なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「つばめらーめん ¥750円(味玉サービスCP)」@麺屋 とどろきの写真2018/12/1

オープン当初は前身である「らーめん盛智」さんの流れを汲んだ節系「かつお醤油」を看板メニューに置いていたが、知らぬ間に燕三条系ラーメンをメインにリニューアルしていたこちらのお店
ラー本にも掲載され、気になったので土曜日の昼時に訪問
駐車場は店舗前の共用駐車場に8台分。 入り口の窓ガラスには『新潟 燕三条』の大きな文字が目を引く
お店に入ると先客の姿は4名ほど。厨房から「いらっしゃいませ~、カウンター席へどうぞぉ~」と可愛らしい声が聞こえてきました
券売機の設置は無く、席に置かれたメニュー表から口頭で注文し食後に後払いするシステムのようだ
店主は若くて可愛いらしい女性。ワンオペらしく厨房で作業しながら注文を受けたり会計したりと忙しない様子である
手の空いたタイミングを見計らい表題を注文。背脂の量を問われたので普通でお願いしました
待つこと数分で着丼。煮干を効かせた醤油スープに背脂がたっぷり降られてます
煮干の主張は思いのほか控え目、少しばかり拍子抜けだったが口当たりはさっぱり
エッジの効いた濃口醤油に背脂のコクと甘みが広がり飲み口良く仕上がってます
具材はクーポンでサービスして頂いた味玉・チャーシュー・岩海苔・メンマ・玉ねぎの微塵切り
炙りの入ったチャーシューは薄切りの三枚豚。メンマは太めの材木型、ゴリコリの歯応えで柔らか仕上げ
岩海苔は磯風味良いのだが、カリカリに乾燥し固まりになってたのが少々残念⤵︎  粗刻みの玉ねぎはコッテリした背脂スープに清涼感を与えてくれた
やや黄色みがかった麺は、モッチリした食感の中太麺。ラーメン雑誌で使用している麺は「村上朝日製麺所」と表記があるが、会計時レジの奥に「菅野製麺所」の麺箱が置かれていた
太さによって麺を変えているのであろうか?
店主一人で終始忙しなく切り盛りされていたが、券売機方式でないと注文や会計するタイミングに少々気遣ってしまった
人手不足ならこそ券売機導入された方がオペレーションも捗るのでは?

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。