なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ももも

男性

自分のページにお越しいただきありがとうございます。

平均点 83.075点
最終レビュー日 2019年3月21日
2,519 979 1 27,751
レビュー 店舗 スキ いいね

「うま煮麺(770円)」@手打らーめん 珍來 柏東口店の写真3月16日(土)14時半頃訪問。先客10人位。

この日は柏方面、中本さんの次は気になっていた珍来さんへ。
我が愛するうまにを提供するドラゴン系の系列店ですね。
茨城だと、遠くからでも分かるド派手な看板が多いので、
その認識で探しているとなかなか見つからず。
でも、改めて住所を確認すると、すぐ目の前に見つかりました。
きれいな店舗は流石柏と言った感じですね。

入店すると券売機はなくメニューを見て口頭注文、後会計制です。
しっかりとメニューにうまにが乗っていることを確認し、お願いしました。
この時間帯は厨房1人、ホール2人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12447607326-14373890169.html

動物系は鶏ガラあたりのあっさりとしたタイプ。
化調中心に野菜のうまみなども調和する感じですね。
中本さんの直後だと、初動では幾分くすんでしまう感じですが、
食べ進むにつれて、これぞうまにの味!として復活してきます。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12447607326-14373890174.html

中太麺は加水率高めの平打ち系縮れタイプ。
茹で加減固めで、独特の噛み応えの麺ですね。
個人的には野菜から食べ進め、少しスープを馴染ませるのがポイント。
麺量は170g前後。

具材は豚肉、海老、イカ、うずら、銀杏、白菜、人参、木耳、豆、筍など。

安定のしっかりとした餡かけが最高ですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12447607326-14373890176.html

白菜も大きく刻まれていますが、この季節は柔らかいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12447607326-14373890184.html


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12447607326-14373890189.html


やはり、ドラゴン系のうまには最高ですね。
ただ、中本さんの直後だと、可也味覚が麻痺していることがよく分かりました。
提供までの時間も早く、きれいに盛り付けてくれているあたりもいいですね。
若い女性店員さんも丁寧で元気良く好印象ですね。

今年食べたチャーシュー248枚/68杯
今年食べた唐揚げ 23個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「限定 うま煮ラーメン(972円)+唐揚げ378円」@珍来 たつのこまちモール店の写真3月3日(日)14時頃訪問。先客5人くらい? 後客多数。

この日は買い出しで龍ヶ崎方面へ。
薬局からスーパーで色々調達して、現金値引きの大型家電店へ。
現品限りのオーブンは、回転式で焼いてくれる優れもの。
定価はわかりませんが、32500円の価格表示が(税抜)
3万円ジャストなら買おうかと思いましたが、とりあえず商談せず見送ることに。
このマシンをゲットすれば、自家製の焼き豚も楽しめそうです。

さて、お昼の混雑時間帯をずらして、お目当てのお店へ。
珍来ファンとしては、出遅れた感がありますが、突撃してきました。
別のお店から、1月15日に珍来として生まれ変わったお店の様です。
同店舗の2階は別のお店ですが、経営元は一緒の様ですね。

入店すると券売機はなく、まず席に案内されました。

メニュー表がないときょろきょろしていると、端末で注文するタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12444693207-14367043150.html

回転寿司店などでは、可也導入が進んでいるスタイルですね。
珍来さんも今はこんな時代なのですね。

限定メニューの方にうま煮があるではないですか。
タッチパネルでポチポチして、注文が完了しました。
少し待ってご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12444693207-14367043138.html

動物系は鶏ガラあたりが使われているでしょうか。
ドラゴン系のうま煮とは全く別物で、スープの味わいも異なりますね。
色が濃い目で、うまみの部分の感じも異なり、少し魚介っぽい風味も。
スープ自体がこちらのオリジナルなのでしょうかね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12444693207-14367043142.html

太麺に近いもので、加水率高めのストレート系。
茹で加減やや固めで、グルテンが強そうな感じの噛み応えの麺です。
このあたり、総本店やドラゴン系とも異なるオリジナル?な麺ですね。
麺量は140前後。

具材は豚肉、エビ、ホタテ、うずら、白菜、人参、玉葱、木耳、さやえんどう等。

餡かけにされていてこのあたりはうま煮と言う感じ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12444693207-14367043145.html

ただ、野菜のボリューム感が乏しく、全体的に量が少なめでしょうか。
もう少し餡も強めに絡ませてくれた方が好きです。
ミニホタテあたりが入っているあたりは嬉しいのですが。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12444693207-14367043147.html

そして一緒に頼んだ唐揚げ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12444693207-14367043149.html

これは結構ビッグサイズで、5個乗ってくるあたりは好印象。

野菜もレタス中心ですが、人参や玉葱も少々入っていました。
多めのマヨネーズもいいですね。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12444693207-14367043155.html


やはり、ドラゴン系のうま煮のイメージがあるので、ちょっと残念でした。
スープも麺も、具の感じも、コスパ的にもちょっとタイプから外れてしまいました。
しかし、唐揚げは好印象でしたし、一品料理の方がおすすめかも知れません。
少し調べてみると、龍ヶ崎の珍来軒さんとも少し関係がありそうな。
そちらにもうま煮があるようなので、後日調査してみたいと思います。

昼の混雑後で、お店の方もバタバタされていたようですが、
店舗内はおしゃれな空間で、近代的な注文と、今後の展開に期待しております。

今年食べたチャーシュー224枚/56杯


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「ワンタンメン(880円)」@喜多方ラーメン坂内 取手店の写真3月2日(土)14時45分頃訪問。先客10人以上。後客多数。

この日は久々にはざまさんへ伺い、お次は新店の坂内さんへ。
とは行っても2018年11月オープンですので、約4ヶ月が。
県内ですと潮来にあるお店は何度が伺ったことがあります。
お店の前の駐車場にボロ車を止めて、店内へ。
券売機はなくメニューを見て口頭注文、後会計制です。
接客担当の女性の方の声が魅力的で、好印象ですね。
悩んだ挙句、表題メニューをコール。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12444453373-14366466142.html

動物系は豚の清湯系のタイプ。
シンプルな感じですが、素材のうまさがしっかりと伝わってきます。
カエシの合わせ方も良く、グイグイと飲んでしまうスープですね。
表層のアブラもそんなに多くなく、上品にコクをプラスしてくれます。
最近はこの手のスープが妙にしっくり来る感じです。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12444453373-14366466147.html

中太麺は加水率高めの平打ち系の縮れタイプ。
手もみが施されており、しっかりと縮れているところがいいですね。
つるつるな喉越しに、程よく腰のある麺が堪りませんね。
麺量は170g前後。

具材はチャーシュー、ワンタン、メンマ、刻み葱。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12444453373-14366466151.html

棒状のブロック肉をスライスした感じで、トロトロの食感。
このチャーシューのファンも多いことでしょう。
やや小ぶりとは言え、デフォルトでも5枚乗ってくるところが魅力ですね。

そしてワンタンもツルツルの皮に、程よく餡が包まれています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12444453373-14366466152.html

6個入っていることろも嬉しいですね。

メンマは平たいタイプで、このスープにはやはり葱ですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12444453373-14366466156.html


おいしくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12444453373-14366466158.html


やはり安定のうまさの喜多方ラーメン坂内さんですね。
接客も良く、きれいな店内で、通し営業。表示も税込み価格。
帰り際に割り引き券を頂いたので、チャンスがあればまた行きたいですね。
すぐ対面には通りを挟んで王道家さんもあるので、連食もいいかも。

今年食べたチャーシュー224枚/55杯


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「限定 こんぶすいつけ蕎麦醤油(900円)+チャーシュー300」@中華蕎麦 はざまの写真3月2日(土)14時過ぎに訪問。先客3人。後客4人。

この日は遅めのお昼を取手方面へ。
久々にはざまさんへ行ってみることにしました。
ただ、営業時間をよく確認せずに向かった為、ちょっぴり不安。
でも、結果的に14時半までで、暖簾も出ており結果オーライでした。
入店すると右手の券売機で食券を購入します。

ボードの限定情報を確認すると、表題メニューが出ているようです。
限定ボタンも○でしたので、頂くことにしました。
またここ2杯続けてチャーカウンタが上がらなかったので、ぽちっと。
食券を渡すと、醤油か塩が選べるようで、醤油をお願いしました。
店主さんを初め、3人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


まずは麺を一本。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12444448575-14366447253.html

中太に近い麺は加水率やや高めの平打ち系ストレート。
少し自然なうねりがあり、全粒粉入りの美味しい麺ですね。
昆布水がかけられており、そのままでもツルツルと美味しいですね。
麺量は200g前後。


では、早速つけ汁につけて。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12444448575-14366447260.html

動物系は鶏が主体の清湯系のタイプ。
生醤油っぽい風味のカエシがあわせられていますね。
表層には鶏油が浮いており、アツアツに仕上げられていますね。
食べ進むにつれて、昆布水が加わり、味わいも変化していきます。

麺リフトアップの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12444448575-14366447265.html

具材はチャーシュー、刻み葱、カイワレ、味変用のわさび

チャーシューは豚の低温系のタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12444448575-14366447271.html

鶏の低温系のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12444448575-14366447277.html

豚は肉の素材のうまみが、鶏はしっとりふっくらとした仕上がり。
クオリティー高く増して正解でした。

刻み葱もこのつけ麺には合いますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12444448575-14366447280.html

カイワレも茎の長い、しっかりとした良質のものが。

最後は麺の昆布水を投入しスープ割としていただきます。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12444448575-14366447282.html


美味しい昆布水の醤油つけ麺でした。
季節的にはちょっと早いですが、ポカポカした3月の日にも
結構いい感じで頂くことができますね。
ここ数日はまた肌寒くなってしまいましたが。
是非塩Verも頂いてみたいですね。
またお邪魔します。

今年食べたチャーシュー219枚/54杯


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 3件

「チャーシューメン(820円)」@浜田屋 平須店の写真2月16日(土)13時50分頃訪問。先客5人、後客4人。

この日は先週に引き続き、水戸方面へ北上してみることに。
出遅れてしまったこともあり、通し営業の未訪店へ行ってみることに。
まず向かったのは、以前めんじろさんへ行く時に場所を予習していた浜田屋さんへ。
ですが、実は曲がりそびれて行き過ぎてしまいました。
Uターンして戻り、今度は無地に駐車場へピットイン。
ちょっと混雑時間帯をずらしたこともあり、すぐに入店となりました。

券売機で食券を購入します。
カウンター席へ座り、食券を女性店員さんへ。
男女4人くらいで切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12440924676-14358003622.html

動物系は鶏ガラあたりが中心でしょうか。
非常にすっきりとしたスープは、じんわりとうまみが伝わってきます。
昔ながらのラーメンと言った感じで、シンプルな味わいなのですが、
結構奥深く、食べ進むにつれてはまっていく感じです。
濃厚民族には不足感あるかも知れませんが、自分は気に入りました。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12440924676-14358003625.html

中細麺は加水率やや高めでほんの少しウエーブのかかったタイプ。
茹で加減固めで、理想的な仕上がり。
ぷりっとした食感で噛み応えがいいですね。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、メンマ、なると、ほうれん草、刻み葱、板海苔

チャーシューは豚のバラロールタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12440924676-14358003626.html

スライサー使用で薄めではありますが、可也の大判タイプ。
ホロホロな感じでいい仕上がりですね。

なるとが中華そばらしくていいですね。
ほうれん草は少量ですが、茹で加減良く、いい食感です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12440924676-14358003627.html

板海苔は海苔巻き麺で頂きました。

後半は卓上のブラックペッパーで味変を施します。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12440924676-14358003630.html


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12440924676-14358003635.html


じんわり来る懐かしい感じのシンプルな中華そばでした。
何だかんだで、やはり、この系の一杯のファンも多いことでしょう。
隣の方が食べていた炒飯も気になりました。
本店の方では限定も出ていたりするようですし、伺ってみたいです。

今年食べたチャーシュー164枚/41杯


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「手もみ中華そば・スーパー平打ち麺Ver(680円)他」@つけめん・らーめん活龍の写真2月8日(金)19時半頃訪問。先客8人くらい。

この日は限定麺が出ているという活龍本店さんへ。
期間限定との事で、早めに向かってみました。
お店の前の駐車場も空いていたので、無事にピットイン。
店内へ入り、いつもと変わらず、口頭注文、後会計制です。
オーダー時に「スーパー平打ち麺で」と伝えます。
トッピングもお願いして配膳を待ちました。
男女4人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12439204477-14353813171.html

動物系は鶏の清湯系のスープ。
シンプルに鶏だけを使用されてるようですが、奥深い旨さ
全く不足感を感じない、実に美味しいスープですね。
アツアツに仕上げられているところも特徴ですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12439204477-14353813175.html

スーパー平打ち麺の名のとおり、可也平たく薄い麺ですね。
茹で加減ほど良く、ピロピロの食感が堪りませんね。
製麺や取り扱いも難しそうな気もします。
麺量は170gくらいあるように感じました。

具材はチャーシュー、メンマ、刻み葱、板海苔。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12439204477-14353813177.html

安定のバラタイプをしっかり加温して載せてくれていますね。

極太メンマも活龍さんの象徴。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12439204477-14353813182.html

今回は板海苔も追加してみました。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12439204477-14353813187.html


手もみ中華そばのスープも相変わらずのクオリティーの高さ。
そして期間限定のスーパー平打ち麺が堪りませんね。
相変わらずつけ麺が人気のようですが、もう一品、期間限定で
辛い系のまぜそばが提供されていましたので、そちらも気になります。

今年食べたチャーシュー136枚/35杯


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 14件

「限定 極旨黄金ラーメン(940円)+チャーシュー432円」@鶏白湯中華そば 鶏たけ商店の写真2月6日(水)19時半過ぎに訪問。先客8人くらい。後客6人。

この日は3日間連続で現場潜入調査をして疲れ果てたので、いつもより早め。
でも、水曜日はお休みのお店が多いので、近場で頂くことに。
久々に鶏たけさんへ向かってみることにしました。
共同駐車場にボロ車を止めて店内へ。
券売機はなく口頭注文、後会計制となります。

因みにオーダーはファミレスみたいにリモコン的な機械にタッチされ、
送信されると、何とも言えない「ブー」っというブザー音で知らされます。
何か、その音が結構好きだったりします。
店主さんと男性店員さんの2人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。

https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438557136-14352291497.html

動物系は鶏と豚のタイプ。
少しトロンとした感じで、まずまず濃度もありそうな感じの仕上がり。
若干香ばしい感じもある醤油ダレが合わせられており、面白いですね。
動物系のうまみが、しっかりと伝わってきますね。
表層には透明系のアブラも少し浮いている感じです。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438557136-14352291499.html

中細麺は加水率やや高めのストレート系。
断面が丸に近いような感じで、密度が高いような感じです。
茹で加減も良く、なかなか美味しい麺だと思います。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、味玉、メンマ、刻み葱、糸唐辛子、板海苔。

チャーシューは豚のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438557136-14352291501.html

デフォルトはももか腕あたりでしょうか、いい仕上がりですね。

追加した分は鶏のももタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438557136-14352291505.html

豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438557136-14352291503.html

それぞれホットプレートでしょうか、加温してくれています。
ありがたいですが、個人的にはプレートより、バーナー炙りが好きです。

味玉はいい感じのゼリー状タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438557136-14352291507.html

メンマは超極太な感じで、1本のっていました。

白髪葱とその上には青葱と糸唐辛子が添えられていますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438557136-14352291508.html

板海苔は海苔巻麺で頂きました。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12438557136-14352291510.html


なかなか美味しい動物系の鶏と豚の一杯でした。
因みにこのメニューは一日10杯限定のようです。
店主さんの誠実さが伝わってくるお店の雰囲気や接客もいいですね。
次回は是非鶏たけさんだけに、唐揚げ祭りをしたいと思います。

今年食べたチャーシュー128枚/33杯


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 3件

「チャーシュー中華そば(980円)」@AKEBIの写真2月3日(日)13時半頃訪問。先客中待ち1人へ接続。後客多数

この日は柏方面の未訪店へ行ってみることに。
コイパは結構ありそうですので、まずはお店の住所でナビをセット。
無事にお店の前まで着くと、隣がコイパになっていたので、
そのまま進入すると、凄い狭くて急な坂道を登って入る感じです。
坂道にはホイルスピンして着いたタイヤ痕もあり、ドキドキ。
ゆっくりと上っていくと、2階部分に駐車スペースが現れました。

お店に入ると左手の券売機で食券を購入します。
少し中待ちしていると、店員さんより声がかかりカウンター席へ。
オープンな感じの厨房を眺めながら待っていると、すぐに出来上がり。
程なくして、ご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12437603630-14350065452.html

動物系は豚や鶏が使われた清湯系のタイプ。
煮干しや乾物系の出汁もあわせられた一杯ですね。
特徴的な醤油の風味も良く、表層には鶏油が浮く王道パターン。
いい味わいに仕上げられていますね。
蓮華が進みますね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12437603630-14350065457.html

中細麺は加水率中くらいのストレート系。
茹で加減ほど良く、しなやかな感じの麺ですね。
スープのまとい方も良く、マッチングもいいですね。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、メンマ、刻み葱。

チャーシューは豚の肩ロースタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12437603630-14350065466.html

豚バラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12437603630-14350065470.html

肩ロースは低温系のピンク色のタイプで
バラは安定の煮豚タイプ。
ともに大きめで厚さも程よく、美味しく食べ応えもありますね。

メンマは極太のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12437603630-14350065474.html

食感がいいですね。

青葱の刻みがまたいいですね。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12437603630-14350065478.html


正統派な美味しい中華そばでした。
券売機に書かれていた限定も気になりましたが、この時間帯では
既に×印で売り切れてしまっていました。
比較的回転も早く、どんどんお客様も来店されますが、
然程待たずしていただけるのも魅力のひとつですね。
是非またお邪魔したいと思います。

今年食べたチャーシュー103枚/29杯


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「ヤングラーメン(850円)+大盛+野菜マシ+まんぷくTP」@北海道らーめん ひむろ 龍ヶ崎店の写真2月3日(土)11時過ぎに訪問。先客1人。後客多数。

この日は午前中用足しをして、ちょっと早めのお昼を。
買い物の予定もあったので、牛久、龍ヶ崎方面へ。
久々に日本一のラーショに向かうも、早い時間帯から激混みですね
そのまま通り過ぎて、久々にひむろさんへ向かって見ることに。
オロチョンラーメン狙いでしたが、入店後はメニューを確認。

券売機はなく、口頭注文の後会計制です。
すると気になるメニューを発見。
提供できない場合もある。と書かれていたので、聞いてみることに。
すると、大丈夫とのことで、折角ですので、大盛の野菜マシを。
店主さんと女性店員さんの2人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


まずは標高のチェックから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12437435461-14349619345.html

注文時女性店員さんがこんな量ですよ。とジェスチャーしてくれましたが、
大き目の丼になかなかの山を形成していますね。

さっと火を通した感じの具合で、シャキッとしていますね。
最初は野菜から食べ進んでいきます。


少し減らしたところで、スープを頂きます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12437435461-14349619346.html

動物系は豚が中心のタイプ。
魚介系も合わせられている感じでしっかりとしたスープ。
結構強めのカエシもあわせられており、結構塩分濃度も高めです。
しかし、単にしょっぱいだけでなく、中毒性のある仕上がりで、
後を引く感じがいいですね。
スープの量自体はそんなに多くありませんが、力強い感じです。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12437435461-14349619347.html

中太麺は加水率やや高めのストレート系。
少し自然なうねりもある感じで、プリモチ系の麺ですね。
濃い目のスープを吸っていい感じに変化しますね。
デフォルトは390gと書かれていたので、大盛は450gくらいあるでしょうか。
丼の中に、ぎゅっと詰まっている感じでした。

具材はチャーシュー、味玉、もやし、キャベツ、刻み葱、板海苔。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12437435461-14349619348.html

増した分はロールタイプで4枚のっていました。

デフォルトの方は、大き目のカットで、結構な量が。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12437435461-14349619352.html

味玉はトロトロの絶妙な仕上がり加減。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12437435461-14349619351.html

これは堪りませんね。

野菜は前述のとおりで、しょぼい二郎系以上余裕である感じでした。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12437435461-14349619354.html

板海苔は風味良く、海苔巻き麺で頂きました。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12437435461-14349619356.html


ボリューム満点な旭川醤油のボリューム満点二郎風Verでした。
まんぷくトッピングはチャーシュー4枚、味玉+のりと贅沢仕様。
こちらにはデフォの2倍サイズの「でっかいどう」シリーズも健在で、
がっつり行きたい時にも満足させてくれるいいお店ですね。
次回こそは是非、オロチョンをいただきたいと思います。

今年食べたチャーシュー ネ兄100枚/28杯


ごちそうさまでした

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 2件

「チャーシューメン(800円)+味玉100円」@スタミナラーメン がむしゃの写真1月29日(火)19時40分頃訪問。先客10人くらい。後客多数。

この日は仕事を終えてつくば方面へ。
肉の日なのですが、今月はずっとチャーシュートッピングを続けっているので、
派手な肉祭りは控えることにしました。(いまさらですが・・・)
お店に到着すると、カウンター側は比較的空きがあるようです。
ボロ車を止めて店内へ入ります。

券売機で食券を購入しますが、念願のスタミナ以外のメニューを。
食券を女性店員さんへ渡して、配膳を待ちました。
厨房は男性2人、ホールは女性の3人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12436683179-14347842839.html

動物系は軽く下支えしている感じでしょうか。
表層のオイルは然程多くなく、出汁の方で食べる感じの仕上がりでしょうか。
あっさりとしたスープですが、何とも言い難い優しいうまみが堪りませんね。
癒し系な一杯は、グビグビと味わえる、美味しいスープですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12436683179-14347842844.html

中細麺は加水率高めのストレート系。
茹で加減やや固めで、大釜平ざる麺上げがいいですね。
プリッとした感じの麺で、汎用性も高そうな感じですね。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、味玉、メンマ、刻み葱、板海苔。

チャーシューは豚の肩ロースタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12436683179-14347842847.html

ホロホロの煮豚タイプで、いい仕上がりですね。
チャーシューメンだと、5枚のっていたと思います。

味玉は安定のゼリー状タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12436683179-14347842850.html

味付は薄めで、卵の風味も活かされている感じですね。

メンマは細めのタイプが多めに乗っていました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12436683179-14347842853.html

この食感がまたいいですね。

刻み葱と海苔は定番アイテムですね。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12436683179-14347842854.html


すっきりとした美味しさの正統派醤油ラーメンでした。
ホロホロのチャーシューもいいですし、メンマがまたいいですね。
県南を代表するスタミナのお店ですが、スタミナ以外のメニューも
この味わいでいただけるには嬉しいところですね。
おっと、炒飯を頼むのを忘れました。

今年食べたチャーシュー85枚/24杯


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 6件