なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば 醤油 780円」@中華そば 飯村製作所の写真開店20分前の到着でしたが先客は1名と若干拍子抜け。しかしながら開店時刻が迫るに連れ行列がどんどんと伸び、定刻よりも2分ほど早く開店となりました。
メニューは『中華そば』を筆頭に『汁なし』・『つけ麺』・『タンメン』など、思いのほか多彩なラインナップ。醤油か塩かで非常に迷うところではございますが、素直に左上の法則に従います。

スープはふくよかに感じられる動物系をベースに煮干しを主軸とした乾物魚介がふわりと香り、僅かなビター感が後味に残り非常に後を引く味わい。醤油ダレはやや甘めな印象で素材の旨味をしっかりと底上げし、コクや旨味も充分備えており初っ端からレンゲが止まらない美味さ。

麺は自家製の中細ストレート麺。麺肌はややざらついた印象で非常に歯切れがよく喉越しも抜群。小麦の風味も豊かに感じられスープとの相性は言わずもがな。

チャーシューは肩ロースが1枚とモモ肉(でしょうか?)が2枚。何れも芳ばしい風味を伴い異なる食感が楽しめ秀逸な出来栄え。
その他の具材はメンマ・青菜・海苔・薬味ネギなど。

いや~、非常に美味しかったです!
ただ少々気になったのは『中華そば』よりも『タンメン』の方がオーダー率高かった事でしょうか?(笑)
って事で、次回は『タンメン』を頂きに来ます!

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。