーして唐揚げ祭りしたいです。
と言うことで、ささやかな肉の日の1ページでした。
店員さん方、可也大きな声で威勢がいいですね。気持ち良かったです。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 2件

「限定 トロ豚油そば(900円)+特級トッピング」@特級鶏蕎麦 龍介の写真10月28日(日)13時過ぎに訪問。先客外待ち12人くらいへ接続。

この日ははりけん南店さんから、お次は龍介さんへ。
つくばと都内のイベント出店もひと段落されて、どうもお疲れ様でした。
裏の方はお休みの様で、浅野店主さん初め、皆さん揃っていました。
裏はまだ未訪ですが、その油そばがいただけるとのことで、
券売機で限定の食券をその他ぽちっとして、外待ちに接続します。
比較的回転はいい感じで、店内昇格、カウンター席へと案内されました。
程なくしてご対麺となりました。

まずは具材のチェックから。

チャーシュー、肉団子、味玉、生卵、なると、メンマ、刻み葱。

チャーシューはトロ豚の塊と
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12415866558-14294802064.html

豚のスライスタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12415866558-14294802067.html

肩ロースのタイプも乗っていました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12415866558-14294802068.html

そして、肉団子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12415866558-14294802070.html

こちらはコリコリの軟骨と、生姜も効いている感じですね。

味玉は安定のゼリー状タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12415866558-14294802075.html

油そばにも鉄板の生卵に
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12415866558-14294804802.html

刻み葱と具沢山ですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12415866558-14294802069.html


では早速まぜまぜしていただきます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12415866558-14294802078.html

太麺は加水率高めの平打ち系のウエーブタイプ。
二郎系の時の麺にも似た仕上がりのタイプですね。
もっちもちで、タレが良く絡んで美味しいですね。
麺量は250g位。

タレは恐らく塩ダレがベースで、背アブラ中心のアブラがいい仕事をしてくれます。

適量振り掛けられているブラックペッパーがまたいいですね。

後半は混ぜやすくなったので、再度しっかりと混ぜてみます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12415866558-14294802079.html


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12415866558-14294802083.html


美味しいジャンクな油そばでした。
確か、裏ではもやし等のトッピングもあったかと思いますが、個人的には
今回の様にない方があっているように感じました。
卓上のスープ割を投入しても面白いかも知れませんね。
今回は美味しかったので、試さず、そのままいっちゃいました。
浅野店主さん、関係者の皆様、日本一決定戦イベント参戦お疲れ様でした。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 24件