なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ももも

男性

自分のページにお越しいただきありがとうございます。

平均点 83.092点
最終レビュー日 2019年10月18日
2,707 1,062 1 29,585
レビュー 店舗 スキ いいね

「まのけ ワンタンメン(900円)」@支那そば へいきちの写真10月5日(土)13時半過ぎに訪問。先客8割位の混雑ぶり。

この日は新店のKさんへ訪問後、宿題店であったへいきちさんへ。
Kさんからはメインの道を向かうと数キロですぐに到着しました。
お店の前の砂利の駐車場も結構埋まっていましたが、
運よく1台分空いており、無事にピットインを完了。

入店すると券売機はなく口頭注文、あと会計となります。
女性店員さんがお冷を持ってきてくれて、注文をとってくれます。
支那そばかワンタン麺どちらにしますか?とかけてくれたので分かりやすいですね。
ワンタン麺を普通盛りでお願いして、配膳を待ちました。

カウンターは3席ですが、テーブル席と小上がり席と席数は充実しています。
厨房の方は良く見えませんでしたが、ホールの方には女性店員さんも充実。
ご家族連れの方々が中心に訪問されている感じでした。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12533259107-14608558353.html

動物系は鶏の清湯系のタイプ。
和出汁があわせられているでしょうか、すっきりとした味わいです。
カエシは控えめで、塩分濃度も控えめに仕上げられていますね。
時々生姜の風味や、八角っぽい風味も感じられたような。
ちょっと特徴的な仕上げ方のスープですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12533259107-14608558362.html

中細麺は加水率中くらいのストレート系。
茹で加減普通な感じで、少し足が早めのタイプですね。
優しいスープにはこのくらいの麺があうかも知れませんね。
麺量は140g前後。

具材はチャーシュー、ワンタン、メンマ、刻み葱。

チャーシューは豚のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12533259107-14608558365.html

ブロックの煮豚をスライスしたタイプですね。

そしてワンタン。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12533259107-14608558371.html

結構大きめで、餡もしっかりと入っていて、ピロピロの皮がいいですね。

メンマは穂先タイプがのってきますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12533259107-14608558374.html

刻み葱は軽く散らされている感じです。

後半は卓上のブラックペッパーで味変を施します。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12533259107-14608558377.html

優しいスープにパンチが加わり、これがまたいいですね。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12533259107-14608558384.html


鶏ベースの和出汁+αな感じのすっきり系の一杯でした。
生姜や八角など、隠し味と言いますか、そのあたりがポイントですね。
最初物足りないかと思ったのですが、食べ進むと嵌っていくタイプですね。
食べ手を選ばず好まれそうで、人気なのも分かる気がしました。
次回、機会があればチャーシューましで。

今年食べたチャーシュー851枚/249杯
今年食べた唐揚げ 125個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「うまにめん(850円)+唐揚げ390円」@手打ラーメン珍来軒 龍ヶ崎店の写真9月28日(土)14時半過ぎに訪問。先客2人。後客多数。

この日は龍ヶ崎のこもんさんが周年記念限定を提供されており・・・
駆け込みを狙いましたが、スープ切れで昼の部終了していました。
と言うことで、以前から気になっていた珍来軒さんへ行ってみることに。
駐車場は奥まで結構広く、ラッキーでアイドルタイム的に混雑なしでした。
でも、途切れることなくお客様は来店されますね。

入店すると券売機はなくメニューを見て口頭注文、あと会計です。
メニューも豊富で、迷いましたが、ここはやはり、うま煮で。
あと、唐揚げも390円なので、一緒にお願いしました。
ホールは女性スタッフ、厨房は男性が2人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531976526-14605244240.html

動物系は鶏ガラあたりが使われているでしょうか。
椎茸っぽいうまみも感じる、シンプルな醤油ベースのスープです。
ベースの部分はドラ珍さんとも少し異なる感じですね。
餡かけの部分がスープと混ざると、一気にうまみが倍増する感じです。
食べ進むほどにそのあたりも上昇していく感じです。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531976526-14605244245.html

太麺は加水率高めのストレート系。
茹で加減普通な感じで、喉越し良くもちっとした食感の麺です。
この麺も食べ応えがありつつ、癒し系でいいですね。
麺量は170gくらいあるように感じました。

具材は豚肉、海老、帆立、うすら、白菜、人参、木耳、玉葱、さやえんどう。

しっかりと餡かけにされていて、実に美味しいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531976526-14605244252.html

比較的野菜にもしっかり目に火を通してくれており、味も沁みています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531976526-14605244258.html

この沁み沁みタイプもいいですね。

そして単品の唐揚げ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531976526-14605244266.html

結構大ぶりのタイプが5個と千キャベツにマヨも。

からっと&ジューシーで最高ですね。
因みに唐揚げ定食もメニューにありました。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12531976526-14605244269.html


ドラ珍さんとは少し仕様の異なるうま煮そばでした。
沁み沁み系で、具の構成も少し異なり、帆立が嬉しいところ。
後半になるにつれて、美味しさが増すところが魅力的でした。
そして単品唐揚げもボリューミーで最高でした。
気になるメニューもあったので、是非またお邪魔したいと思います。

今年食べたチャーシュー839枚/243杯
今年食べた唐揚げ 120個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「正油5号鰹味X(800円)+唐揚げセット430円」@らーめん鰹味の写真9月21日(土)13時半頃訪問。

この日は神栖方面の未訪店へ行ってみることに。
店名からもかつおだしにこだわっている感じでしょうか。
先輩方のレビューは読み返さず、先入観なしで伺ってみることにしました。
久々に走る道路は、片道3車線で広々していていいですね。
途中からは2車線になりますが、思ったよりも交通量は多くないので、
左側の車線でもスイスイ進んでいけるのがいいですね。

予定通りに到着し、店内へ入店します。
券売機はなくメニューを見て口頭注文、後会計制の様です。
ご主人らしき方が一人で切り盛りされていました。
おすすめと書かれた表題メニューをお願いします。
合わせて唐揚げセットもお願いしました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12529366241-14598409359.html

動物系はおそらく未使用の様です。
表層のアブラもほとんどない感じで、スープというよりつゆの表現が似合います。
鰹のうまみがしっかりと伝わってきて、昆布だしも助長している感じです。
言ってしまえば、そばつゆっぽいテイストの仕上がりですね。
でも、このしっかりとしたうまみとさっぱり感が妙にしっくり来たりします。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12529366241-14598409361.html

中細麺は加水率中くらいのストレート系。
茹で加減程よく、汎用性が高そうですが、中々美味しい麺です。
麺量は150g前後でしょうか。

具材はチャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻み葱とシンプル。

チャーシューは豚のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12529366241-14598409363.html

しっかりと厚みがあり、炙りも入っていて柔らかくていいですね。

メンマは普通な感じです。
ほうれん草は少量ですが、このスープにもあいますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12529366241-14598409369.html

刻み葱は白身の部分と万能葱が入っていました。

そして唐揚げセット。

半ライスに
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12529366241-14598409376.html

おしんこ
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12529366241-14598409380.html

そして唐揚げは3個です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12529366241-14598409372.html

ん~一口サイズで、良く言えば上品、悪く言えばちょっと物足りない感じです。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12529366241-14598409384.html


そばつゆテイストな、かつおだしの効いた美味しいラーメンでした。
こってりが苦手な方や、さっぱり系が好きな方にはちょうどいいですね。
なお、入口の営業情報を確認し、RDBの営業時間を修正しました。
※現在は通し営業ではなく、中休みがあるようです、お気を付け下さい。

今年食べたチャーシュー825枚/237杯
今年食べた唐揚げ 113個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「限定 台湾ラーメン(700円)+チャーシュー100円」@麺や 燦虎の写真9月19日(木)19時半頃訪問。先客12人くらい。後客多数。

この日は久々訪問シリーズとして、約5年ぶりに燦虎さんへ。
少し前にマツコDXのテレビで台湾まぜそばが特集されてプチ再燃のようですね。
こちら燦虎さんにも台湾があったと思い出し、伺ってみることにしました。
6号国道も神立の手前あたりから結構渋滞しますね。
思ったよりも時間がかかりましたが、到着となりました。

砂利の駐車場にボロ車を止めて店内へ。
右手の券売機で食券を購入します。
すると限定の文字を発見。まぜそばでなく台湾ラーメンもいいですね。
と言うことで、頂くことにしました。

カウンター席に座り、女性店員さんへ食券を渡します。
チャーシューを選ぶように言われ、炭火でお願いしました。
厨房では店主さんがオペレーションをされているようです。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12528627812-14596362477.html

動物系は豚が使われているでしょうか。
清湯ベースに辛さと程よい甘さも付与されていますね。
甘さで緩和されていますが、結構辛味のもとも使われている感じです。
何とも言いがたい中毒性があり、蓮華が進みますね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12528627812-14596362488.html

中太麺は加水率やや高めの平打ち系の縮れタイプ。
茹で加減ほど良く、心地良い噛み心地と喉越しもいいですね。
気をつけて啜ったのですが、見事にしっぱねしちゃいました。
麺量は150g前後

具材はチャーシュー、台湾ミンチ、ニラ、刻み葱、白ゴマ。

チャーシューは豚の炭火焼タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12528627812-14596362497.html

淡白な感じでさっぱりといただけますね。

台湾ミンチはジューシーな感じの仕上がり。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12528627812-14596362506.html

ニラや刻み葱は台湾系には必須アイテムですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12528627812-14596362512.html


後引くスープを飲み干し完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12528627812-14596362521.html


やや甘みが強めの中毒性のある台湾ラーメンでした。
結構、女性客の方も多く来店されているようでした。
このメニューにも半ライスあたりを頼んで、スープとミンチをかけて
頂いても合うでしょうね。
次回は煮干の一杯でも頂きたいと思います。

今年食べたチャーシュー815枚/234杯
今年食べた唐揚げ 110個


ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 5件

「名古屋コーチン醤油(700円)+チャーシュー2枚200円」@喜元門 つくばサイエンス通り店の写真9月18日(水)18時40分頃訪問。先客10人くらい

この日はあっさり系のラーメンが食べたくなり、清湯押しの喜元門さんへ。
ひたちのうしく店さんは、営業が不安定の様ですので、サイエンス通り店さんへ。
早い時間帯は道中自然渋滞がありますね。
小雨の降る夜は視界も悪いので、運転注意で進みます。
無地にお店に到着し、店内へ。

正面の券売機で食券を購入します。
塩と醤油で迷いましたが、醤油をいただくことにします。
折角ですので、チャーシューも増しましょう。
カウンター席へ座り、店員さんへ食券を渡します。
チャーシューは3種類をコールして配膳を待ちました。
厨房とホール合わせて4~5人くらいで切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527953549-14594413843.html

動物系は名古屋コーチンを使った鶏のタイプ。
すっきりとした清湯スープは、上品なうまみが伝わってきますね。
合わせる醤油だれも強すぎず、スープとうまくまとまっていますね。
実に美味しいスープです。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527953549-14594413847.html

中細麺は加水率やや高めのストレート系。
茹で加減やや固めで、こちらもレベルの高い自家製麺ですね。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、メンマ、刻み玉葱、刻み葱。板海苔。

チャーシューは鶏の低温系タイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527953549-14594413850.html

豚の直火タイプ
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527953549-14594413864.html

更にはローストタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527953549-14594413853.html

豚の低温系のタイプも。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527953549-14594413859.html

4種類のチャーシューを堪能しました。

メンマはコリコリが心地よい感じの一品。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527953549-14594413868.html

丁寧に刻まれた玉葱や
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527953549-14594413877.html

青葱の刻みも多めなのがいいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527953549-14594413873.html


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12527953549-14594413880.html


喜元門さんの名古屋コーチンは、いつもほっこりさせられる一杯です。
チャーシューの種類も豊富で、増して選ぶ楽しみもいいですね。
とは言っても、だいたい同じのを選んでしまいますが。
家族連れでも行きやすい、大箱のスタイルが魅力的のお店ですね。

今年食べたチャーシュー808枚/232杯
今年食べた唐揚げ 110個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 5件

「スタミナ冷やし大盛(880円)」@スタミナラーメン一伸 筑波の写真9月13日(金)20時頃訪問。先客4人。後客2人。

この日はみつきさんで美味しい常陸牛の油そばを頂きもう一軒。
一度定休日に伺ってしまった、新店の一伸さんへ。
お店はテナントの一番奥にあり、共同駐車場が利用できますね。
入口側が空いていたので、入れやすいところへボロ車をピットイン。
入店すると左手に券売機があり、食券を購入します。

基本はスタミナラーメン系はメインで、あっさりの汁そばもあるようです。
サイドメニューはライス系、餃子などがありますね。
具増しや、ホルモン系の具もありましたが、基本の冷しを大盛で。
男性店員さんがオペ、男女店員さんがホールを担当されていました。
程なくしてご対麺となりました。


まずは具材のチェックから。

レバー、キャベツ、かぼちゃ、にんじん、ニラ。

しっかりとした餡がかけられていて、いい仕上がりですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12526103382-14589696928.html

早速まぜまぜしていただきます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12526103382-14589696931.html

太麺は加水率高めのストレート系。
しっかりと〆られておりますが、固すぎず、もちっと食感がいいですね。
麺量は大盛で225gくらいでしょうか。

甘めの餡にちょっぴり一味が効いていて、ちょっとだけピリッと。
蓮華も乗せてくれているので、箸だけよりも混ぜやすいですし、
最後に残った餡を楽しむ時も重宝しますね。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12526103382-14589696938.html


つくばでは、一伸さんがオープンするまでは、馬しゃ屋さん等が閉店し
かむしゃさんだけでしたが、選択肢が増えるのはいいですね。
次回はホットの方も頂いてみたいと思います。
他店との差別化で、唐揚げの提供などもいいのでは(あくまで個人の要望ですが)

今年食べたチャーシュー790枚/227杯
今年食べた唐揚げ 104個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「常陸牛油そば(950円)」@活龍 期間限定麺処 みつきの写真9月13日(金)19時半頃に訪問。先客5人。後客4人。

この日は9月から新テーマに変わったみつきさんへ。
今回で第6弾となり、「常陸牛」の一杯がいただけますね。
汁そばから行くべきだったかも知れませんが、少し前に油そばも登場。
そちらを頂くことにしました。
残念ながら、肉盛りは×印が。デフォルト版を頂くことにしました。
左手の券売機で食券を購入し、カウンター席へ。
この日は男性店員さんが2人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。

まずは具材のチェックから。

ローストビーフ、メンマ、フライドチップ、刻み葱、カイワレ。

ローストビーフはビジュアルも良く、いい仕上がりですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12526098642-14589667813.html

メンマは穂先タイプの一品が。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12526098642-14589667832.html

そしてフライドチップが汁なし系には合いますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12526098642-14589667822.html

刻み葱もやや多めにのっています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12526098642-14589667855.html

カイワレもビジュアルがいいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12526098642-14589667846.html


では、早速まぜまぜして頂きます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12526098642-14589667883.html

太麺は加水率高めの平打ち系ストレート。
茹で加減良く、ツルモチの美味しい麺ですね。
麺量は並盛でも250gと程よい量です。

タレは醤油ベースで、なんと言っても牛の油が絶妙ですね。
上品ですが、厚みやコクがある感じで、やはりうんまいですね。
タレ自体はそんなに多くないので、しっかりと絡めながら頂くと
丁度いい感じです。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12526098642-14589667891.html


モチモチの美味しい麺に常陸牛のアブラが融合した美味しい油そばでした。
ややお値段が高めに感じますが、食材の関係から致し方ないでしょうか。
上品ですがコクのある仕上がりで、これはおすすめですね。
汁そばやつけ麺もそのように仕上げられているか気になるところです。
11月時下旬までですので、またお邪魔したいと思います。

今年食べたチャーシュー790枚/226杯
今年食べた唐揚げ 104個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 7件

「中華そば白(750円)+鴨ロース390円」@中華そば You Leeの写真9月8日(日)11時35分頃訪問。先客中待ち4名に接続。

この日は麺友さんの鴨チャーレビューが気になっていたこちらへ。
ちょっどで遅れましたが、高速道路も順調に進み、近くのコイパまで到着。
僅かな小雨が降っていましたが、傘はいらない程度でしたのでそのままお店へ。
丁度前客の方が食券を購入し終えたので、店内へ入り、食券を購入します。
鴨のスープも惹かれましたが、券売機の左上の表題メニューをいただくことに。
そして今回のお目当ての鴨ロースもぽちっとして、中の待ち椅子へ。

丁度一巡目の方々が着席して、順番に提供が始まっています。
店主様と奥様でしょうか、お二人で切り盛りされていました。
順々に食べ終えた方と入れ替わりになり、カウンター席へ。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12524286839-14584818653.html

動物系は鶏が中心のタイプ。
そこへ魚介系も併せられているでしょうか。
非常に上品な感じで、白醤油の風味も突出出ずに、優しくまとまっている感じ。
違う言い方をするとガツンと来る様なパンチはない感じですが、
繊細な大人の味わいとでも言いますでしょうか。
すっきりとした上品なスープですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12524286839-14584818658.html

中太に迫る感じの麺は加水率中くらいのストレート系。
茹で加減やや固めで、中細よりも太めな分、食感も変わってきますね。
噛んで風味の良さを感じるには、このくらいの太さもいいですね。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、刻み葱、三つ葉、板海苔。別皿の鴨ロース。

チャーシューは鶏の低温系のタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12524286839-14584818663.html

牛の低温系のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12524286839-14584818672.html

更には豚のタイプの3種類も乗ってくるのですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12524286839-14584818668.html

詳しく予習していなかったので、これはうれしいサプライズ。

そして追加した鴨ロース。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12524286839-14584818679.html

柔らかい仕上がりで、1枚1枚は小ぶりですが、10枚乗っていてありがたいです。

そのまま味わい、次は専用のタレで味わい、後半はわさびも一緒に。
これは酒のつまみにも最高でしょうね。

トッピングは刻み葱、三つ葉、板海苔ものってきますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12524286839-14584818683.html


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12524286839-14584818690.html


すっきりとした上品で繊細な味わいの大人の一杯と言った感じでした。
この鴨ロースは絶対頂いた方がいいですね。
メニューにもよるかも知れませんが、別皿で提供してくれるのもうれしいですね。
がくさんレビューの限定も提供されており、注文されている方も多かったです。
次回は是非鴨のスープを頂いてみたいと思います。

今年食べたチャーシュー779枚/222杯
今年食べた唐揚げ 104個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「限定 豚バラもやしらーめん(890円)」@山岡家 石岡店の写真9月6日(金)20時頃訪問。先客7人くらい。

この日は三代目さんで美味しい限定のつけ麺をいただきもう一軒。
三代目さんへ向かう途中、一旦お店の前を通過したのですが、
その時にPトカーが止まっていて、その野次馬的な部分もありよることに。
流石に寄った時にはもうPトカーはいませんでした。
こちらの店舗はオープンしてまだ1~2年程度だったでしょうか。
色々伺ってますが、こちらは初めての訪問です。
駐車場は他の店舗とも共同の様で、広々心配もありませんね。

入店すると、可也強烈なスープの臭いが出ていますね。
左手に振り返るとハイテク券売機が2台揃っています。
悩んだ挙句、限定の一杯をいただくことにしました。
カウンター席で店員さんへ食券を渡します。
お好みは麺固めのみコールしました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12523438395-14582715824.html

動物系は豚のタイプ。
ベーススープはデフォルトと共通でしょうか。
醤油ベースのタレにうま辛い感じの味付けがなされていますね。
そしてさっと一味唐辛子もかかかっていて、程よい辛さがいいですね。
なかなか後を引く美味しいスープです。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12523438395-14582715829.html

中太麺は加水率高めの平打ち系ストレート。
茹で加減固めで、デフォルトとは違う専用の麺ですね。
より平たい感じで、幾分ですがパスタなどにも近いような雰囲気もある中華めんで、
啜り心地やのど越しもいい感じですね。
麺量は160g前後。

具材は豚ばら肉、もやし、玉葱、ニラ、紅しょうが。

豚バラはうま辛い味付けで仕上げてくれていますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12523438395-14582715833.html

もやしや玉葱は、もう少しボリュームが欲しいところ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12523438395-14582715837.html

紅生姜は、程よい酸味が味の変化をもたらせてくれますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12523438395-14582715842.html

そして刻まれたニラが、その風味に包まれていい感じです。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12523438395-14582715846.html


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12523438395-14582715848.html


柔らかい豚バラ肉にうま辛いスープがマッチしていますね。
専用麺もいい仕上がりで、美味しく頂きました。
半ライスあたりをつけても満足度が上がりそうですね。
機会があれば、鉄板の特製味噌もいただきたいと思います。

今年食べたチャーシュー766枚/221杯
今年食べた唐揚げ 104個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「限定 醤油つけめん(850円)+特製250円」@三代目 むじゃきの写真9月6日(金)19時過ぎに訪問。先客9割くらいの混雑ぶり、後客多数。

この日は残業も控えめに切り上げ、ちょっとだけ足を伸ばすことに。
令和になって初の三代目むじゃきさんへ向かうことにしました。
週末、6号国道はやはり自然渋滞が起こりますね。
疲れも溜まっていたので、眠くなり、運転注意です。
そんな時は、LAST GIGSをかけて、テンションアップを図ります。
何とか睡魔も追い払うことが出来て、無事にたどり着きました。

券売機を確認すると限定が出ているようですね。
一緒に特製のボタンもプッシュして、発見ボタンを。
女性店員さんが食券を回収してくれて、カウンター席へ。
男性店員さん2人がオペを、女性がホールと補佐をされていました。
程なくしてご対麺となりました。


まずは麺を一本。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12523436662-14582709029.html

太麺は加水率やや高めのストレート系。
しっかりと晒されており、きれいに整列してくれています。
昨年頂いたつけ麺の麺は全粒粉入りのタイプでしたが、
麺が変わったか、限定専用麺か、色白の艶々系ですね。
喉越しも良く、つけ汁との相性もいいですね。
麺量は250g。


では早速つけ汁につけて。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12523436662-14582709034.html

動物系は豚と鶏を使った清湯系のタイプ。
挽肉で追われていて、非常にうまみの強い仕上がりですね。
心地良い醤油ダレに絶妙な甘みも加わって好みの味わいです。
そしてアツアツに仕上げられており、食べ進んでも冷めにくい。
後半まである程度温度キープしてくれるのもいいですね。

麺リフトアップの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12523436662-14582709037.html

具材はチャーシュー、味玉、メンマ、刻み葱、板海苔。

チャーシューは豚のバラタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12523436662-14582709046.html

鶏の低温系のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12523436662-14582709041.html

豚は軽く炙ってから乗せてくれていて、肉質もバッチリ。
鶏はしっとりと仕上がりよく、小ぶりですが枚数も充実です。

味玉はややしっかり気味のゼリー状タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12523436662-14582709049.html

メンマは極太の材木タイプですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12523436662-14582709054.html

刻み葱はつけ汁に入っていて、板海苔は海苔巻き麺で。

そして麺を食べ終えると、スープ割をお願いします。

コロチャーも追加されてブーメラン方式で戻ってきました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12523436662-14582709059.html

こちらにはスモーキーな肩ロースの部分も入っていますね。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12523436662-14582709063.html


動物系のうまみがたっぷりの美味しいつけ麺でした。
自家製麺もバッチリで、相変わらずチャーシューも美味しいですね。
スープ割りまで堪能されることをおすすめします。
大箱店舗、3人での切り盛りは大変そうですが、手際よい回しで、
このあたりも流石むじゃきさんと言った感じでした。

今年食べたチャーシュー766枚/220杯
今年食べた唐揚げ 104個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 5件