なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「蛤そば(醤油)880円他」@麺屋壱心の写真黒トリュフソースが贅沢な一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12529170933.html

9月下旬の昼に訪問。
先待ち客6名、後客0名。

約3年振りにこちらへ。
昼営業はもうすぐ終了の時間ですが、
待ち客が居て人気です。

入って左手に券売機が有り。
以前から食べたかったけど、
未食のこちらをポチッとな。
腹ペコだったので、チャーシュー丼もポチリ。
外で待っていると食券を取りに来られたので、
醤油でお願い。

回転は早く、直ぐに店内及びカウンター席へご案内。
店内は男性店主さん、男女店員さん2名の体制。

そして、着ラー。
それではスープから。
力強さのある香味油のコクに醤油タレの塩気、
蛤の潮感があまり感じられないけど、
旨味が濃いです。

動物系は鶏清湯が下支えと妄想でき、厚みが有ります。
今年の3月から、蛤そばのトッピングが
黒トリュフソースに変わったとか。
そのトリュフの癖が蛤の潮感を
阻害しているように感じますが、
逆に塊みたいに旨味が濃いです。
これはこれでとても美味しいです。

次に麺を。
麺は加水やや高げな細ストレート麺。
スープを束になって拾い、
トリュフも香りつつ、しなやかで
上質な小麦の旨味が拡がります。
うわ~、この麺、ウッマ~!
菅野製麺製ですが、
小麦粉も上質なのを使ってそう。
これは麺単価が高そうです。
麺量は体感140~150g程度。


具は黒トリュフソース、蛤、
チャーシュー、メンマ、カイワレ、ネギです。
黒トリュフソースは強い香り。
他の具材からもトリュフが感じられて贅沢。
蛤はスープに旨味を少し供給してるかも?
ですが、トリュフが香りつつ、上品な旨味が有ります。
チャーシューは時間経過で
レア感が失われつつありますが、
肉の旨味が十分です。
穂先メンマはシナコリシャキで食感良好。

チャーシュも丼も旨かった。
刻み玉ネギやベビーリーフがシャキシャキで、
マロクリーミーなソースに
果実の甘味を感じるタレが絶妙です。
これは見た目以上に美味しいです。

あっという間に完食。
3年振りですが、顔を覚えてくれいたようです。
女性店員さんはお母様ですか?
あぁ~、お元気になられたんですね!?
いや、ずっと元気ですよw

黒トリュフが贅沢に感じられる一杯でした。
麺も凄い美味しかった。
チャーシュー丼も美味しかった。
ご馳走様です。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

なんと3年ぶりでしたか😅
ミシュランのお店を彷彿とさせる一杯ですねー🤤

NORTH | 2019年9月24日 15:59

どもです。
その3年前にブックして埋もれていたお店です(笑)
龍ヶ崎でも牛久よりなら行けるのになあ😅
場所が微妙です★☆(*´з`*)☆★

ラーするガッチャマン | 2019年9月24日 18:27