なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「油そば 豚2枚(全増し)」@銀のしずくの写真天久保の課題店で夜の麺活

千葉の「福たけ」さん系,「東京背脂 銀の豚」の2号店として8月にオープンしたこちら。
夜営業のみなので,地元での夜ラーは基本自粛している立場としては,何となく後延ばしになっていた。
予想通り,筑波大生らしい若者がほとんどで,グループで来ている男女もある。
券売機を眺めると,メニューは,背脂醤油,二郎系,二郎系まぜそば,つけ麺の基本4種。
迷った末,まだレポのなかった「油そば」をいただくことにした。
「豚なし650円」,「豚1枚750円」もあったが,麺量は並200gなので,「豚2枚 870円」を選択し,ボタンをプッシュ。
券を渡すと,「お好みは?」のコール。
無料トッピングは,油そばの場合野菜増しがなく,ガリマヨ,ニンニク,マヨ,紅生姜。
「全部」と伝え,提供を待つ。
客入りは7割程度で,すんなりとカウンターに座れた割りにはけっこうかかった。
20分後に提供されたのは,背脂チャッチャが器の縁にまで飛んだ,背脂の浮いた割りスープ付きの一杯。
あれ?マヨは見えないけど下の方に混ぜられているのかな?

麺は,きしめんのような中加水平打ちの太ストレート。
てっきり二郎系らしい麺を使っているのかと思ったが,ワシワシ感はなく,想像とかなり違っていて,そこがまた新鮮。
こんな麺のまぜそばも悪くない。
平打ちってなぜか好きなんだよね。
タレは塩分高めの豚醤ベース。
そこにガリマヨらしい風味がかなり加わっている。
これ,意外なほど美味い。
1号店の「銀郎」は昔食べたことがあるが,かなりイマイチだったので,正直言って全く期待していなかった。
ガリマヨ増しじゃないと味は違うのだろうか。
そこはよく分からないが,とにかくマヨが嫌いじゃなければ,ガリマヨは増した方がいいと思う。
想像するに,ガリマヨ増し,マヨ増しのどちらかなんだろうね。
背脂の使い方は,二郎系ではなく,基本メニューの背脂醤油方式らしい。
細かく振られた脂がコクを増し,そこがまた魅力。
具は,茹で野菜,ねぎ,刻みニンニク,紅生姜,豚。
野菜はキャベ率高めで茹で具合もジャスト。
これぐらいの量の方が混ぜやすいだろう。
ねぎが頂上に載せられ,香味油が少しかかっているのもいい。
刻みニンにはなかなか強力。
帰ってから嫌がられるな。
豚は,厚さ2㎝近いバラロールが1枚と,厚さ4㎝近い端豚。
1号店でいただいた経験から,豚に関しては全く期待していなかったのだが,こんなボリュームあるのが載ってくるとは思わなかった。
これがまためちゃウマ。
2㎝ロールの方が脂多めで特にやわらかく,ほぼ神豚と言ってもいいかな。
端豚は赤身主体でやや硬めだったが,量が多く,とにかく当たり。
割りスープは塩気はなく,塩分調整として活用するもののようだ。
少し加えて塩気を調整。
麺を食べ終えた後,全て注ぐと,飲み干すのにちょうどよくなる。
麺量は200gだということだが,けっこう満足感があった。
完食完飲。

大きく括れば二郎系なのだと思うが,一般的な二郎系のまぜそばとはちょっと違う味わいの,ガッツリ油そば。
銀郎よりも,こちらの方が面白いのではないかと想像。
我ながらナイス選択だったかな。
とは言え,2号店の銀郎の出来も確認したいので,そのうちまた機会があったら。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「スタミナ冷やし(750円)」@スタミナラーメン がむしゃの写真9/11初訪


煮干中華ソバ イチカワで絶品煮干をいただいた後は茨城のご当地ラーメンをいただきに。
しかし、つくば周辺は高評価のラーメン屋さんが多いですね。
ドコに行こうか、かなり迷いましたよ。

煮干中華ソバ イチカワから車で走ること20分くらい。
国道脇に目的のお店が見えてきました。

http://photozou.jp/photo/show/2976235/257983723

http://photozou.jp/photo/show/2976235/257983728

広い駐車場に車を停めお店に向かうと外待ちが4人!
列に接続すると、すぐに先客(リーマン集団)がぞろぞろと退店。
お店に入って右には、店内待ちの椅子があって8人ほど待ってる!
うへぇ...と思いながら待っていると、オーダーを聞かれたので表題のメニューを発注。
先客が全て団体さんだったこともあり、1人の僕は3組ほどすっ飛ばしてご案内いただきました。
座った席の近くにはコレ。

http://photozou.jp/photo/show/2976235/257983720

着席後は10分ほど待っての配膳となりました。


見た目はラーメンに見えないですねw
やや冷えた麺に熱々の甘辛餡かけがたっぷり!
まずは餡かけの具を食べてみる。
キャベツがメインですが、その他はニンジン、カボチャ、そしてレバー。
ラーメンの具にカボチャが入ってるのは珍しいですよね。
でも、仄かに甘くて美味しかった!
キャベツはシャキシャキ!
レバーは柔らかくて臭みもなく旨い!
餡かけはちょい甘めの仕様なので、好き嫌いが分かれるかもしれませんが、個人的には「アリ」なテイスト。
そして、麺はこんなカンジ。

http://photozou.jp/photo/show/2976235/257983716

プリシコな中太麺で、餡かけがよく絡んで美味しかった。
連食だったせいか、思ったよりもボリューム感を感じたけど、美味しかったのでサクッと完食。
ちなみに、後払い制だというコトを失念してレジの前を通り過ぎてスタッフに呼び止められてしまいました(汗)

茨城のご当地ラーメン、美味しかったです!
1,800採点を飾るに相応しいメモリアルな一杯でした。
次回はもう一度スタミナ冷やしをレバー増しでいただきたいですね♪
今回の遠征では2店に伺いましたが、どちらも美味しくて満足!
幸せな気持ちで家路に就きました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚豚骨魚介らーめん 800円」@麺屋 継の写真本格的な無化調濃厚豚骨魚介だった~!の巻。

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12414001862.html

10月下旬の夜に訪問。先客7名、後客3名。
 
帰り際、近くまで来たのでこちらへ。
入って左手に券売機が有り。
狙っていた、名古屋コーチンを使用した
「純鶏そば」は、× 印。
悩んで、こちらをポチッとな。

振り返るとこちらへどうぞとご案内。
食券を渡すと、
「こちらはラーメンですので」の念押し。
つけ麺と間違う方が居るよう。
一番人気は前回に食べた、つけ麺かしら..
 
店内は男性店主さん、男性店員さんの体制。
オープンからまだ2年なので、綺麗な店内。
11月11日(日)は、2周年を記念した
限定メニュー3種類での営業とか。

少しして、着ラー。
それではスープから。
スープと一体感のある厚い油のコクに
やや強めな醤油の塩気、魚介が漂いつつ、
油脂分たっぷりな濃厚豚骨が伸びていきます。
魚介と豚骨の間を埋める旨味が
感じられず、少し違和感。

こちらは無化調なのかな?
無化調の濃厚豚骨とはあまり聞かないです。
でも、そう言われると納得出来る味わい。
無化調で、この濃厚さは凄いかなと。

まぁ、どっちでも、旨けりゃ良い派ですが...
ただ、個人的にはちょっとオイリーかなと。
 
次に麺を。
麺は加水低げな太ストレート麺。
濃厚なスープがドロリと絡み、
強めな麺肌の張りにモチネチッと粘りが強し。

麺の味わいはなかなか。
浅草開花楼製とは、茨城県では珍しいです。

麺量は普通ですが、
濃厚なスープの絡みが良いので
満足度が有ります。
 

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、
柚子皮、海苔、ナルトです。
バラチャーシューは柔らかで、
脂身の入り方も適度。
ただ、サイズ的にはもう少し。

穂先メンマはコリシャキで
食感と味付けも良好。

ネギ、柚子は濃厚な
スープに押され気味か?
海苔は麺に巻いて、パクリ。
 
あっと言う間に完食。
個人的にはちょっとオイリー...
でも、無化調と思われる、
本格的な濃厚魚介豚骨でした。
この界隈では貴重なお店ではないかと。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「ラーメン大(850円)+麺増し100円+豚増し200円」@ギガムジャキの写真10月18日(木)17時半頃集合。開店時10数人。

この日はJSAメンバー隊長から招集がかかり、期間限定で復活したギガムジャキさんへ。
前回の召集は水戸の本店でしたので、何年振りでしょうか。
店頭で待っていると、開店前ですが中待ち席へ案内されました。
冷たい風の吹く夜でしたので、この辺の配慮がありがたいですね。
そして開店の10分くらい前には、食券を買うように促され、
お好みコールをしていると、定刻となり開店となりました。
テーブル席へ案内され、配膳を待ちました。
程なくしてご対麺となりました。


まずは標高のチェックから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12413254361-14287718517.html

●そして同行者の分を並べて記念撮影。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12413254361-14287718520.html

麺増ししましたが、麺の割には器が大きいので、
はっきり言って野菜は結構なガチ盛で1kg超えていそうです。

蓮華を駆使して雪崩を起こさないように野菜から食べすすみます。


ある程度すすんだところで、スープを。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12413254361-14287718525.html

動物系は鶏と豚が使われているでしょうか。
しっかりと炊かれていて、そのうまみが良く伝わってきますね。
特徴的なのは、少し魚介っぽい風味が伝わってくることろ。
きっと本店で提供されていたスープとほぼ同じレシピと思われます。
塩分濃度は野菜マシした関係もあってか、控えめな感じ。
必要であれば、卓上にカエシがあるので、かければOKですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12413254361-14287718527.html

極太麺は加水率やや高めの平打ち系ストレート。
茹で加減ほど良く、少し時間が経ってもダレないですね。
白湯系のスープには、この噛み応えと食感のストレート系が
あう感じですね。
今回は麺増し対応で500gにしていただきました。

天地返しの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12413254361-14287718535.html

具材はチャーシュー、もやし、キャベツ、ニンニク。

チャーシューは豚バラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12413254361-14287718538.html

脂身の多いブロックタイプで、トロトロ食感ですね。

野菜は前述のとおりガチ盛な感じで、ギュウギュウに盛られています。
結構シャキシャキな感じで、食べ進むと噛む回数が多く顎に来ますね。

トロトロのアブラは増したので多め。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12413254361-14287718540.html

ちなみに野菜を増さなかったメンバーは、同様に麺500gでしたが、
隊長は5分かからず完食。リーダーも10分かからず完食。
皆さん早過ぎです。 なかなか減らないプレッシャーに焦ります。

一人遅れましたが、固形物を完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12413254361-14287718542.html

本店の懐かしい味わいを思い出しながら、楽しく頂きました。


●ちなみに、前回本店で頂いた時のショットはこんな感じでした。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12413254361-14287724415.html

この日からは辛味噌も追加されて、再訪されている麺友さんの姿も。
汁なしもあるようですし、出来れば期間中にもう一回は伺いたいところ。
100円増し現金で麺増しも出来るようですが、ご好意対応ですし、
増した場合はお残し厳禁で宜しくお願い致します。
食べすぎでむっつりするかなぁ。と思ったのですが、結構後味がすっきり。
そのあたりも、ムジャキさんのありがたい特徴でもありますね。
ちなみに隊長は、この後別の二郎系のお店でもう一杯食べたとか(凄し!)
久々に山崎総店主さんにもお会い出来て、最高の夜でした。
佐藤さん、JSAメンバー、麺友さん、皆さんありがとうございました。


ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「しょうゆラーメン¥450」@みなもとや食堂の写真本年299杯目。

初訪にて、「しょうゆラーメン¥450」ぉ。

予想よりも茶濁したスープ、ガラと乾物ぉちゃんと炊いてますね!
程よいアトム補完で、チャーシューの煮汁の様な余韻、やや変化球ながらノスラーの枠内♪

プリっと鹹水が効いた熟成麺、軽い癖が、またまたノスラーにジャスト♪

厚切りでモソッとしたロース、青味の生きてる青菜、柔らかメンマ、葱、海苔、ナルト×2♪
不遜ない布陣、日常使いとしたら嬉しいですね!

カウンター内が直ぐに母屋!?
和みますね〜、コレでグイグイ話し掛けて来てくれたら、最高のロケーションw
沿岸部、港、震災…胸アツの老舗食堂でした☆彡

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「裕雅そば900円」@麺亭 裕雅の写真10月16日(火)。
日立の麺屋 せんりさんで軽めの塩清湯をいただいた後、まだお腹に余裕があるので清湯ならもう一杯行けそうと職場への戻り道、こちらを予備知識なしで初訪させていただきました。
お店前の共同駐車場に12時50分着。
いまさらながらですが、あの豚男 -BUTAMEN-さんのお隣でした。
入店時店内客なし。
店名を冠しながらなぜか未レポの裕雅そば900円を券売機でポチリ。
店内はカウンター5席、小上がり4卓の作り。
寿司屋の居抜きっぽい作りっぽく、若い店主さんとお母さんでしょうかお2人でのオペレーション。
淡麗汁そばだと思っていたところ、予想していなかった汁なしが5分ほどで着丼です。

具材はニラ、もやし、ほうれん草、メンマ、コーン、ナルト、チャーシュー、チャーシューの下には卵黄が隠れています。
チャーシューは肩ロースとバラロールの2種。
味はほとんど付いていないので、底の醤油ダレに浸して味わいをつけておきます。
バラロールは表面に強めに炙りが入っていて表面はかなり炭化しています。
少し炙りすぎでしょうか。
蓮華に乗せられたコーンは今ひとつ存在感が薄いのですが、量的にはたくさんあります。

麺は多加水気味の微ウェープの中太麺。
ペラチケを渡す際に、おかあさん?に「中盛りで良いですね」と言われて、連食なのに「あ、はい」とついこたえてしまいました。
茹で上がりはやや硬め。
中盛りにつき麺量は225gくらいでしょうが、いただくともっと多く感じられます。

丼底にはかなり濃いめの醤油だれが張られています。
油弱めのためか粘度は極めて低く、タレの麺への絡まりは今一つ。
タレからの動物感も弱いので、旨味不足は否めません。
てなわけで混ぜ合わせるとTKG的な味わいになってきます。

スープ割りコールをすると、割り用のスープがポットにてサーブ。
割りスープは生姜と昆布主体。
予想はしていましたがコーンが大量に残るので淡麗コーンスープ的なスープ割りになりました。

メニュー、店舗情報を改めてみてみると、移転前と同じで、こちら基本的にはまぜそばの店で、レポも全てまぜそばのみでした。
連食にはチトきつく、追い飯は自粛してお店を後にしました。
ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「小(麺少なめ)ゴマつけ麺、うずら」@ラーメン二郎 茨城守谷店の写真今日は来る予定ではなかったのですが、気が付いたら駐車場に着いてました😅

10:50到着。
外並び無し。
入店すると、中待ち満席。
食券を購入し、その場で待ちます。
小ラーメン(麺少なめ)、うずら。
3日前にデフォルトのラーメンを頂いていますので、今日はつけ麺かな⤴️

タイミング的には2ndロットの方達がコールしている時でした。
それから5分くらいで1stロッターの方達が帰り始め、アッという間に中待ち先頭に。
ここでつけ麺の確認をされ挙手✋
ゴマつけ麺で。

直ぐに席に案内されました。
しばらくしてコールです。
ニンニク少なめ、ヤサイ、アブラ。
着丼😄
お〜、今日も美味そうだ💃

まずはつけ汁を。
うんまー😋
つけ麺用にチューニングされて結構濃い目です。とはいっても、ラーメンよりはさっぱりしています。酸味は優しめで、ゴマの風味がフワッと広がるつけ汁です。つけ麺といっても、あくまでも二郎感はきちんと伝わってきます🙆


ではつけ汁に浸っているヤサイを。
おいっすぃ⤴️😋
安定のクタックタヤサイ👍
ゴマが香るこのつけ汁を、絶妙に纏ってくれるのでサイコーっす🙆

で、豚さん。
今回のはかなりヤバかった❗❗
分厚い大判一つと、端の3Dの一塊。
豚入りくらいの量が入ってます🙌
濃い目に味の染みたショッパーなヤツで、ものすごくトロトロ👍適度な量の脂身が繊維質と同じ色で真っ茶っ茶になってる😲
食べるまでそこが脂身とは分からなかったくらい😄
繊維部分のホロホロっぷりも凄まじく、バランスがとれていて大満足💃
もうGOLDLEGEND豚ですな😋

麺もプリップリでクニュッモチッてしてて、ラーメンの時とは違った美味しさがあります👌
麺には直接ゴマが振りかけられており、ちょっとしたアクセントになっています。
そのまま啜って麺単体を楽しんだり、スープに浸しておいて、濃い目に味を染みさせてから啜ったり、普通に啜ったり😋
間につまむウズラがまた良いんだなぁ⤴️

ただ量が多いことだけが毎回怖いところ💦
一つ上のサイズの麺量、若しくはそれ以上で出てくると思っていいかなと…😲
でもたまに相応の量だったりもするので、少ないサイズは押しにくいのよね😅

こんな感じのオペブレも、味のブレも楽しむのも二郎の醍醐味ですよね😁👍

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「手打ニンニク中華そば¥750-+餃子¥380-」@藤屋の写真ノイドさんのレポを見て4年ぶりでしょうか、伺ってみました!
此方は記憶では3回くらい食べてるはずですが、しばらくぶりですね(^^)
なにしろ店主が元気なのが嬉しいです、結構な高齢のはずですが麺あげも中華鍋を降るところを見ると年齢を感じられませんよ❗
この日は土曜日でしたので初のニンニクそば、ウエーイ(///ω///)♪
目の前の店主さん、先ずは塩のような粉を丼に科調も多分(笑)
流れるような無駄のないオペで、平ザルで湯切りして助手のオバチャンと盛り付けして御対麺(^^)
ニンニクの量がJ系みたい(^^)/
ニンニクを混ぜ混ぜしてスープから行くと、明らかにニンニクの風味が加わったこのスープめちゃ旨んまいですよ❗
豚鶏でしょうか出汁感の主張はなく、かといって醤油ダレもでしゃばってなく飽きのこないスープですね(^^)
もうひっきりなしに客が押し寄せ席が空くことはありませんよ(//∇//)
自慢の青竹手打ちの麺は可水率高めのピロピロで太さも不揃い(^^)v
レジェンドの青竹手打ちの麺ですが、コシが無いのは下振れでしょう、過去の記憶では違いました❗
チャーはお肉の美味しい味がする奴が2枚、旨んまいっすw
ワカメは佐野ラーメン系のスープには合うと思いますよ!
メンマは薄切りで平べったい奴で食間が抜群(^^)/
スープの底にニンニクの粒々が沈殿していて、レンゲですくいKKF( ☆∀☆)
これで麺が期待通りなら最高でしたΨ( ̄∇ ̄)Ψ
レジェンドの親父さんが頑張っていますので、また伺いますね🎵
御馳走様でした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「はいから味噌」@麺処 はいからの写真10/22
友人と約束していた煮干しの聖地が急遽臨時休業という事で、はいから。

前回が白富士だったので久しぶりのはいから味噌(麺を平打ち→中太に変更。辛さ、痺れ共に普通)とお気に入りの通称、神豚こと煮豚を。
780円+180円也。

つくばで味噌ラーメンといえば、自分の中で蒼AOIかはいからってくらい好きなお店です。
正直カラシビ普通でも自分には辛過ぎました。
次回食べる時はカラ少、シビ普でいいかな。
でもスープを飲んでると味噌の甘みやコクも感じ完成されていますし、流石お店の看板。
味噌ラーメンに合う野菜は、気持ち少ないように感じるので増しでたべるのも有り。
中太麺でも合わなくはないですが、自分は今まで通り平打ち麺の方が好みです。
そして神豚が、めっっっちゃ柔らかくて美味しい。
一口食べて何でライスも頼まなかったのかと後悔、はいから味噌+煮豚+半ライスってのが定番になりそうです。
桜玉付けたらより良いですね。

ま、多分次回は豚増しで富士食べるけど。
神豚万歳。

※ここから余談

食べ終わって11:30頃。
帰りがてら煮干しの聖地前を通り過ぎたら、臨時休業という事を知らないのか、15〜20人もの列が・・・何でだ?
朝6時頃にはツイッターでご主人が呟いていたのに、初めて訪問された方々ばかりだったのでしょうかね、臨時だった為か休業の張り紙も張り出されず可哀想に・・・。
これからは待つのがつらい寒い季節です。
次回はこのお店に限らず、人気店は事前にお調べになってからお越し下さいませ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 750円」@俺の生きる道の写真ラーメン(ニンニク少なめ、ヤサイマシマシ)750円


10/22 月曜日 19:30 突貫じゃーいッ!!!


友人に何店舗か選択肢を与え、選んだのがこちらっすw
なかなか良いセンスしてるじゃねーかww
最近は客入りも落ち着いてきて、並ばずに座れるのはありがてぇーッ!!!
店員さんに食券を提示し呪文を唱えませうw


店・7点
接客・7点
清潔感・7点
回転率・6点
麺・10点
汁・8点
トッピング・8点
コスパ・9点
俺的補正MAX20点中・28点

合計・90点


10分強でちゃくどーんッ!!
今日のヤサイマシマシはこのぐらいの盛りっすね。
毎度のように豚さんをおかずに野菜を削りませうッ!!
豚さんはでかいのが1枚とほぐし豚のようなものが少々で、味は濃いめで赤身は肉々しくワイルドだぜぇ~
特にほぐし豚は味が染みていて激デリっすねッ!!!
ヤサイはいつもよりもシャキめですが、一般的なGの基準からするとクタっすねw
麺はいつものマッチョ麺で言うこと無しのデリシャス。
汁は提供時は非乳化ですが、中盤から乳化が進む感じです。
豚感も強く、独特の甘味はクセになりますよッ!!!

最近は味も安定してきて、コスパも申し分なし‼
これは私が追い求めていた一杯かもしれまんッ!!!!


おーうんめぇッ!!!!‼

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件