なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「味噌らぁ麺+釜焼きチャーシュー」@麺や 虎徹の写真[訪問時期] 2018年12月下旬(休日) 昼
[注文方法] 口頭注文、後会計
[メニュー] 味噌らぁ麺+釜焼きチャーシュー
[価格] 850円+200円
[スープ] 鶏/清湯
[味] 味噌
[麺] 平打ち中太縮れ麺(150g位)
[トッピング] チャーシュー2種、玉ねぎ&挽き肉炒め、メンマ、葱2種


★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12431153794.html

-------------------------------------------------------------------

冬休み初日、MPさんと行方へ。
冷やし薬涼以来ご無沙汰する間に、店の大看板は勇猛な虎に変わっていた。
定刻開店時のシャッターズは15名ほど。
カウンター席に収まり、今日狙いの味噌に、絶対外せない釜焼きチャーシューを追加して注文。
虎徹さんの味噌は昨季もいただいたが、もちろん今年はスペックを変えてきている。
着席から10分弱でご対麺。

[メニューの案内]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12431153794-14334527893.html
[ご対麺]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12431153794-14334527927.html

■ スープ
鶏清湯ベースに秋田味噌ほか数種のブレンド味噌、フルーツスパイスを合わせたスープは、基本昨季のものを踏襲。
今季は更にマー油が加わった。
フルーツスパイスは時にフワッと甘く、時に軽く痺れるアクセントで、マー油の上品な苦味と共に、十分な味噌感と見事にシンクロ。
そこに、炒め煮された玉ねぎの甘味、刻み葱の苦味が追い討ちをかけてくるのだから、もう堪らない。
挽き肉由来なのか、コクと旨味がどんどん増していく。
いやいや、このバージョンも凄い。

[スープ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12431153794-14334527951.html
[マー油]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12431153794-14334527994.html

■ 麺
自家製の平打ち中太麺。
レギュラーメニューに使われる手もみ麺と似ているが、ハリや若干強めな歯応えを感じる。
昨季とほぼ同じ印象で、加水を抑えた専用麺だろうか。
いずれにしても食感、風味共に濃厚スープを確り受け止める。
麺量は150gオーバーほど。

[麺リフト]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12431153794-14334528036.html

■ トッピング
デフォ仕様はバラ煮豚チャーシュー、玉ねぎ&挽き肉炒め、メンマ、葱2種。
昨季とは若干仕様を変えてある。
追加した釜焼きチャーシューが3枚、ご厚意でいただいた味玉。

軽く炙りの入ったバラチャーはヤワトロで、味噌スープと良く馴染み、文句なしの相性。
中華鍋で炒め煮されたたっぷりの玉ねぎ&挽き肉、その効用は上述の通り。
純すみ系などではトロトロ状だが、当店はシャリッと食感を残した加減で、甘味が出過ぎず、フルーツスパイスの風味も損なわれることがない。
やや太めに刻まれた葱も、濃厚スープに絶妙に合う。
さすが良く練られている。
釜焼きチャーシューは、相変わらずマイベスト。

[全景]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12431153794-14334528058.html
[バラチャーシュー]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12431153794-14334528079.html
[釜焼きチャーシュー]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12431153794-14334528145.html

■ 感想など
甘辛苦味のピンポイントのせめぎ合いを楽しめる、当店ならではの味噌スープは、今季も健在。
麺からトッピングの細部に至るまで、実に拘り抜かれた絶品だ。
当店の冬の風物詩、これは外せない。

ご馳走様でした。


【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:独創性
・減点ポイント:

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 20件

コメント

こんばんは
突き抜けた味噌のようですね!
フルーツスパイスやマー油も良さそう!
窯焼きは外せませんね〜👍

キング | 2019年1月6日 22:03

どもです。
年末にわざわざ行く価値のあるお店ですよね🎵
わたしは年に一度、薬凉の時に伺っていましたが、
この味噌も今年の年末は狙って見たいです❗

ラーするガッチャマン | 2019年1月6日 22:08

こんばんは〜
最近皆さんの茨城攻めが目につきます。
こちらも行きたいランキング上位なんですよね、近いうちに何とかしないと(^^)

がく | 2019年1月7日 01:09

こんばんは~
くーーっ、これは美味しそうな味噌ですね~!
味噌にマー油が気になるので、久しぶりに新宿のなんつっ亭系に行ってみます👍👍

銀あんどプー | 2019年1月7日 01:53

としさん,どうもです。
今年の味噌も美味しいですよね。
デフォがまず美味しい。
そして,夏と冬の季節限定も特徴あり。
ますます隙がなくなってきています。

RAMENOID | 2019年1月7日 06:50

こんにちは。
此方の味噌は気になってました~
今シーズン中に食べに行きたいな~

kamepi- | 2019年1月7日 06:57

一味違うハイレベルで美味しそう♪
仕事でご一緒出来ず無念です…

おゆ (ゆっくりめで) | 2019年1月7日 07:54

ハイレベルの味噌ラーメンですね。
甘辛苦と三位一体スープ。そそられます(^^♪

YMK | 2019年1月7日 08:22

虎の看板カッコいいですね😊
この味噌食べたい🤤

NORTH | 2019年1月7日 08:55

こんにちは。
やはりこちらの味噌は美味しそうですね~!行きたいですが、なかなか行ける場所ではないので、味噌提供期間に行けるかは微妙です(>_<)夏は絶対に時間作りますが^^

poti | 2019年1月7日 09:43

魅力的な限定に浮気してこの味噌食べて、、、ます!(笑)
寒い中外で仕事してる今、激烈にタベタヒです( ;∀;)

角海屋 | 2019年1月7日 10:13

こんにちは。

今年はまだ行けていないんですよ、
まさしく冬の風物詩。
N女子の笑顔にも癒されに行かなければ。

glucose(がちまやー) | 2019年1月7日 11:04

こんにちは!
なんですかね、食べなくても絶対ウマいのがわかりますw
甘味と苦味のバランスに驚き、釜焼きチャーシューでKOする姿が浮かびます(笑)

塩対応 | 2019年1月7日 13:12

続いてどうも~

コレまた素敵な一杯ですね~♪
今年こそ第二の茨城遠征で初訪問を果たしたいですw

バスの運転手 | 2019年1月7日 14:04

コメ入れられずすいませんでした。
秋田味噌は赤系なのでしょうか。
最近めっきり赤味噌が好きになってまして、気になってしまいます。
うお青の貝塩より点数が高いとは、どんなものなのか余計気になりますよ。
私、うお青の貝塩に95点付けそうでしたもん。

mona2(短レビュ) | 2019年1月7日 20:08

こんばんは!

おお〜‼️😳大台の味噌😍コレはほっとけません‼️😤が、茨城ですか〜😭 やはり遠征せねばならないですね‼️✊

こんにちは。

自分も年末に行きましたが、見事に滑り込み失敗。
そして、年明けにこっそりとリベンジして来ました。
限定はなかったので、自分も味噌りましたが、
可也の好印象でした。

ももも | 2019年1月7日 20:37

こんばんわ~

おぉ~!大台ですね!

スープも釜焼きチャーシューも旨そうですし、
コレはマジで食べたみたいですわ~♪

たく☆(摂生中) | 2019年1月7日 21:28

どうも~

こちらの味噌、フルーツスパイスと黒マー油の主張がたまらん味わいでしたねぇ…
普段いただく優しげなスープとは趣の違った攻めな一杯で大満足でした。
茨城は他にも宿題店溜まってますが、こちらの誘惑が強すぎるのがある意味難点です(笑)

ペンギン軍曹 | 2019年1月7日 23:10

こんばんはぁ~♪
今年の大みそかはこちらですね!

mocopapa | 2019年1月11日 22:57