なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ももも

男性

自分のページにお越しいただきありがとうございます。

平均点 83.077点
最終レビュー日 2019年3月19日
2,517 977 1 27,734
レビュー 店舗 スキ いいね

「特製塩そば(1000円)」@中華そば 葵の写真3月9日(土)14時45分頃訪問。先客1人。

この日は埼玉方面へ遠征で、かねかつさんの次はこちらへ。
15時までで、結構ギリギリでしたが、ボロ車を時速40kmで向かいました。
お店の反対側の駐車場が空いていてすぐに分かったのも助かりました。

入店すると左手の奥の方の券売機で食券を購入する様に促されます。
左上の方のボタンから、折角ですので特製のボタンをポチっと。
案内されたカウンター席から食券を渡して配膳をまちました。
店主さんと助手さんの2人での切り盛りでした。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12446599602-14371617441.html

動物系は鶏が使われているでしょうか。
メインは節系などの魚介系で、その味わいが強めの仕上がりですね。
割と香油も控えめな感じで、すっきりといただける感じですね。
塩分濃度も丁度いい感じで、スープの良さをうまく引き出してくれていますね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12446599602-14371617444.html

中細麺は加水率やや低めのストレート系。
茹で加減やや固めで、しなやかな感じの麺ですね。
主張しすぎず、一歩引いたあたりでスープを受け止める感じ。
麺量は140g前後。

具材はチャーシュー、味玉、メンマ、白髪葱、バラ海苔。

チャーシューは豚の低温系のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12446599602-14371617447.html

食べやすい厚さで、食感も良く、中々の仕上がりですね。

味玉は安定のゼリー状タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12446599602-14371617450.html

流出の危険性は低いですが、個人的にはもう少しレア気味が好きです。

きれいに刻まれた白髪葱も載せられています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12446599602-14371617452.html

バラ海苔が、ほんのりと風味アップに貢献しますね。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12446599602-14371617454.html


節系中心の正統派な清湯系の美味しい塩ラーメンでした。
少し先輩方のレビューを拝見すると、汁なしも美味しそうですね。
今回は時間切れで2軒で麺活は終了しましたが、埼玉もいいですね。
温かくなって来ましたので、また是非埼玉遠征、計画したいと思います。

今年食べたチャーシュー237枚/63杯
今年食べた唐揚げ 23個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「限定 あさりのら~めん(1000円)+得肉三昧500円」@らーめん かねかつの写真3月9日(土)13時40分頃訪問。先客外待ち8人へ接続。

この日は埼玉方面へ遠征してみることに。
少し前にグルさんのレビューを拝見し、宿題であることを思い出していました。
数年前に一度伺いましたが、滑り込み失敗でした。
今回は時間に余裕をもって訪問してみました。
近くのコイパにも空きがあり、ボロ車をピットインさせます。
お店の前の列に接続し、しばし外待ちとなりました。

何人か入れ替わり、途中で小窓より店主さんからメニューの確認が入ります。
デフォルトと悩んだ挙句、限定の一杯を頂くことにしました。
前の組が食べ終わると、自分の前後含めた4人が一気に入店となりました。
そして先輩方のレビューでも見ていた、店主さんの麺の手打ちが始まりました。
生地の塊を分割計量し、綿棒で細長く伸ばしていきます。
その後、手動のマシンで生地を伸ばしていきます。(パンで言う、リバースシーターの様な)
その後に切り刃を通して麺に裁断されていきます。
手粉をふって麺のくっつきを防止し、ぐいっと手もみが施されます。
茹で麺機に投入され、以後スープや具材の準備が行われます。
手際よい流れる様なオペレーションに見とれていると待望ご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12446596826-14371603130.html

動物系は鶏が使われているでしょうか。
しっかりとした土台に、浅利のうまみが出ていて、実に美味しいスープですね。
返しは塩と僅かに醤油を合わせた感じのテイストで、スープとの相性もいいですね。
前半はそのまま頂き、途中から添えられたガーリックバターを融合させると
より一層コクが深まりますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12446596826-14371603159.html


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12446596826-14371603134.html

中太麺は加水率やや高めの平打ち系の縮れタイプ。
前述の通り、目の前で打ってくれるのはいいですね。
それだけでなく、ツルツルののど越しと、いい感じの縮れ具合がいいですね。
正直、今まであまり製麺には興味がなかったのですが、
こちらに伺って、非常に興味がわいてきました。
麺量は170g位あるでしょうか。

具材はチャーシュー、浅利、トマト、葱。

チャーシューは豚の低温系のタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12446596826-14371603141.html

豚バラの炙りタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12446596826-14371603144.html

更には鶏の低温系のタイプも。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12446596826-14371603149.html

豚の定温もハイクオリティーで炙りも少し燻系の様な香りが感じられます。
鶏はこりっとした食感で、素材の新鮮さも良く伝わってくる感じですね。

浅利のむき身も結構個数が入っていました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12446596826-14371603174.html

そしてトマトも程よい酸味があり、少しずつ麺と一緒に味わうも良いですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12446596826-14371603165.html


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12446596826-14371603197.html


隣の方も可也気に入ったようで、本当にうまい。って連呼していました。
手打ち麺は大変かと思いますし、流石に回転率から考えると若干
遅くはなってしまうと思いますが、個人的には気にせずに美味しく頂ける感じでした。
是非、あのマシンをゲットして、家で真似して麺拵えてみたいと思いました。
是非またお邪魔します。

今年食べたチャーシュー234枚/62杯
今年食べた唐揚げ 23個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「海老ワンタンメン(770円)+ミニカレー丼360円」@手打ラーメン珍来 千現店の写真2月28日(木)21時頃訪問。先客12人くらい。後客8人。

この日は仕事を終えてつくば方面へ。
21時前の滑り込みを試みましたが、難しそうでしたので、途中珍来さんへ。
大箱の店内は激混みまでは行きませんが、賑わっていますね。
券売機はなく、メニューを見て口頭注文、後会計制です。
厨房とホールを合わせて4人くらいで切り盛りされている感じでした。
メニューを確認し、迷った挙句に表題メニューを頂くことに。
お得なセットメニューを注文される方が多い感じですね。
少し待ってご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12443978804-14365234145.html

動物系は鶏ガラあたりが使われているでしょうか。
表層のアブラは殆んどなく、可也あっさりとした仕上がりですね。
ちょっと物足りない感がありますが、このシンプル系が好きな人もいそうですね。
塩分濃度も程よく、しょっぱ過ぎず、薄すぎずな感じでした。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12443978804-14365234148.html

中細麺は加水率やや高めのストレート系。
茹で加減やや固めで、少しこりっとした感じの食感の麺ですね。
珍来さんでは、中太のモチモチ系が主流ですので、この細めの麺も
斬新な感じがします。
麺量は160g前後。

具材はエビ入りワンタン、メンマ、刻み葱、ほうれん草。

ワンタンは小エビの他に肉も入っていて、しっかりと詰まっています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12443978804-14365234152.html

もうちょっとふわっとした感じのが好みですが、この方がボリューム感が
ありますね。

メンマは結構歯ごたえの強い、噛み応えのあるタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12443978804-14365234154.html

刻み葱が散らされ、多めのほうれん草が、ちょっと意外なアイテム。
ビジュアル的には緑も入っていい感じですね。

そしてミニカレー丼。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12443978804-14365234161.html

ご飯はちょっと固めの炊き加減で、カレーにはあう感じです。
このカレーが結構うまいですね。
半味玉もついてきました。
また、福神漬けでなく、紅生姜が添えられていました。

後半は卓上のブラックペッパーで味変を施します。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12443978804-14365234157.html


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12443978804-14365234164.html


可也シンプルかつあっさりな、エビワンタン麺でした。
ワンタンも食べ応えありますが、もう少しふわっと仕上げてくれると
尚おいしい様にも感じます。
困った時の珍来さん、でもそろそろドラゴン系のうまにが恋しくなりました。

今年食べたチャーシュー212枚/52杯


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 2件

「和風鶏そば塩(780円)+ミックスチャーシュー+鴨ロース」@はりけんラーメン 南店の写真2月26日(火)19時半頃訪問。先客8割くらいの混雑ぶり。

この日は仕事を終えて久々にはりけん南店さんへ。
限定でも出ていれば。と思って向かってみました。
駐車場にボロ車を止めて店内へ。
特に限定は出ていないようですので、券売機をゆっくりチェック。
未食の表題メニューがありましたので、頂いてみることに。
今月は肉レスの時もあったので、久々にプチ肉祭りを。

食券を渡し、カウンター席へ。
S店長さん中心に男性陣が切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12443748683-14364691831.html

動物系は鶏が中心の白湯タイプ。
そこへ魚介系を少し合わせられている感じでしょうか。
魚介の部分が和風な感じにつながって、面白いですね。
個人的にこの合わせ技的な一杯が、結構ツボにはまりました。
双方のなうまみが押し寄せてくる感じで、実に美味しいですね。


続いて麺を
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12443748683-14364691833.html

中太に近い麺は加水率やや高めの少しうねりを伴うタイプ。
茹で加減やや固めで、しっかりとしたスープに良く合っていますね。
背広なので、しっぱねしない様に慎重に啜ります。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、鶏団子、味玉、メンマ、刻み玉葱、刻み青菜、生海苔。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12443748683-14364691843.html

そして増した分のミックスチャーシューは燻系の肩ロースタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12443748683-14364691835.html

豚バラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12443748683-14364691838.html

更には鴨チャーシューもお願いしました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12443748683-14364691840.html

はりけんさんの代名詞でもある鶏団子も健在ですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12443748683-14364691847.html

味玉は安定のゼリー状タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12443748683-14364691845.html

メンマは穂先タイプで、心地よい柔らか食感。

刻み玉葱に、青菜の刻みもはりけんさんらしいところ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12443748683-14364691851.html

生海苔がまたスープに溶かすと風味がぐっと上がりますね。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12443748683-14364691852.html


鶏白湯と魚介のミックスされたこの和風スープも実に美味しいですね。
そしてプチの予定でしたが、十二分な肉祭り状態にもご満悦。
しっかりと満足させていただきました。

そして帰り際に、スーパーへ買い物に寄ったところ・・・
はりけんさんの生めんタイプのラーメンが発売されているではありませんか。
因みにその隣には某店のラーメンも大量に積まれてました。
◯ークベニ◯さんで店舗限定(恐らくつくば近辺かと)の発売の様ですね。
はりけんさんの冷凍餃子も売っていますので、是非お試しください。

今年食べたチャーシュー212枚/51杯


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 7件

「塩ちゃーしゅーめん(1030円)」@松屋食堂の写真2月23日(土)8時過ぎに訪問。先客1人。後客6人。

この日は山岡家さんで朝ラーして、もう一軒行ってみることに。
つくばの松屋食堂さんへ2回目の訪問です。
近くのパーキングへボロ車を止めて店内へ。
左手の券売機で食券を購入します。
限定は出てないようですが、塩のボタンが生きているようです。
食券を購入後は、カウンター席に座り店主さんへ食券を渡します。
お一人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12442565188-14361912402.html

動物系は鶏が使われているでしょうか。
魚介系は煮干しがあわせられており、じんわり系の清湯スープ
塩ダレも出過ぎず、スープとうまく調和している感じですね。
このテイストも、朝だと余計美味しく感じるかもですね。
実に美味しいスープです。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12442565188-14361912404.html

太麺は加水率高めの平打ち系の縮れタイプ。
いわゆる手もみ系の麺で、少しぴろっとした感じの食感。
適度に腰もあり、美味しい麺ですね。
麺は松屋製麺所さんの麺を使われているようです。
体感的には180gくらいあるように感じました。

具材はチャーシュー、メンマ、刻み葱。

チャーシューは豚のバラタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12442565188-14361912413.html

ロースの低温系のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12442565188-14361912407.html

バラはとろける食感で、ロースも絶妙な仕上がりですね。
葱はスクエアーに切られている感じですね。
コリコリのメンマがまたいいですね。

後半は卓上の一味を少しかけてみます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12442565188-14361912416.html

ぴりっと引きしまり、最高ですね。是非お試しください。


美味しいスープを飲み干し完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12442565188-14361912420.html


沁みる感じの美味しい塩ラーメンでした。
この麺がやはり最高ですよね。
対応してくださっているかは不明ですが、出来れば柔らかめも
コールしてみたいですね。
また、朝に食べたくなった時に是非お邪魔したいと思います。

今年食べたチャーシュー186枚/48杯


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

「エビらーめん(980円)+ちょい飲みセット1058円」@中華料理ゆきむら 真鍋店の写真2月22日(金)21時半頃訪問。先客10人位。

この日は会社のイベントで、某ホテルで宴会が行われました。
コース料理に飲み放題、芸人のショーなど楽しませていただきました。
しかし、トランプを4つに「しっちゃばいて」、元に戻すのって???
自分の手のひらの中で、それをされて、驚きました。
さて、それなりにお腹が一杯でしたが、宿泊前に〆ラーに。

歩いてける距離で未訪だった中華食堂のゆきむらさんへ。
券売機はなくメニューを見て口頭注文、後会計制です。
散々飲んだ後でしたが、まずはちょいのみセットから。(税込み1058円)
おつまみAグループ、Bグループから夫々1品を選び
飲み物もグループから選択する3店セットになります。
唐揚げにスタミナ餃子、生ビールでお願いしました。

まずは生ビール。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12442525515-14361795122.html

お次は唐揚げ、5個とレタスが添えられています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12442525515-14361795106.html

スタミナ餃子は、皮が緑色していますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12442525515-14361795116.html

軽く飲み食いして、ようやく〆のラーメンを。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12442525515-14361795090.html

動物系は鶏などのライトな清湯系のタイプ。
塩ダレは化調等で整えられていそうですが、炒められた
海老や野菜などのうまみも出ていて、優しい感じの仕上がりですね。
飲んだ後には、このあっさりした感じのスープがいいですね。
ただ、餡かけですので超熱々、やけどには注意ですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12442525515-14361795096.html

中太麺は加水率固めの少しウエーブのかかったタイプ。
茹で加減ほど良く、ムニュッとした感じの食感の麺ですね。
餡が絡んで、持ち上げがよいのですが、前述のとおりアツアツなので
ふーふーしながら啜る感じですね。
麺量は160g前後。

具材は海老、ハム、うずら、白菜、人参、青菜、筍、きくらげ、ヤングコーンなど

プリプリの海老が沢山入っていますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12442525515-14361795099.html

具材の火の通し加減も良く、この時期は特に白菜も美味しいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12442525515-14361795102.html


最後までアツアツのまま堪能し、完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12442525515-14361795111.html


ちょいのみセットは、税抜きだと980円ですが、外税なので1058円に。
出来れば1Kジャストにしてもらえると尚嬉しいですね。
とは言っても、単品でオーダーするよりは、454円お得です。
海老ラーメンは、プリプリの海老が沢山乗っていて、優しい塩味。
餡かけのアツアツラーメンで、冬は特に美味しいですね。
大箱100席クラスで、家族連れやグループでの訪問が重宝しそうですね。

今年食べたチャーシュー179枚/46杯


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「塩チャーシューメン+唐揚げ5個(1200円)」@水戸中華そば むじゃき食堂の写真2月16日(土)14時半過ぎに訪問。先客8割くらいの混雑ぶり。

この日は水戸の未訪問店攻略で、浜田屋さんに続きむじゃき食堂さんへ。
混雑時間帯をずらしての訪問ですが、人気で混雑していますね。
お店の前の駐車場が空いていたので、ボロ車をピットイン。
店内へ入ると券売機はなく口頭注文、後会計制でした。
少し前にシステムが変わったみたいですね。

カウンター席へ案内され、表題メニューを注文します。
従業員さんは未確認ですが、4人くらいはいらしたかと思います。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12441397971-14359140911.html

動物系は鶏が中心のタイプ。
全体的にあっさり系ではありますが、貝系のうまみもしっかり伝わってきます。
こってりさせずに、深みのある味わいを醸し出してくれているところがいいですね。
ありそうでなかった感じのスープにも思えます。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12441397971-14359140915.html

中細麺は加水率やや高めのストレート系。
茹で加減しっかり気味で、少し柔らかめの食感ですね。
このあたりも食べ手のお客様層を考慮しての配慮でしょうね。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、なると、メンマ、わかめ、刻み葱。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12441397971-14359140917.html

ブロックスライスタイプで、大判で、トロトロ柔らか食感ですね。

メンマは平たいタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12441397971-14359140918.html

結構量も乗っていますね。

そしてわかめは柔らかく、良質のものがトッピングされています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12441397971-14359140920.html

そして新メニューの唐揚げ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12441397971-14359140925.html

5個か10個があったので、とりあえず5個でお願いしました。
からっといい塩梅に揚げられており、ちょっと薄味がポイントでしょうか。
個人的には、もう少し味濃いめだと嬉しいかも。
まあ、次回は間違いなく10個以上頼むと思います。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12441397971-14359140926.html


貝出汁の効いたあっさりながらにしっかりと美味しい塩ラーメンでした
唐揚げもメニューに加わったのは嬉しいところですね。
通し営業なのも嬉しいですし、是非他のメニューも頂いてみたいです。
提供時に、ちょっとトレーが斜めになって、スープがこぼれてしまいました。
店員さんの手が、やけどしなかったか、ちょっと心配です。

今年食べたチャーシュー169枚/42杯


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「塩チャーシューメン(740円)+味玉60円」@ラーメンショップ 牛久結束店の写真2月4日(月)21時過ぎに訪問。先客10数人。後客多数。

この日は新店で1杯頂いた後に、結束のラーショさんへ。
背脂は背脂を呼ぶで、連食してみました。
この時間帯でもやはり人気店、混雑していますね。
2台ある券売機で食券を購入します。
味噌と悩んだ挙句、塩を頂くことにしました。
太麺の麺固めをコールして配膳を待ちました。
この時は男女4人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438316724-14351747507.html

動物系は豚が中心のタイプ
表層には背脂が多めに乗ってくるラーショスタイル。
塩は初動でホタテっぽい風味を感じ、ガツンとしたうまみが。
この塩もまた中毒性のある味わいですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438316724-14351747511.html

中太麺は加水率やや高めのストレート系。
茹で加減やや固めで、理想的な仕上がり。
結構噛み応えがあり、いい感じですが、デフォでも食べてみたいですね。
麺量は160g前後。

具材はチャーシュー、味玉、メンマ、わかめ、刻み葱、板海苔。

チャーシューは豚のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438316724-14351747519.html

箸で簡単に解れる、ホロホロのタイプですね。
端豚は、こんな感じで、結構な厚みがありました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438316724-14351747526.html

味玉がまたいい仕上がりで、黄身の色も濃いですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438316724-14351747523.html

メンマやわかめのアイテムも、こちらの定番ですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438316724-14351747533.html

多めの刻み葱に、板海苔もありがたいアイテムです。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438316724-14351747535.html


ホタテを感じるしっかりとしたうまみの背油系ラーメンでした。
遅い時間帯でも人気は変わらず、混雑していますね。
次回は味噌か、つけ麺あたりも狙ってみたいと思います。
夜の時間帯は、女性店員さんも昼とは事なるようですね。(当たり前か)

今年食べたチャーシュー122枚/32杯


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 7件

「タンメン(800円)+肉増し+餃子」@中華そば 飯村製作所の写真1月24日(木)20時半頃に訪問。先客8人。後客4人

この日は残業を終えて飯村さんへ。
麺友さんのレビューも、味噌や炒め系、餡かけなど冬に美味しい一杯が多く、
ビビットきたのは飯村さんのタンメンでした。
ボロ車で向かうと、以外にも駐車場は空きが多めです。
もしや、と思ったのですが、営業中で助かりました。
しかも、先客の方々も8人と中々の賑わいでした。
食券を店員さんへ渡し、カウンター席へ。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12435754783-14345621340.html

動物系は豚が中心の清湯系タイプ。
塩の加減も相変わらずで安定のうまさですね。
食べ始めた時に、カレーポウダーで味変しようと考えていましたが
結局うまいので、最後までそのまま続行です。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12435754783-14345621347.html

中太に近い麺は加水率中くらいのストレート系。
茹で加減ほど良く、啜り心地の良い麺ですね。
飯村さんの自家製麺も可也クオリティー高いですね。
麺量は200g。

具材はチャーシュー、豚肉、なると、もやし、キャベツ、ニンジン、
木耳、刻み葱に生姜も添えられています。

チャーシューは豚のロースタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12435754783-14345621349.html

最近はこのチャーシューが安定のデフォタイプですね。

野菜は鍋振りバッチリの炒め加減で、特に今回はボリューム満点。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12435754783-14345621351.html

今回は餃子も頼んで、タンギョーにしました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12435754783-14345621360.html

炊き目の部分は程よくこんがりで、かりっとしていますし、
焼きめでないところは、もっともちで、実に美味しいですね。

後半に生姜を混ぜると、さっぱりと味わい深くなりますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12435754783-14345621354.html


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12435754783-14345621365.html


いつ食べても美味しいタンメンですが、やはり冬は特に格別ですね。
今回はタンメンラス一だったようで、野菜のボリュームも満点でした。
味変を忘れて食べ進むくらい、バッチリな一杯なのですが、
カレーポウダーも活躍させてみたい気がします。
次回はチャレンジしてみます。

今年食べたチャーシュー61枚/20杯


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 19件

「トロ豚油そば(990円)」@土浦麺処 龍乃舞の写真1月23日(水)20時50分頃訪問。先客3人、後客6人。

この日は龍介さんで癒しを受けて、桜町で更なるリフレッシュを。
と一戦延長の前に、龍乃舞さんへ行ってみることに。
目の前のコイパにボロ車を止めます。
この時間帯は路駐も多いですね。触らぬ神に畳三畳ですので、近づかないように。
店内へ入り食券を購入します。

未食だった油そばを頂くことにしました。
色々トッピングのボタンも用意されていましたが、まずはデフォ+トロ豚にて。
店主さんと女性店員さんの2人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。

まずは具材のチェックから。

チャーシュー、生卵、メンマ、なると、刻み葱。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12435528896-14345106342.html

デフォルトでも1枚ついてくる感じですが、トロ豚の場合、3枚のってきました。
程よい柔らかさで美味しいですね。

こちららしさ?は、卵黄でなく、生卵全体が乗せられてきますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12435528896-14345106344.html

メンマは極太のタイプで、
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12435528896-14345106348.html

白髪葱が多めに入っていますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12435528896-14345106352.html


では、早速混ぜ混ぜして頂きます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12435528896-14345106354.html

太麺は加水率高めの少しうねりを伴うタイプ。
もっちもちな感じで、美味しい麺ですね。
麺量は250g位でしょうか。

塩ベースのタレは、ちょっと味が薄めの印象。
そのかわり、ブラックペッパーが多めにかけられており、ちょっと刺激的。
油も多めで、これぞ油そばの教科書的な感じですね。

新鮮な卵は混ぜても崩れなかったので、そのまま後半までキープ。
 
再度しっかりと混ぜ合わせてただきます。
 ↓ 
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12435528896-14345106359.html

マイルドになっていいですね。
卓上にカレーポウダーあたりがあれば、なお良い味変が施せそうですね。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12435528896-14345106364.html


麺の特徴がしっかりと活かされた、美味しい油そばでした。
トロ豚のクオリティーも高く、ペッパーの刺激が爽快な一杯でした。
隣の方はマヨトッピング(値段失念)しているようでした。
出来れば無料の方がありがたいですが、次回やってみたいと思います。

今年食べたチャーシュー58枚/19杯


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 4件