なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ちゃーしゅー麺 ¥800円」@松屋製麺所の写真2017/6/15

筑波山の麓に佇むこちらの製麺所。営業時間は朝7時からと、つくばの朝は早いw
お持ち帰り麺の販売がメインだが、店舗の片隅に備えたイートインコーナーで「試食」と名を兼ね、ラーメンが食せるという製麵所
現着は朝の9時。店舗左横の駐車スペースに車を停め、暖簾を潜ってみた
イートインスペースには、壁に向かって7席用意されている
先客の姿はなく、忙しなく作業されていた店主殿に「こんちわぁ~、試食で食べれます?」と挨拶をしながら表題をオーダー
代金を前払いで済まし、しばしウェイティング
待つこと約13分、店主殿から「お待ちどぉ~さまです」と声が掛かり、セルフで引き取りに行くセルフスタイル
トレーに乗せられた丼は、麺を覆い隠すほどたっぷりチャーシューがラインナップ
肉厚で煮豚タイプのバラ肉と低温調理されたロース肉の2種類。 どちらも質感よろしく肉々しさを感じられる秀逸な仕上がり
スープは豚主体?動物系に香味野菜、煮干と節系を魚介の旨みを凝縮
麺を引き立たせるため、スッキリとした味わいに仕上げたあっさり系の醤油清湯
オイリー感弱目で、朝方の胃袋に優しく染み入る美味さである
名店『七彩』出身の店主さんが拘りをもって打ち出す麺は、無化調・水・塩・かん水・地粉「ユメシホウ」を含む、国産小麦100%を用いり、プレス式で打ち出した生粋の生麺
ランダムな太さで打ち出された麺は、適度な手揉みで芯を残したモチツル感。 プルプルと舌の上で弾けるような歯触りが楽しい♫
喜多方のピロ系や青竹で打たれた佐野らーめんと似ているようでありながら、オンリーワンな松屋つくば系は、あくまで麺が主役
熟製度合いは浅く、フアフアとソフトで優しい食感が楽しめた

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

うわぁ~!

メッチャ羨ましい!
埼玉の某店でこちらの麺を食べてとっても気に入ったんですよね~♪
自分も行ってみたいです。

バスの運転手 | 2017年6月15日 23:24