なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「煮干し中華そば ¥780円(奥久慈卵の味玉サービスCP)」@らーめん ちゃん亭の写真2018/6/17

長閑な県道沿いに佇むこちらのお店、店舗横にある専用駐車場の奥には、大型トラックが停められる広大な敷地が用意されている
お店に入ると入口に券売機が2台設置してあります。先ずは券売機で食券を購入
券売機上に貼られた写真入POPメニューを眺めると【当店人気No1】と案内されてるのは「極醤油」だが、左上に位置するのは「煮干し中華そば」
限定メニューらしく、某ラーメン雑誌でも紹介されてたので迷わずこちらをポチリ
種類豊富に取り揃えたラーメンの他、ホルモン、ごはんバーなるライス食べ放題や各種定食、丼物も多数用意されておりトラック野郎の胃袋も満足させるメニュー構成
お店の中は黒を基調としたシックな造り。 カウンター席の他、ボックスのテーブル席も用意された広目の店内
ホール係のお姉さんに食券を渡し、待つこと数分。。 綺麗な白い受け皿に乗せられ着丼
琥珀色したクリアーなスープは、煮干の旨みを十分に抽出
醤油ダレは地元茨城筑西の老舗醤油「上ホ醤油」の生醤油を使用とのこと
煮干の香ばしい味わいの中から仄かな甘みと酸味を感じられた
具材のチャーシューは2種類、低温調理された肩ロースとハムのような燻製仕立てのスモーキーなバラ肉
メンマは穂先の柔い部位。シャクシャクした食感でしつしっかりと味付けされたもの
某ラーメン雑誌のクーポンでサービスして頂いた味玉が秀逸♪ 奥久慈卵を使用し絶妙な半熟加減で黄身が濃厚。味玉食べて久しぶりに感動した
麺は菅野製麵の中細ストレート。加水抑え気味でサクッと歯切れがよくしなやかな喉越し
美味しく麺を啜り終え、スープを飲み干そうとした瞬間、どこからか漂うタバコのフレーバー。。
こちらのお店、終日喫煙OKらしく愛煙家に優しいラーメン屋さん。クオリティ高いラーメンを提供してるのだから、せめてランチ時だけでも禁煙タイムを設けてもらいたいものだ

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「五目冷やし中華950円+大盛150円」@手打ラーメン 暖宝の写真いつもは白みそラーメンをいただきますが、6〜9月は同じ麺を使った「ざるラーメン」と「冷やし中華」が期間限定でメニューに加わります。

五目冷やし中華の具はゆで卵、錦糸卵、トマト、シナチク、コーン、レタス、もやし、ハム、チャーシュー、ワカメ、紅ショウガ、ノリ、、、、と色々乗っており、五目ではない普通の冷やし中華(800円)とは何が違うのか気になるところですが、冷たいスープと青竹打ち手打ち麺がよく合うのでそんな疑問はどこかに飛んで行ってしまいました。

惜しむらくは、冷たい分だけ麺の量が少なく感じてしまうことと、チャーシューの脂身が気になることでしょうか。
好き好きだとは思いますが、暖かいと溶ろけて美味しい脂身が、冷たいとザラザラして口の中に残ってしまいます。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「担々麺  820円+税」@円家 下館店の写真週末、夜の時間に訪問
店内は家族連れなどで賑わっている感じです。

担々麺をチョイス!
数分で到着!

見た目は値段に対して具材が少ないかなぁ
マゼマゼしてスープを飲むとまぁまぁ良い感じ
ちょっとしつこい感じが良いです。

麺が角細で細麺なのでかなり柔らかく感じました。
細麺は豚骨ラーメン以外はNG派なのでちょっと残念でした。

辛くしたかったのですが、卓上調味料に唐辛子はなく
ニンニクなどもないのでこれまた残念。
仕方ないのでラー油とブラックペッパー投入で完食!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「天草淡麗つけ蕎麦 昆布水〆(850円)+濃厚チーズリゾット」@つくばらーめん 鬼者語 -オニモノガタリ-の写真6月19日(火)19時50分頃訪問。間もなく材料切れ閉店。

この日は久々に鬼者語さんへ。
少し前の周年記念は都合で伺えませんでしたので、お祝いも兼ねて。
いくつかメニューがあり、悩んでも優柔不断なので、店主さんに
おすすめを聞いて、表題メニューを頂くことにしました。
サイドメニューの濃厚チーズリゾットも気になりましたので、
そちらは現金でお願いしました。
程なくしておしゃれな器に盛られて登場となりました。


まずは麺を一本。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12385850705-14216431885.html

中細麺は加水率中くらいのストレート系。
整列されており、昆布水がかけられていますね。
思ったよりもパツパツ系ではなく、ややマイルドな感じの食感。
しなやかな感じで、のど越しもいいですね。
麺量は中盛りにしていただいたので、200g強と言った感じです。


では早速つけ汁につけて。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12385850705-14216431889.html

動物系は鶏が中心の淡麗系タイプ。
天草大王が使われているようで、その一口目は結構なインパクト。
カエシの醤油加減もいい感じで、オイルも可也相乗的に効果を発揮。
この器も特徴的な形で、勝手な想像ですが、香りを楽しむのに
優れた形にされているのではないかと思いました。

麺リフトアップの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12385850705-14216431890.html

具材はチャーシュー、刻み葱、糸唐辛子など。

その他には、味変用にわさび、キャビア、抹茶塩、梅塩なども。

チャーシューは豚のタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12385850705-14216431892.html

鶏の低温系タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12385850705-14216431895.html

豚の方は薄くスライスされており、軽くあぶりの入ったもの。
珍しい仕上げ方かと思いますが、上品で美味しいですね。
鶏の方もきれいに盛り付けられており、かけられたソースがまたいいですね。

途中から、味変アイテムを堪能します。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12385850705-14216431905.html

わさびは王道的な愛称で、さっぱりといいですね。
塩類も、麺に軽く沿わせて、そのまま頂いてもいいですね。

そして濃厚チーズリゾット。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12385850705-14216431908.html

大分ボリュームアップしてくださったようで、ありがとうございます。

こちらも一口頂くと、衝撃が走るくらい濃厚で超うまいですね。
ご飯の感じも素晴らしく、みるみる食べ進んでい行きます。
更に下の方にはバジルソースが仕掛けられており、混ぜると
味わいが変化して、これもまた美味しいですね。


最後は昆布水でスープ割を施し、完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12385850705-14216431910.html


天草大王の淡麗つけ、実に美味しかったです。
あえての欲を言えばですが、可也初動でインパクトが強く
もちろん昆布水が融合していくと変化して、面白いのですが、
後半にもガツンと変化する仕掛けがあると、もっと嬉しいかもです。
チーズリゾットは完全にはまりました。提供されていたら鉄板です。
改めまして。遅くなりましたが2周年おめでとうございます


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 6件

「中華そば 塩+味玉」@麺 the Tokyoの写真「中華そば 塩+味玉」
鶏清湯は出汁感が出ていて旨いね~
味付けも輪郭が確りしていて好みだな~予想より好印象!
菅野製麺の細麺も茹で加減ジャストもパッツン食感でエエの~
具材の炙りのバラチャーの味付けや大葉とかまぼこと良く考えてられてるな~
卓上に山椒が置いてあったので最後にチョイとアクセントをプラス!
ご馳走様でした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「しじみらーめん(メンマトッピング)」@ラーメンショップ椿 ひたちなか店の写真しじみは申し訳程度かな~、ってあんまり期待してなかったんですが(失礼)写真の通り、しじみはかなり載っています(*゚▽゚)
ラーショ特有の脂ちっくな醤油スープと濃厚なしじみスープがまいっちんぐしてメガトンはいぱぁ馬馬馬ぁっO(≧▽≦)O
濃厚なしじみスープだからこそ脂に負けない…どころか互角に渡りあえてるのですね~。あまりにも馬かったので (ノ゚ο゚)ノ# ベルギーワッフルさんを進呈っ!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【本店限定】冷やし担々麺(大盛)」@つけめん・らーめん活龍の写真今年初の冷製

最近は,その店舗ごとに時々限定を出すようになってきている活龍さん。
今回の本店限定は,冷やし担々麺ということなので,久しぶりに来てみた。
店頭に限定が書かれたブラックボードが出ているのを確認して入店。
お姉さんに「冷やし担々麺大盛り!」とすかさず注文。
大盛りも並と同額,800円である。
間もなく提供されたのは,涼しげなガラスの器に盛られた,底に少量スープが張られた一杯。
具の中にはやはりザーサイが。
こちらの担々麺と言えばザーサイだね。

麺は平打ち中細ストレート。
冷水で〆られれているので強い腰があるが,硬すぎるということはなく個人的にジャスト。
冷麺のような腰だけの麺とはちょっと違い,冷製でも小麦の味わいがしっかり感じられる。
最近特につくば製麺さんの麺って美味しいよね。
底に張られたスープは,胡麻感たっぷりの適度に冷えたもの。
辛さはそれほどでもなく,辛さヘタレでも十分いただける。
辛さの主体はラー油かな?
私には十分だが,辛いのが好きな方は,卓上の一味やラー油をかけたくなるかもしれない。
具は,フライドオニオン,水菜,紫玉ねぎ,ザーサイ,肉味噌,白髪ねぎ,糸唐辛子。
ねぎをどけてみると,肉味噌にたっぷりと山椒がかけられている。
全体をよく混ぜると,痺れもくるような設定らしい。
では,と,全体をよく混ぜてからいただくことにする。
肉味噌はあまり甘みがなく,調味は間違いない感じ。
山椒や胡麻スープとこの肉味噌が溶け合うことによって味が完成していく。
活龍さん系でいつも頭に浮かぶ思いが,この日も浮かぶ。
(上手く作るなあ……。)
辛さといい,胡麻の味わいといい,痺れといい,動物出汁の効き具合といい,全てが程よく,万人が「美味しい!」と感じられるものに仕上がっている。
チェーン店なんかは常にそこを目指しているのだろうが,活龍さんはそれを高い次元で実現してくるのがすごい。
水菜やねぎ類は,サラダっぽい爽やかさを提供。
フライドオニオンやザーサイがアクセントになる。
麺量は大盛なので250くらいかな。
するっと入るのでこのくらいは欲しい。

胡麻感たっぷり,辛さも痺れも程よい,間違いない感じの冷製担々麺。
この日はそんなに暑くなかったが,暑くて食欲が出ないなんていう日にはきっと美味しさは倍増するだろう。
提供期間は示されてなかったが,再び暑くなるまでは続くと思う。
暑い日には,レビュー関係なしにまた食べたくなるんじゃないだろうか。

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 15件

「special Abura-on」@良温(Ra-on)の写真この日は茨城出張一日目、昼時に土浦でしたので、1年ぶりに此方に伺いました。
11:45着、前客2で後客は約5分で満席の外待ちでした!
後5分遅れたらと思うとラッキーでしたね(^^)
何か変わった限定を期待してましたが、無かったので未食の此方を口頭注文、メニュー名から汁無しかと思ってたら汁ラーメンでビックリ(゚o゚)/
あっ、でもスペシャルは限定のことか(笑)
この日は店主さんと女性スタッフの2名体制でしたね。
ほどなく着ラー、意表をつかれましたね、でもスープを啜るとめちゃコクがあり美味しいんです!
追い鰹の旨味がガツンと効いて油のコクと相まってこれはパンチがあります(^^)
合わせる麺は、加水は若干高めの中太平打ちの手揉みで縮れ具合が気持ち良く喉越し抜群でパンチの効いたスープに負けずめちゃ好きです(^^)/
チャーが大きなロースとJ系の豚みたいな厚みのある角切りが皮付きでトロトロのが5個で堪らん旨さ!
ネギに玉葱がオイリーさをカバーし、木耳はコリッコリの食感でgood
ナルトは端っこのせいか3枚入り(笑)
メンマは記憶に残らず(//∇//)
濃い~旨さでしたが、麺量が200gとチャーが多くほぼ腹パンでした、同僚が塩の大盛りでしたので私もあわよくば、ひげ玉の小を頼もうと思っていましたが十分満足でした!
いやあ~やっぱ良温さんは(⌒‐⌒)まいですよ!
それと、店主の所作が何気に心地良いですね(//∇//)
最近は茨城県にもなかなか来ることが出来なくなりましたが、一年に一回でも此方は外せませんね(^_^)
二日目の明日は何処に行けるかワクワクです!
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 3件

「限定 咖喱らぁめん+チーズ」@麺匠 ことぶきの写真2018/1/19 20:30訪問

久しぶりにいただいたが、やはりクオリティの高いカレーラーメン。
わたしのいただいた中でも3本の指に入る美味さ
食べたことのない人は是非。
ライスがなかったのが悔やまれる…

■スープ
鶏白湯がベースと思われるカレー。数種類のスパイスが使用されているらしい。
これがまた、鶏だから比較的あっさりめなんだけど、しっかりコクもあって美味い。
マー油の役割も大きそうだ。
■麺
中細のストレートを使用。モッチリとした食感。
■具
キーマカレー、鶏チャーシュー、パプリカ、ブロッコリー、玉ねぎ、チーズ。
これらも毎度お馴染み的なメンツ。
鶏チャーシューが何気にクオリティ高いから推せる。

店の外に待合席が出来て改造されとった。

駐車するときだけど、となりのアパートで夜勤?の人がいるっぽいので、
できれば前向き駐車ではなくバックで駐車してあげた方が良さげっぽかった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 15件

「梅海苔しおらーめん800円」@ら麺 はちにの写真2018/6/12
【馬の友達の熊もやっぱりアテにならないw】

外見も中身もステーキ屋かアメリカの片田舎にあるレストランの様なお店 大箱だ
そんな訳で店内は薄暗いがスタッフは多い
おねいさんが席にご案内&お冷を出され「いらっしゃいませ、こんにちは」 ハイ、コンニチワw

口頭注文後会計 メニュー上段は"火山"と付く辛いやつらしいので回避 ちゃぶ屋のイメージの表題に貧乏乞食は平日ランチサービスのミニチャーシュー丼100円!を付けてオーダー

然し再度メニュー横の各種能書を読むと鶏白湯みたいだ!ちゃぶ屋的清湯と勘違いでオーダーしてしまった…(・・;)

暫し後、目前までサーブ
ビジュアルはトールな丼に具沢山な一杯
具材は2種の叉焼と大葉の上に載った大粒の梅干、ちぎり海苔、大根おろし

海苔を掻き分けスープを飲むと濃厚な鶏白湯 スープは可なり少なめ これを大根おろしや海苔、梅干を噛り噛りしながら飲み進める 当初違和感があった組み合わせだが意外とさっぱりと頂ける

麺は中細ストレート まあ鶏白湯に合わせ易い定番な麺 咀嚼すれば小麦感もする

鶏レア叉焼は胸肉でコレも定番 巻豚の叉焼は薄め大振りでやわホロ 丼の中で崩れてしまう

ミニチャーシュー丼は水菜がイイ塩梅に砕けた叉焼と絡まり美味しい

さて最終コーナーに差し掛かり梅干や海苔、おろしが消えると底からキャベツが登場!そしてスープを改めて啜ると喉の奥に残るお味が顕著に… おそらく浅利だろう、正直クドい 梅干たちが活躍してた前半が走馬灯の様に思い出される うーむ…

このメニューは過去に"岩のりラーメン"として提供されていたものと思われ多分"岩のり"のネーミングを辞めたのだろう
ほぼ隣接のたつご味噌を使った味噌メニューの方が良かったかも知れない
因みにコチラの接客は頗る良い

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件