なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ももも

男性

自分のページにお越しいただきありがとうございます。

平均点 83.077点
最終レビュー日 2019年3月19日
2,517 977 1 27,733
レビュー 店舗 スキ いいね

「太肉チャーシューカレー坦々麺(980円)+ターメリックピラフ」@四条富小路 麺屋虎杖 有楽町の写真2月20日(水)11時半頃訪問。7割位の混雑ぶり。

この日は日比谷の本社へ出張。
会議は午後からでしたので、お昼を有楽町で頂くことに。
季節はずれな感じの冬らしくない、温かい日でした。
東京交通会館の地下に入っていきます。
ひょっとこさんは、相変わらずの行列が出来ていますね。

今回は未訪の虎杖さんへ行ってみることに。
券売機はなくメニューを見て口頭注文、後会計制です。
基本はカレー坦々のみで、汁そばとつけ麺があります。
あとはトッピング違いで構成されていますね。
店内は4人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12442289033-14361142959.html

動物系は鶏ガラあたりが使われているでしょうか。
野菜などのエキスで、ベーススープが支えられている感じ。
味わい的にはカレーが主体の味わいで、複数のスパイスも
程よく調合されており、癖になる味わいですね。
坦々の部分もどちらかと言うと香辛料が主体の感じですね。
相対的な程よい辛さも魅力のひとつですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12442289033-14361142965.html

中細麺は加水率高めのストレート系。
茹で加減ほど良く、プリプリとした食感の麺ですね。
Yシャツへしっぱねしないように注意して啜ります。
※紙エプロンもコールすれば使う事が出来ます。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、肉味噌、インゲン豆。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12442289033-14361142969.html

いわゆる角煮のようなスタイルで、なかなか大きな塊ですね。
味付けも良く、絶妙な食感が堪りませんね。

中央には肉味噌と、インゲン豆も添えられています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12442289033-14361142973.html

そしてランチタイムは150円でいただけるターメリックピラフ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12442289033-14361142974.html

ちょっと固めでぱらぱらの仕上がりですね。
トッピングは3種類から小エビをチョイス。

後半はライスにドボンしていただきます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12442289033-14361142977.html


この食べ方が堪りませんね。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12442289033-14361142979.html


香辛料が癖になる美味しいカレー坦々麺でした。
大きな肉も存在感があって、食感も良くいいですね。
後輩が食べていたつけ麺も美味しそうでした。
因みにパーコートッピングもありますので、肉祭りも可能かと。
物量的にはチャーシュー複数枚に相当しますが、カウントは塊の数2で。

今年食べたチャーシュー179枚/45杯


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「限定 カレつけ(900円)+半ライス100円」@味箪笥の写真2月10日(日)13時半過ぎに訪問。先客10人くらい。

この日は花菱さんで味噌を頂き、本命の味箪笥さんへ。
先日ぐるさん(がちまやー)さんが食べていた限定が気になったので、
突撃してみました。
待ちはなく、券売機で食券を購入すると、すぐにカウンター席へ。
食券を渡す際に、カレーでお願い出来ますか。と伝えると大丈夫でした。
女性店員さんの爽やかな笑顔がとても印象的でした。
店主さん中心に4人での切り盛りだったと思います。
程なくして待望のご対麺となりました。


まずは麺を一本。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12440214221-14356301898.html

太麺は加水率高めの平打ち系のストレートタイプ。
しっかりと晒されており、非常に艶やかで輝いていますね。
以前よりも若干噛み応えを押さえた感じで、程よい噛み応えですね。
ぐるさんのレビューにも書かれていたのを読み直して、成程と感じます。
実に美味しい自家製麺ですね。
デフォルトでは麺量は230gとなります。


では、早速つけ汁につけて
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12440214221-14356301900.html

動物系は豚が中心の濃厚系のタイプ。
しっかりとしたスープで作られたカレーのつけ汁は、中々ヘビー級
濃厚でかつ粘性もあるので、ばっちりと麺に絡みますね。
味わいも素晴らしく、堪りませんね。

麺リフトアップの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12440214221-14356301905.html

具材はチャーシュー、味玉、メンマ、カイワレ、板海苔。
つけ汁にもチャーシュー、ミンチ、刻み玉葱、刻み葱、唐辛子、魚粉。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12440214221-14356301909.html

ビジュアルもきれいですが、大きさも味も最高級ですね。

味玉は半玉分ですが、安定のゼリー状タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12440214221-14356301913.html

メンマもいい食感でこだわりのある感じですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12440214221-14356301918.html

つけ汁の方にも、チャーシューの刻みが多めに入っています。
また、ミンチもしっかりと入っていて、更に味わいを深くしてくれます。

多めの刻み玉葱も、新玉葱でざく切りで、ばっちりですね。

そして半ライスには麺上のチャーシューをバウンドさせました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12440214221-14356301925.html

可也のご飯の量でしたので、最初はチャーシューで頂きます。

そして麺を食べ終えた後は、卓上のスープ割を少々投入します。
でもって、鉄板の飯割を施します。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12440214221-14356301928.html

至福のひと時、最高ですね。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12440214221-14356301934.html


帰り際には店主さんがお声をかけてくださいました。
そういった気づかいが非常に嬉しいですね。ありがとうございます。
接客も良く、ハイクオリティーな一杯を頂ける素晴らしき名店ですね。
濃厚系でボリュームもあり、大満足な一杯でした。
次、とも思ったのですが、そのまま余韻にしたり、この日の麺活は終了です。

今年食べたチャーシュー154枚/39杯


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 6件

「限定 カレーワンタン麺(800円)+小ライス+豚」@麺屋 とん嬉の写真この日はカレーの限定が出ているこちらへ。
実は前日も伺ったのですが、駐車場がいっぱいで、入れませんでした。
と言うことで、日を改めてリベンジ訪問です。
今回は駐車場に空きもあり、すんなりと入店できました。
券売機で食券を購入します。

限定のボタンは右の中段位にあり、すぐに発見出来ました。
鉄板必須の小ライスもポチっと。
いつもの女性店員さんへ食券を渡し、カウンター席へ。
店主さんと女性店員さんの2人での切り盛りでした。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438909456-14353081576.html

動物系は豚が中心のタイプ。
恐らくベーススープはデフォルトと一緒だと思います。
比較的さらりとしており、わりと塩分濃度も押さえてくれており、
カレー風味に適度なうまみがマッチして美味しいスープですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438909456-14353081578.html

中細麺は加水率やや高めのストレート系。
茹で加減程よく、若干やさしめの印象の麺ですね。
二郎系以外のメニューは未食ですが、そちらと共用の麺でしょうか。
しっぱねに注意しながら啜ります。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、ワンタン、味玉、刻み葱。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438909456-14353081580.html


相変らずの神豚で、食感もボリュームも申し分ないです。
今回は2枚増しました。

そしてワンタン。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438909456-14353081583.html

皮も餡も非常に柔らかい感じで、ちゅるっといただけますね。
特筆すべきはそのボリューム感。
食べても食べても出てくる感じです。

味玉も程よいゼリー状で、いい仕上がりですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438909456-14353081581.html

多めの刻み葱もありがたいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438909456-14353081588.html

そして小ライス。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438909456-14353081590.html

まずはチャーシューを乗せて、チャー丼的に頂きます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438909456-14353081593.html

そして最後は、スープにドボンして、飯割で。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438909456-14353081596.html

最高ですね。
そしてたくあんこうこでお口直しして完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438909456-14353081598.html


美味しいカレーワンタンラーメンでした。
ヘビーな一杯を想像していましたが、くどくなく、軽やかな主張と言いますか、
ツボを押さえた、美味しいカレースープでした。
ワンタンも可也の個数が入っており、味玉もついてこのお値段なら、
ありがたいですね。
2月の限定の様ですので、もしかしたら、もう一回くらい頂くかも。

今年食べたチャーシュー131枚/34杯


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 6件

「咖喱らぁめん(880円)+半ライス100円」@麺匠 ことぶきの写真12月6日(木)20時30分頃訪問。先客4人。後客3人。

この日は午前中出張、午後は通常勤務で、残業を終えてことぶきさんへ。
阿見方面から向かうと、片側2車線の道路は、皆さん結構飛ばしていますね。
自分は交差店内で黄色に変わったのですが、後続車は、明らかに
赤になってから通過してくる模様。白バイも潜んでいますので、ご注意を。
さて、お店に到着すると、スムーズに入店となりました。

券売機を確認すると、未食だった咖喱らぁめんのボタンを発見。
鉄板の半ライスと共に押し間違えないように食券を購入します。
女性店員さんへ食券を渡し、カウンター席へ
店主さんと女性店員さんの3人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12424624124-14317135909.html

動物系は鶏の白湯タイプがベースでしょうか。
しっかりとしたうまみに、程よいとろみ加減がまた堪りませんね。
スパイシーな感じで、中々辛さもやや刺激的な感じですね。
これは先輩方のレビュー以前から拝見していましたが、うんうん。
2度頷く感じの納得のうまさですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12424624124-14317135912.html

中太麺は加水率やや高めのストレート系。
茹で加減やや固めで、心地よい噛み応えがいいですね。
このカレーに良くマッチしていると思います。
白いYシャツに、しっぱねしないように気をつけて啜ります。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、ミンチ、ブロッコリー、パプリカ、刻み玉葱。

チャーシューは鶏の低温系タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12424624124-14317135913.html

幾分小ぶりの部分もありましたが、4枚と贅沢仕様。

そして、ミンチも添えられているところがポイントですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12424624124-14317135918.html

多めの刻み玉葱にパプリカやブロッコリーは彩りも良く
食感の部分でも変化を楽しませてくれますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12424624124-14317135921.html

半ライス。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12424624124-14317135922.html

麺を食べ終えた後に、スープへどぼんします。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12424624124-14317135925.html

しっかりとまぜていただきます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12424624124-14317135927.html

ご飯の量も多めで、もう、間違いありませんね。
絶対ご飯は頼まないとダメですね。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12424624124-14317135930.html


評判どおり、いや、評判以上の美味しいカレーラーメンでした。
ずっと食べたいと思っていて、ようやく念願が叶いました。
ライスも鉄板でしたが、チーズも間違いないでしょうね。
出張帰りで、Yシャツが心配でしたが、しっぱねはセーフでした。
皆さんも半ライスとチーズを追加して、良く「かんまして」お召し上がりください。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 8件

「ツバサンカレーつけ麺(680円)+ミニチャー丼」@麺屋 とどろきの写真10月6日(土)13時55分頃訪問。先客1人。

この日は俺道さんで汁なしをいただいて、つくばでもう一軒。
背脂つながりでもあり、未訪だったとどろきさんへ。
何度か向かったことがあったのですが、ナビをつかずに向かって
たどり着けなかったので、この日リベンジも兼ねてお邪魔しました。

若干迷ってお店に到着。営業時間は14時半までですが、
良く調べるとLOは14時のよう。営業中の札も出ていたので
急いで店内へ入ります。
券売機はなく口頭注文、後会計制のようです。
基本の燕三条系と迷った挙句、ニンニクの後もあり、カレーを選択。
厨房では女性店長さんが切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


まずは麺を一本。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12410288716-14279814616.html

中太麺は加水率高めのストレート系。
あつもりにされていて、モチモチプルプルな感じの麺ですね。
くっつき防止のオイルも少し絡めてくれており、心配無用。
つけ麺のイメージは麺が冷たいですが、カレー系の場合は
この手法もいいですね。
麺量は200g前後でしょうか。


では早速つけ汁につけて。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12410288716-14279814620.html

動物系は豚が使われているでしょうか。
もしかしたらベーススープを使ってカレーを拵えているのかも。
カレーに隠れ気味ですが、煮干も使われていそうです。
辛さは丁度いい感じで、結構粘性があるので、絡みも抜群。
あつもりなので、冷めてしまう心配もなく、常にアツアツで食べれます。
またとろけるチーズが良く絡んで、伸びて、風味アップに貢献しますね。

麺リフトアップの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12410288716-14279814624.html

具材はチャーシューに水菜とシンプルな構成。

チャーシューはサイコロ状にカットされ、丁寧に炙られています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12410288716-14279814628.html

水菜は彩りよく、ビジュアルが映えますね。

そしてミニチャーシュー丼。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12410288716-14279814634.html

こちらも炙られたサイコロチャーシュータレと白ゴマが。

半分ほど食べすすんだ後に、残ったつけ汁へドボン。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12410288716-14279814642.html

カレーにライス、間違いなく鉄板ですね。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12410288716-14279814649.html


シンプルな内容とは言え、お値段も控えめな感じでいいですね。
あつもりでの提供も最後まで冷めずにいただけていいですね。
女性店長さんも笑顔が素敵で、心地よい接客もいいですね。
会計後にトッピング無料券を頂いたので、また是非お邪魔します。
ん~店長さん、何処かでお会いしたことがありそうですが、思い出せない・・・


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 2件

「カレーつけ麺(860円)+大盛100円+玉子100円」@中華そばつけ麺 魚介の達人 久兵衛 取手店の写真8月3日(土)16時45分頃訪問。先客5人。後客1人。

この日は取手方面で麺活。
久々に鮪ラーメンを提供されている山びこさんへ行ってみました。
土日は通し営業だと思ったのですが、残念ながら準備中の札が。
その後、調べなおして、これまた久々に久兵衛さんへ行ってみました。
暖簾が出ており、食べ終えた方も出てこられたので、一安心。
券売機を確認すると、お目当てのカレー、ありました。
折角ですので大盛の食券を購入します。
半ライスも迷ったのですが、食べ具合を見て後から決めることに。
この時間帯は店主さんでしょうか、お1人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


まずは麺を一本。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12396109945-14242919181.html

太麺は加水率高めのストレート系。
しっかりと晒されており、水切りは意図的に気持ち甘めの感じ。
非常に噛み応えの強い麺で、可也固めの仕上がり加減ですね。
やや短めの麺は食べやすいですね。
麺量は大盛で400gとなります。


では早速つけ汁につけて。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12396109945-14242919186.html

動物系は豚が中心の濃厚系タイプ。
そこにカレーをあわせた、いわゆるカレーつけ麺です。
結構粘性もあるので、しっかりと麺に絡みますね。
辛さは程よく、濃厚で食べ応えがありますね。

麺リフトアップの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12396109945-14242919190.html

具材はチャーシュー、味玉、メンマ、なると、刻み葱。

チャーシューは豚バラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12396109945-14242919195.html

つけ汁の中に入っていて、アツアツです。
トロトロの柔らか食感もいいですね。

味玉は麺の上に。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12396109945-14242919202.html

夏なので、この冷たい味玉もいいですね。

その他の具材もつけ汁の中に入っています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12396109945-14242919198.html

食べ進むと、結構つけ汁の減りが早いですね。
よって、半ライスは出番がなさそうですので、そのまま食べ進みます。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12396109945-14242919203.html


こちらは濃厚の豚魚系の一杯がうりのようですが、
このカレーとトマトの一杯がいただけるのが特徴ですね。
以前はカレーとトマトのラーメンもあった様な記憶ですが、今はつけ麺のみ。
次回はデフォつけも頂いてみたいと思います。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 4件

「カレー味ラーメン(750円)」@北海道らーめん なまら 阿見店の写真1月17日(水)19時半頃訪問。先客4人。

この日は小雨降る肌寒い日。
冬はやはり味噌らーめんが恋しくなりますね。
明かりが暗く危なく通り過ぎそうでしたが、営業されていました。
お店の前の駐車場にボロ車を止めて店内へ。

左手の券売機を確認し、未食のカレー味を頂くことにしました。
店内は店主さんお1人で切り盛りされていました。
食券を渡しカウンター席へ。
小気味良い鍋振りの音を聞きながら待っていると
待望のご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12346108581-14115740548.html

ベーススープはこちらのデフォルトの味噌ラーメンと同じでしょうか。
そこへカレーパウダーなどで、カレー味を付与してくれている感じです。
いわゆるみそカレーですね。
多めの挽肉が炒め煮にされており、そのうまみがしっかりと出ています。
辛さは程ほどで、味噌のとコントラストがいいですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12346108581-14115740556.html

中太麺は加水率やや高めの平打ち系の麺。
茹で加減固めで、結構噛み応えがあります。
一般的な味噌らーめんの麺よりも、存在感のある麺ですね。
店内には菅野さんの麺箱が置かれていました。
麺量は150g前後。

具材は挽肉、もやし、キャベツ、韮、刻み葱。

炒め野菜はシャキッと熱々でいいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12346108581-14115740563.html

多めの刻み葱がこの手の一杯には似合いますね。
最後まで熱々のまま食べ進みます。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12346108581-14115740567.html


寒い日にはやはり味噌らーめんですね。
つくば方面にはみそらーめんのお店が結構多くなりつつありますが
こちら、なまらさんは阿見を代表する隠れた名店だと思います。
またおじゃまします。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 5件

「カレーもりそば(850円)」@東池袋大勝軒 うさぎ家の写真12月8日(金)20時頃訪問。後客多数。

この日はカレーな気分でしたので、もしかしたらと思い・・・
小雨降る肌寒い金曜日の夜、道路も混雑しますし、自転車とか
見難いので、運転に気を使いますね。
うおまつさんの駐車場にボロ車を止めてお店に向かいます。
入口のところの券売機で食券を購入します。
やはりありました、「カレーもりそば」これが目当てでした。

角ふじさんの並びに店舗があった頃に一度頂いた記憶があります。
可也久しぶりにいただく感じです。
寒い日でしたので、あつもりでお願いしました。
伺った時はタイミングよく空いていたのですが、自分が到着した後に
数珠繋ぎで来店され、あっという間に満席になりました。
程なくしてご対麺となりました。


まずは麺を一本。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12335876841-14089772544.html

細めの中太麺は加水率高めの平打ち系ストレート。
いわゆる大勝軒系の麺よりも大分細い感じですね。
もっちりとしており、つるりと喉越しの良い麺ですね。
麺量は中盛まで無料で300gです。


では早速つけ汁につけて。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12335876841-14089772550.html

動物系は豚が使われているでしょうか。
カレーベースを出汁で割った感じで、粘性は軽くある感じですね
レンジアプしてくれており、熱々に仕上がっていますね。
あつもりの麺ですので、最後まで冷めずにいただけるのも良いですね。

麺リフトアップの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12335876841-14089772558.html

具材は豚肉、ニンジン、玉葱、刻み葱、卵。

デフォルトで半卵がついてきますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12335876841-14089772561.html

黄身の感じが良いですね。

具材はカレーでしっかりと煮込まれている感じです。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12335876841-14089772562.html

麺を食べ終えるとスープ割りも出来そうですが
結構つけ汁が残っていたので、追加で半ライス100円を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12335876841-14089772568.html

もちろん、ドボンしてよく混ぜ混ぜ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12335876841-14089772571.html

これは鉄板ですね。
やや固めのご飯がベストマッチですね。


美味しくいただく完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12335876841-14089772575.html


以前頂いた時と大分麺の印象が変わりましたね。
しかしこの麺もまた癒し系でいい麺ですね。
つけ汁の方はあまり大きな変化はなく、当時を思い出すような。
次回は汁なしか辛い系をいただいてみたいと思います。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 5件

「房総式ラーメン・カレー(850円)+チーズおじや180円他」@房総式ラーメン JINRIKISENの写真10月16日(月)18時40分頃訪問。先客2人後客6人。

この日は仕事を終えて麺活に。
京成大久保の二郎さんへ向かうも、いつものコイパは「満」
どうやら、パーキングとしての役目を終える様で、工事している感じ。
ぐるっと回った後に、駅に近い方のコイパに変更し、ボロ車を。
そういえば、その近くに新しいお店がオープンしていたことを思い出し
伺ってみることにしました。

店内へ入ると券売機はなく、口頭注文後会計制のようです。
カウンター席もありましたが、テーブル席にお邪魔しました
メニューを確認し、人気No1のカレー&チーズおじやで。
辛さは小辛で、トッピングは味玉と、もやしでお願いしました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12320177199-14050358752.html

動物系は豚や鶏が使われているようです。
そして可也強めに香辛料も効いている感じですね。
辛さもやや強めで、しっかりと味が濃い印象ですね。
粘性も結構ある感じで、しっかりと麺に絡む感じです。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12320177199-14050358763.html

太麺は加水率高めの平打ち系ストレート。
茹で加減しっかり気味で、ピロピロに近い感じの麺ですね。
しっかりとした噛み応えの麺もいいと思いますが、
この麺も面白いですね。
麺量は普通で150gとのことです。

具材は鶏肉、刻み玉ねぎ、キャベツ、糸唐辛子。
更には足した味玉、もやし、そしてハロウィン限定でかぼちゃが。

鶏肉は思った以上にボリュームのある感じ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12320177199-14050358772.html

このブロック以外にも、ゴロゴロ入っているといった印象です。
熱々に炙られており、食べ応えも満点です。

刻み玉ねぎは、やはりカレーには鉄板ですね。
キャベツは生のまま一口大のものが数枚入っていました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12320177199-14050358700.html

もやしは40円ですので、軽ーく一つまみ程度。
味玉はしっかりしたタイプのもので、90円はありがたプライス。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12320177199-14050358690.html

かぼちゃは素揚げされたタイプでしょうか、甘くていいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12320177199-14050358707.html

麺や具材を食べ終えると、チーズおじやをコールします。
すると箸と蓮華を置いて、器ごとブーメラン方式で。
土鍋のようになった器は、直火で温めつつ、ご飯を投入され、
上にチーズをかけた後にバーナーで炙ってくれています。
そんな、ぐつぐつした状態でリターンです。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12320177199-14050358717.html

軽く混ぜ混ぜして取り皿に移していただきます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12320177199-14050358726.html

これは鉄板ですね。
最初の方はご飯もややしっかり気味ですが、後半になると
過熱が加わり、程よい柔らかめに味の染みたおじやに変化。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12320177199-14050358733.html


最初、ちょっと値段が高めかなぁ。と思ったのですが、
ボリューム感もあり、おじやまでいただくと、なかなかの満腹感。
しっかりと作り上げられており、納得の感じでした。
気を付けて麺を啜ったのですが、見事にしっぱねしました。><
こういう日に限って真っ白のシャツを着ていたりします。
汁なしもあるようですが、基本はすべて辛い系のメニューになるようですね。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「カツカレーラーメン(750円)」@たか山の写真7月18日(火) 氷ラーメンからの店内連食です。

他のお客様はお酒をお替りしたり、おつまみを追加したり
自分は折角の訪問ですので、ラーメンをもう一杯。
ちょっと大きめのPOPで、只今ヒット中 カツカレーラーメンを発見。
ということで、2杯目にいただくことにしました。
ちょうど氷ラーメンを食べ終えることにナイスタイミングで登場。
カレーのいい香りが店内中を漂います。


早速スープから。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12294952250-13988156206.html

想像していたのは、カレーをスープで伸ばしたタイプかと思ったのですが
カレーライスにかかっているような、カレールーそのものの感じ。
家庭的なオーソドックスなカレーですが、そこがまたいいですね。
辛さは程よく、とろみがあるので、麺にもよく絡みますね。
熱々で冷めにくいところもいいですね。


続いて麺を。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12294952250-13988156208.html

中太に近い麺は加水率やや高めのストレート系。
茹で加減柔らかめで、熱々カレーの影響もあり、より柔らかめに。
コシのある麺でもいただいてみたいですが、でもこれもまたありです。
麺量は140g前後。

具材は揚げたてのとんかつ。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12294952250-13988156211.html

熱々で衣はサクサク。肉はややしっかり気味に火が通ていますが、
このお値段でいただけるには十分な内容です。

カレーにもとろける寸前のお肉や、人参、玉ねぎなどの野菜も。

今回連食でしたので自粛しましたが、半ライスをもらえば、
カレーライスとしていただくこともできますね。


最後まで熱々のカレーを堪能し完食です。
 ↓
http://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12294952250-13988156215.html


店舗の老朽化が進んでおり、建て替えされるみたいですね。
ということで、非常に味のあるこの店舗での営業は8月末まで。
新店舗での営業再開はら2018年の5月頃のようです。
ラーメンもいいですが、リーズナブルなおつまみを頬張りながら
一杯やるのもよさそうですね。
休業前にもう一回できればお邪魔したいところです。


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 2件