なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ももも

男性

自分のページにお越しいただきありがとうございます。

平均点 83.090点
最終レビュー日 2019年10月23日
2,712 1,065 1 29,634
レビュー 店舗 スキ いいね

「特製味噌ネギチャーシュー麺(1100円)」@山岡家 千葉中央区店の写真10月14日(月・祝)7時20分頃訪問。先客4人。

この日は杉田家が食べたくなり、早朝から千葉市へ。
この時間帯に空いているお店は限られるので、未訪だった山岡家さんへ。
24時間営業なので、時間帯を選ばず訪問出来るのはありがたいですね。
広々とした駐車場が完備されているのもありがたいところです。
入店すると左手にハイテク券売機が2台設置されています。
この辺りも各店舗統一の感じですね。

期間限定のメニューも出ていましたが、お気に入りの特製味噌を。
※トッピングが特製ではなく、味噌のグレードアップVerです。
お好みは麺固めでお願いしました。
男性店員さんが2人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12536361627-14616262817.html

動物系は豚のタイプ。
表層のアブラも適量な感じで、デフォルトでも味濃いめなところがいいですね。
特製味噌はこの味わいが何とも言えないうまさが好きだったりします。
アツアツで、惜しげもなくスープ量が多いのもいいですね。
家系からの連食だったこともあるせいか、獣臭も気になりませんでした。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12536361627-14616262821.html

中太麺は加水率やや高めのストレート系。
ゆで加減固めで、コール通りの仕上がりですね。
最近では、固めより上のバリカタコールも出来るようですね。
もっちりした食感の麺は、やはり山岡家さんの象徴ですね。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、ほうれん草、ネギ、板海苔。

チャーシューは豚の肩ロースタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12536361627-14616262825.html

ホロホロに仕上がっており、切るのが大変そうですね。

ほうれん草は少量ですが載ってきます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12536361627-14616262831.html

そしてネギは白髪ねぎに味付けがされていて、いいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12536361627-14616262828.html

でも、個人的にはラーメンショップのネギの方が好きです。
山岡家さんは、シャキッとした歯ごたえの点ではいいですね。

板海苔は厚手のものが3枚です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12536361627-14616262834.html

これは海苔巻き麺でいただきました。


おいしくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12536361627-14616262838.html


朝から2連食でしたが、安定の山岡家さんを堪能しました。
期間中らしく、サービス券も2枚分ゲットできました。
本当はこの後に近くのいしいさんへ連食予定でしたが、最近食べれなくなり
この時点でギブアップとなりました。
帰りは某所で焼きたてのパンを買って、9時前には帰宅しました。

今年食べたチャーシュー883枚/255杯
今年食べた唐揚げ 125個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「まぜそば ゴマ味噌(750円)+関脇+小豚」@明神角ふじの写真10月9日(水)19時半頃訪問。先客7割くらいの混雑ぶり。

この日は久々につくばの角ふじさんへ。
うおまつさんの交差点から回り込むと、お店の前の駐車場に空きが。
車道から歩道を超えて入庫までアップダウンの差があるので注意です。
入店すると左手の券売機で食券を購入します。
汁なしな気分でしたので、前回いただいて好印象だった表題メニューを。
せっかくですので、小豚と麺増しのボタンもぽちっと
ナイスマダムな女性店員さんへ食券を渡し、辛さは5段階の2でお願いしました。
厨房では店長さんがオペレーションを担当されていました。
ほどなくしてご対麺となりました。

まずは標高のチェックから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406243.html

野菜の盛りはまずまずですが、これ以上多いと混ぜにくいので、
適量でありがたいですね。

具材のチェックから。

チャーシュー、ミンチ、もやし、キャベツ、刻み玉ねぎ、卵黄、マヨ、一味。

チャーシューはデフォルトはサイコロ上のころチャーが。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406246.html

そして小豚の分は大判のバラチャーシューですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406245.html

タレで加温してから載せてくれているところがポイントですね。

そしてミンチも程よく辛さがあって、多めなところもいいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406250.html

ざく切りの刻み玉ねぎがまたいいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406256.html

野菜はもやしとキャベツで、ゆで加減もちょうどいい塩梅です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406271.html

そしてありがたいのがマヨネーズ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406258.html

これが絶大な効果をもたらせてくれます。

そして定番の卵黄も載っています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406252.html


では、少し麺を引っ張り出していただいてみます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406267.html

極太麺は加水率やや低めの経ちぢれタイプ。
ゆで加減固めで、この噛み応えがこの麺の特徴ですね。
あらかじめタレとは絡めてくれていますので、おいしいです。
小結で麺量は400gになります。

少し減らしたところで、マヨ以外をしっかりと混ぜ合わせてみます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406265.html

ゴマ味噌でテイストはまさに担々麵風でおいしいですね。

辛さは前述のとおり2ですが、あらかじめミンチについている分と、
調整されるのは、マヨにかかっている一味の量とのことです。
個人的には、程よいピリ辛を感じる2くらいがジャストです。

後半はマヨネーズを絡ませていただいてみます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406273.html

これが最高で、マイルドに味わいが変化して、いいですね。

最後はころチャーやミンチを蓮華で救うようにしていただきます。


おいしくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406276.html


このゴマ味噌の担々のような味わいが最高ですね。
ピリ辛度合いもよく、半ライスあたりをぶち込んでも合うでしょうね。
次回は久々に基本のラーメン系をいただいてみたいと思います。
それも、デフォか、味噌か、辛い系か、悩みどころです。

今年食べたチャーシュー870枚/251杯
今年食べた唐揚げ 125個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 12件

「ネギ味噌チャーシュー麺(890円)+中盛+チャーシューダブル」@ラーメンショップ 牛久結束店の写真10月8日(火)19時半頃訪問。先客8割くらいの混雑ぶり。後客多数。

この日は肉の日ではないのですが、ガッツリと肉が食べたくなり・・・
超有名人の仮称○カタツさんの派手な味玉トッピングを真似るファンも多いですね。
確かに味玉で埋め尽くされたビジュアルも映えますよね。
入店すると2台ある券売機の片方で食券を購入します。
久々の味噌を選択し、ラーショ系と言えば葱も必須ですね。そしてチャーシュー。
ということで、味噌葱チャーシューをいただくことにしました。

券売機付近で店員さんへ食券を渡し、カウンター席へ。
相変わらずきれいな女性店員さんが働いているのも、たのしみの一つです。
程なくして、厨房とカウンターの仕切りの関係で、隣の女性客の前にご対麺です。
失礼して、自分の前に移動させますが、ちらっちらっと丼への視線が・・・


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534221913-14610942940.html

動物系は豚が中心のタイプ。
結構いい感じに詰まっている感じで、しっかりと豚の感じも出ていますね。
そしてしっかりと濃いめに溶かされた味噌だれが、よりボルテージを上げてくれます。
適度に背脂も浮いており、濃密な感じと表現するのがいいでしょうか。
上振れもあるかも知れませんが、非常に好みの味わいです。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534221913-14610942945.html

中太麺は加水率高めのストレート系。
茹で加減程よく、スープをしっかりとまとって美味しいですね。
中盛だと220g位あるでしょうか。

具材はチャーシュー、メンマ、わかめ、葱、板海苔。

チャーシューは豚のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534221913-14610942949.html

ホロホロに煮込まれていて、気持ち濃いめの味付けもいいですね。
ラーショさんの丼は大きめですので、その表面が肉で覆われています。
重なっている部分もあるので、まさに肉パラダイス。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534221913-14610942952.html

メンマは平たいタイプが。
そしてわかめが乗るところも特徴ですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534221913-14610942959.html

そしてやはりこの葱がもう一つの主役。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534221913-14610942956.html

ですが、肉が多すぎるので、葱が少なく感じてしまいます。
増した方がより楽しめたかも知れません。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534221913-14610942966.html


肉モード全開でしたので、しっかりと満足させて頂きました。
また、スープも可也の好印象で、あらゆる面で満足させられました。
程よく空席もあって、待たずに入店できましたし、ラッキーでした。
帰り際は、一気にお客様が増えて、券売機待ちで大渋滞でした。
やはり、日本一のラーショは健在ですね。
※節目2700でした。

今年食べたチャーシュー866枚/250杯
今年食べた唐揚げ 125個


ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 8件

「海老香味つけ麺大盛(950円)」@麺や 蒼 AOIの写真10月4日(金)20時40分頃訪問。先客10人位。

この日は大きな仕事も一段落して、一杯頂きに。
21時閉店にギリギリ間に合いそうでしたので、久々にAOIさんへ。
ボロ車を止めて入店します。
入口すぐの券売機で食券を購入し、案内されたカウンター席へ。
女性店員さんへ食券を渡し、配膳を待ちました。
O総店主さんはいらっしゃらないようですね。
厨房は男性店員さんがオペレーションなどを担当されています。
程なくしてご対麺となりました。


まずは麺を一本。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12533252656-14608545733.html

太麺は加水率やや高めの平打ち系ストレート。
しっかりと晒されており、つるりと喉越しの良い麺ですね。
噛み応えへはそんなに強くなく、ややピロピロっとした感じがいいですね。
麺量は大盛で330gくらいあるでしょうか。


では早速つけ汁につけて。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12533252656-14608545737.html

動物系は豚が中心のタイプ。
魚介系も合わせられている感じで、しっかりとしたうまみが。
そして味噌の風味も良く、AOIさんらしいテイストも健在ですね。
個人的にはもう少しとろみがあると嬉しいところ。

麺リストアップの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12533252656-14608545740.html

具材はチャーシュー、メンマ、もやし、刻み葱、小エビ。

チャーシューは大き目のサイコロ状タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12533252656-14608545744.html

トロトロで美味しいですね。

メンマは平たいタイプのものが。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12533252656-14608545747.html

もやしはさっと炒められておりシャキッといいですね。
葱の切り方も良く、麺と一緒に頂くとより美味しいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12533252656-14608545750.html

海老油の他に小エビも入っており、程よい海老の主張がまたいいですね。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12533252656-14608545754.html


デフォルトのつけ麺も美味しいですが、海老つけもいいですね。
麺量大盛も普通盛と同料金ですので、連食でないときは大盛にしちゃいます。
本来であればスープ割まで楽しむとより一層楽しめますが、
今回はダイレクトに味わいを焼き付けて終了としました。
最近限定は出ていないようで、そろそろ何かやっていただけると・・

今年食べたチャーシュー844枚/246杯
今年食べた唐揚げ 125個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 29件

「極太麺 辛味噌(900円)+チャーシュー+半ライス」@麺屋 とん嬉の写真9月27日(金)19時半頃訪問。先客10人くらい。後客多数。

この日は仕事を終えて定期ローテーションのとん嬉さんへ。
いつものように補給所の交差点から回りこんでお店の前に。
丁度駐車場も空いており、すんなりと駐車できました。
入店すると入口左手の券売機で食券を購入します。

汁なしの気分でしたので、極太麺のボタンをプッシュ。
しかし、反応が良くないようで、何度かプッシュもうまくいきません。
すると、多分間違えて、汁ありの方のボタンをプッシュしてしまったようです。
でも、気がつかず、肉増しのボタンと半ライスのボタンをプッシュ。

カウンター席に案内され、名ホールの女性店員さんへ渡します。
スープを聞かれたので、辛味噌でお願いしました。
ニンニクありの、野菜は普通にしました。
前回訪問時同様、店主さんと助手さん、女性店員さんの3人体制です。
程なくしてご対麺となりました。


まずは標高のチェックから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531262709-14603462254.html

麺デフォで野菜も普通コールですが、いい感じの標高です。
野菜の頂上から少しカエシをかけてくれているのも嬉しいですね。


少し野菜を削ってから、スープを頂きます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531262709-14603462260.html

動物系は豚のタイプ。
しっかりとしたうまみが伝わってきて、いいですね。
辛味噌は丁度いい塩梅の辛さで、蓮華が進みますね。
非常に中毒性の高い、美味しいスープです。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531262709-14603462264.html

極太麺は加水率高めのストレート系。
茹で加減ほど良く、適度な噛み応えとモチモチ感がいいですね。
いい感じにスープを吸ってくれて、この感じも好きです。
麺量はデフォルトだと200gくらいでしょうか。

天地返しの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531262709-14603462268.html

具材はチャーシュー、もやし、キャベツ、ニンニク。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531262709-14603462273.html

相変わらずの大判で、食感最高、味付け最高。
神豚堪りませんね。
ライスの上にバウンドさせて、贅沢なチャー丼の完成です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531262709-14603462292.html

野菜はシャキッとした茹で加減で、量も多めです。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531262709-14603462282.html

前述のとおりカエシかけてくれており、美味しくいただけますし、
天地返しでスープに馴染ませてもいいですね。

そして半ライス。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531262709-14603462290.html

そのまま頂くもよし、チャー丼にするもよし。

今回はサービスで海苔を頂いたので、海苔巻きライスを堪能しました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531262709-14603462303.html

そしてライスにはおしんこもついてきます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531262709-14603462297.html

これが甘めの漬け加減で、お口直しにピッタリです。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531262709-14603462315.html


汁なしとボタンを間違えてしまいましたが、結果オーライでした。
辛味噌も実に美味しくて、中毒性が高いですね。
追加した半ライスもいい仕事をしてくれました。
今回はスタンプカードもしっかり押してもらいましたし、また次回も。
今度は、お持ち帰りも頼んでみたいと思います。

今年食べたチャーシュー839枚/242杯
今年食べた唐揚げ 115個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 8件

「豚骨みそチャーシュー麺(900円)」@関東風とんこつらーめん 五衛門 谷田部店の写真9月18日(水)19時頃訪問。先客5人。後客3人。

この日は喜元門さんで名古屋コーチンを頂き、もう一軒。
約9年ぶりにこちら五衛門さんへ寄ってみることに。
近くの商業施設アッセは閉館してしまい、周辺は閑散としていますね。
お店の前の駐車場にボロ車を止めて入店します。
入店し右手の券売機で食券を購入します。

空いているカウンター席で店員さんへ食券を渡します。
お好みを聞かれましたので、麺固めでお願いしました。
店主さんと男性店員さんの2人で切り盛りされていました。
次回から使える餃子無料券2枚も頂きました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12528616744-14596325760.html

動物系は豚が中心で少し鶏も使われているでしょうか。
あわせる味噌はちょっとしょっぱい感じで主張してきますね。
出来ればアブラ増しして、背脂を増した方がよりバランスが良くなるかも。
少しだけ、千葉のなりたけさん等にも近いようなテイスティングですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12528616744-14596325767.html

中太麺は加水率やや高めで少し自然なうねりを伴うタイプ。
茹で加減固めで、もちっとした中々美味しい麺ですね。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、味玉、メンマ、もやし、刻み葱、板海苔。

チャーシューは豚のバラロールタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12528616744-14596325775.html

枚数充実していますが、もう少し厚みが欲しいところ。
一口でいただけるのは食べやすくていいですね。

そしてこちらではデフォルトで味玉がついてくるみたいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12528616744-14596325781.html

いい感じのゼリー状に仕上がっていました。

メンマは平たいタイプが。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12528616744-14596325796.html

刻み葱はこの手のラーメンには必須ですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12528616744-14596325786.html

そして少量ですが、シャキシャキのもやしも入っていました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12528616744-14596325803.html

途中で卓上のペッパーを投入し、少し変化をもたらせます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12528616744-14596325812.html


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12528616744-14596325819.html


千葉の背脂チャッチャ系にも近い、背脂豚骨の味噌ラーメンでした。
茨城だと、この手の一杯が在るようで、あまりないかもですね。
次回はアブラ増しで頂きたいと思います。
餃子無料券も期限があるので、出来れば切れないうちに。
因みに、茂原にも同じ店名のお店があるようですね。
また、閉店してしまいましたが、千葉の稲毛区や江戸川区の平井にもあったようです。

今年食べたチャーシュー814枚/233杯
今年食べた唐揚げ 110個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

「味噌豚そば(900円)」@激辛ラーメン専門店 レッチリ 土浦本店の写真9月10日(火)19時40分頃訪問。先客6人。後客2人。

この日は久々にレッチリさんへ行ってみることに。
お店の前を通過すると、少し空席も見えたので、近くのコイパにピットイン。
入店すると空いているカウンター席へ。
券売機はなくメニューを見て口頭注文、後会計制となります。
メニューも多くなったようで、辛くない二郎系、辛い二郎系、汁なしもありますね。

本来は辛い系が売りのお店ですので、そちらを選択しようと思ったのですが、
辛くない系で味噌もあるようでしたので、そちらをいただくことにしました。
店主さんお一人での切り盛りですね。
提供前のコールはヤサイ、アブラでおねがいしました。
待望のご対麺となりました。


まずは標高のチェックから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12525025326-14586706996.html

ヤサイコールも麺が普通盛ですので、安心の標高ですね。


では早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12525025326-14586706999.html

動物系は豚のタイプ。
味噌ダレは白味噌ベースな感じで、オーソドックスな感じですね。
追加した背脂とスープを早々に一緒にいただくと、これがまたいいですね。
全体的にライトな印象ですが、しっかりとしたうまみが伝わってきます。
出来ればニンニクを入れた方がマストでしょうね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12525025326-14586707002.html

太麺は加水率やや高めのストレート系。
茹で加減程よく、もちっとした美味しい麺ですね。
デフォルトの場合、そんなに多めでもないので、大盛りもありですね。
麺量は体感的に200g前後。

天地返しの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12525025326-14586707005.html

具材はチャーシュー、もやし、キャベツ。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12525025326-14586707008.html

大型の一枚はちょっと薄めのスライスで、脂ののりは多めですね。

更には端ブタの部分と、脂の部分も添えてくれていました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12525025326-14586707011.html

ヤサイは可也早ゆでな感じで、シャキッとしていますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12525025326-14586707013.html

早々に天地返しを施してなじませますが、最後までアツアツがキープできます。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12525025326-14586707017.html


オーソドックスな感じの味噌の二郎系の一杯でした。
食べ手を選ばずにいただける感じですが、二郎系としていただくには、若干普通っぽいです。
レッチリさんらしさを主張するキーとなる何かがあるといいように思えました。
とは言え、辛い系が得意のお店ですので、辛くないメニューを選択できることが○ですね。
次回は辛い系の汁なしを試してみたいと思います。

今年食べたチャーシュー784枚/224杯
今年食べた唐揚げ 104個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 5件

「辛味噌ラーメン(890円)+味玉100円」@ラーメン異国龍の写真9月5日(木)19時半頃訪問。先客4人。後客2人。

この日は辛い系が食べたくなり、異国龍さんへ行ってみることに。
少し前に初訪問を果たし、今回2回目になります。
場所は覚えたので、スムーズにたどり着きました。
お店の前の駐車場が空いていたので、ピットインします。
車止めまでバックすると、ボロ車はお尻がデカいので、すれすれでした。
少し狭いので、気を付けましょう。

入店すると左手の券売機で食券を購入します。
千円札がなかったので、両替をお願いしました。(お手数おかけしました。)
担々麺と悩んだ挙句、辛味噌をいただくことにしました。
外国人の店主さんと女性店員さんの2人での切り盛りです。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522728234-14580789513.html

動物系は豚が中心のタイプ。
少しだけ、背脂も入っていますでしょうか。
味噌感がちょっと控えめな感じですが、なかなか刺激的な辛さが。
そしてチーズがトッピングされてるようで、少し辛さが緩和されマイルドに。
激辛ってほどではありませんが、結構癖になる味わいですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522728234-14580789519.html

中細麺は加水率やや高めのストレート系。
茹で加減程よく、汎用性の高い感じの麺ですね。
少し足は速い感じもします。
因みに、ストレートか縮れ麺を選ぶことが出来るようで、ST選択でした。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、味玉、チーズ、刻み葱、バラ海苔、カイワレ、糸唐辛子。

チャーシューは豚のバラタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522728234-14580789526.html

豚の肩ロースタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522728234-14580789541.html

バラは端ブタの部分で、可也のボリュームでした。
肩ロースはほろほろで端で持ち上げると崩れてしまい感じでした。

味玉はいい感じのゼリー状タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522728234-14580789548.html

チーズは前述のとおり、とろーりスープと融合し、マイルドに変化します。

バラ海苔も不思議といいものですね。

カイワレと刻み葱、糸唐辛子はビジュアルもいいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522728234-14580789557.html


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522728234-14580789566.html


刺激的な辛さと、背脂のコク、チーズのマイルドさをもった辛味噌ラーメン。
チャーシューも充実で、なかなか面白い一杯ですね
麺はちょっとオーソドックスな印象でしたが、機会があれば縮れ麺も
試してみたいですね。

今年食べたチャーシュー760枚/219杯
今年食べた唐揚げ 104個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 2件

「みそチャーシューメン(1230円)+大盛100円」@大勝軒ROSSO-ロッソ-の写真9月3日(火)19時半頃訪問。先客7人くらい。

この日は味噌ラーメンが食べたくなり、定期訪問のロッソさんへ。
その前に世界一のラーショさんへ浮気しそうになりましたが、相変わらずの混雑でした
誘惑に負けずお店に到着すると、駐車場に無事ピットインです。
限定も出ているようでしたが、食べたい味噌をいただきます。
特製と悩んだ挙句、チャーシューを選択しました。
女性店員さんへ食券を渡して案内されたカウンター席へ。
ホールの女性プラス厨房は男女店員さんが切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522354579-14579978433.html

動物系は豚が中心のヘビードロンジョ系のタイプ。
蓮華が沈まない感じのドロドロ感が堪りませんね。
以前よりも味噌の風味は少し弱くなったような気もしますが、
食べやすい味わいに仕上げてくれていますね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522354579-14579978437.html

中太麺は加水率やや高めのストレート系。
茹で加減程よく、もちっと美味しい麺ですね。
ドロ系のスープはしっかりとまとわり、持ち上がりありますね。
ただし、その分しっぱね注意です。

具材はチャーシュー、メンマ、なると、コーン、刻み葱、板海苔。

チャーシューは王道の豚バラタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522354579-14579978441.html

鶏の低温系のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522354579-14579978446.html

更にロース系の低温系のタイプと、
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522354579-14579978452.html

炙りタイプと肉祭り状態です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522354579-14579978457.html

ここ数年のロッソさんは、チャーシューの種類も充実で楽しませてくれます。
移転先から戻りましたが、元々こちらで営業されていたころは、バラチャーが
沢山乗ってくる仕様でしたね。

メンマは節っぽい味付けも付与されている感じの平たいタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522354579-14579978470.html

味噌ラーメンの定番のコーンも乗ってきます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522354579-14579978484.html

シャキッとした刻み葱は爽やかでいいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522354579-14579978495.html

板海苔は海苔巻麺で頂きました。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12522354579-14579978504.html


茨城大勝軒系では、たしかどの店舗にも味噌ラーメンがあるのですが、
これが可也お店によって異なっており、ロッソさんは特化してドロ系ですね。
券売機を確認すると、どはまりしているごまつけも健在の様でした。
定期的に限定も提供してくれているようですので、引き続きお邪魔したいと思います。

今年食べたチャーシュー758枚/218杯
今年食べた唐揚げ 104個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 8件

「富士チャーシューメン味噌(950円)+唐揚げ」@優勝軒 日立店の写真8月31日(土)12時50分頃訪問。先客中待ち12人くらいへ接続。後客多数。

この日は午前中用事を済ませて、日立方面へ向かってみることに。
何店か新店がオープンしており、悩みましたが、駐車場が広そうなこちらへ。
常磐道も順調に進み、あおられることもなく、無事にお店に到着しました。
因みにそのすぐ手前には、麺次郎さんのお店もあり、懐かしいですね。
店内には結構な中待ちの方がいらっしゃいましたが、とりあえずウエイトボード記入。
割と回転はよく、少し待つとカウンター席へ案内されました。

券売機はなくメニューを見て口頭注文、後会計制となります。
悩んだ挙句、他の方に提供されている富士ラーメンがいい盛り付けでしたので、
自分もいただいてみることにしました。
麺量はデフォルトか大盛にするか、ですが、連食予定でしたので、普通で。
醤油、味噌、辛味噌と選べるので、味噌をお願いしました。
更に、こちらでは唐揚げの取り扱いもあるので、唐揚げもコールします。
店員さんは全部で5人くらいで切り盛りされてました。
程なくしてご対麺となりました。


まずは標高のチェックから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12519966319-14573783440.html

野菜まししていませんが、デフォルトでも400gあるらしく、中々の標高です。
角ふじ麺らしく、頂上ではありませんでしたが、漬けニンニクも乗ってきますね。


少し野菜を削った後に、スープを頂いてみます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12519966319-14573783457.html

動物系は豚の濃厚寄りのタイプ。
表層には細かめの背油も多めに投入されていますね。
うまみの強い白味噌ベースのスープは、しっかりと味も濃い目ですね。
食べ手を選ばずいただける感じの仕上げ方といった感じでしょうか。
早めに漬けニンニクを融合させると、より一層おいしくいただけますね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12519966319-14573783471.html

太麺は加水率やや高めのストレートタイプ。
茹で加減よく、もちもちで美味しい麺ですね。
デフォルトだと、麺量は200gくらいでしょうか。

天地返しの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12519966319-14573783482.html

具材はチャーシュー、もやし、キャベツ、刻み葱、漬けニンニク。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12519966319-14573783499.html

ブロックの煮豚をスライスした感じでしょうか。
まずまずの厚みで、大きさもいい感じですね。

野菜はもやし中心ですが、綺麗な山を形成しています。
ニンニク醤油たれもついてくるので、お好みでかけるといいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12519966319-14573783509.html

そして頂上には刻み葱を添えてくれてるのがポイントですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12519966319-14573783520.html

漬けニンニクは割と効き目のある感じで、スープのブーストアップに貢献。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12519966319-14573783531.html

そして一緒に注文した唐揚げ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12519966319-14573783541.html

平たい感じで割と1つが大きめですね。
ジューシーな仕上がりで、野菜も添えてくれているのがうれしいですね。
もちろん、マヨネーズもついてきます。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12519966319-14573783560.html


綺麗に盛られた多めの野菜が特徴的なふじ麺系の一杯でした。
麺はストレートですが、この麺も美味しいですね。
個人的には刻み葱が乗ってくるところがポイント高かったです。
唐揚げも個数単位で注文できますし、大箱ですので、ご家族でも行きやすいですね。

※唐揚げカウンターが大台に乗りました。

今年食べたチャーシュー746枚/215杯
今年食べた唐揚げ 101個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件